ウルトラマラソン

2017年8月 1日 (火)

萩往還マラニック0次関門突破!

Ws000156

ありがとうございます。おかげさまで、無事最後の萩往還250kmにエントリーできました。

↓お助けいただいた皆様、誠にありがとうございました。m(__)m

萩往還エントリー、ピンチです。(T-T)

予想通り待機画面となりましたが、それも4分ほどで、エントリー画面に接続できて、確認テストも無事終了し、クレジットカードを用意しておりましたが、予想外の現金決済に焦りました。

急いで、番号を控えて、コンビニに向かいました。

給料日後だったので、ネット銀行に現金残高があり、まずは現金を引き出し、支払伝票を打ちだし、20時30分に無事入金が終わり、エントリーが確定できました。

23回大会以来の参加となりますが、今回は悔いのない走りで、コースを楽しみつつ、全力で駆け抜けていきたいと思います。

萩往還マラニック完踏記録綴り

2017年7月28日 (金)

萩往還エントリー、ピンチです。(T-T)

萩往還、やっちまいました(泣)
また、 やっちまいました(笑)。

みなさま、どうかお助け下さい。m(__)m

ここのところ仕事が忙しく、最近のブログアップもたまりにたまっている完走記でなく、ただの引用記事でお茶を濁している状態なのは、このブログを見られている方には承知の事実だと存じます。ごめんなさい。m(__)m

一方で、来年で最後となる萩往還マラニック大会にエントリーしようと固い決意は持っていて、確か8月1日がエントリー日だったが、どうやってエントリーするんだろうか?と調べたら、その結果は最下段の高椎サイトを引用した部分のとおり。

要は今回のエントリーはスポーツエントリーのみで可能とのこと。

まあ、それは良いとして、問題となったのは、

「大会要項を事前に請求し、熟読しなければ、答えられない確認テストがあるとのこと。」

えー、知らんかった。

急いで大会事務局に電話すると、「もう、郵送では間に合わないかもしれないので、取りに来てください」とのこと。

うーん、千葉から山口まで大会要項を取りに行くって、あまりに厳しいなあ・・・

「大会要項を熟読していただければよいので、お仲間からコピーしてもらうのでも良いですよ」とのこと

少し光明が見えてきた!と思いながら、私の周りに来年の萩往還に出場しようとしている人は、・・・残念ながら、いないことに気がついた。

さて、どうするするか?

という訳で、苦し紛れに本ブログに掲載した次第なのです。

自分が逆の立場だったら、エントリー枠が1つ減るかもしれないのに、見ず知らずの人を快く助けられるかという疑念は生じたが、それはさておき、世の中には、私のような狭量な人ばかりではない可能性が高いのではないかと思っての、ブログでのお願いでございます。m(__)m

既に萩往還マラニックの大会要項をお持ちで、情報提供しても良いというお気持ちになられましたら、大変お手数ですが、コメント欄にその旨入力いただくか、本ブログのプロフィール画面からメールが送信できますので、そちらで連絡していただければ、大変嬉しい限りでございます。

本当に勝手なお願いでございますが、どなたかご親切なお方がいらっしゃれば、どうか人助けと思って、支援の手を差し伸べていただければ幸いでございます。

よろしくお願いいたします。m(__)m

●公式サイトでのエントリー案内は以下のとおり

WEBによるエントリー

(29回大会まで行っていた郵便振替によるエントリーはありません)

申込先 「スポーツエントリー」 https://www.sportsentry.ne.jp/search/top/running

※お申込時に、大会要項の文面からテキスト入力による確認テストがあります。申込前に大会要項を入手してください。

大会要項がお手元にない場合は、このページの一番下にある方法でご請求ください。

【エントリーの流れ】

(1) 大会要項を入手する。

(2)「スポーツエントリー」にメンバー登録する。詳細は「スポーツエントリー」のサイトにある「ご利用ガイド」内の「イベントエントリー利用ガイドを見る」を参照してください。

(3)募集開始(平成29年8月1日20時)後。「スポーツエントリー」ログイン。→ 大会検索(山口100萩往還マラニック大会)→ 参加申込→ メンバー選択→ 種目選択/必要情報入力→ 支払方法選択→ 内容確認/申込決定  詳細は「スポーツエントリー」のサイトにある「ご利用ガイド」内の「イベントエントリー利用ガイドを見る」を参照してください。

(4)選択した支払方法に沿って、参加料と手数料の合計を支払う。

※注意(3)で入力する必要情報 →大会当日の年齢・所属クラブ・メールアドレス・緊急連絡先・Tシャツサイズ・宿泊場所・宿泊予定日・確認テスト(大会要項より出題/A250㎞のみ、「第何回大会で140㎞完踏、もしくは250㎞参加したか」)  募集開始前でも「スポーツエントリー」で確認できます。

2017年7月12日 (水)

日光ウルトラ完走記3(鬼怒川温泉からゴール)

なんとか鬼怒川にたどり着けそうですが、この頃が一番きつい時間帯でした。

それでもラストはいつもどおりの大爆走で、フィニッシュラインを駆け抜けることができるのか?

●鬼怒川
Dsc06399
Dsc06406
橋の上から撮影しました。
上は上流方向、下は下流方向

●70km地点
Dsc06420
Dsc06426
温泉宿が出てきました。

●鬼怒川温泉郷
Dsc06439
温泉めったに泊まらないけど、鬼怒川温泉には一度、社員旅行で行ったような気がします。(笑)

●折り返し地点
Dsc06456
鬼怒川遡上、終了です。

●鬼怒川温泉ふれあい橋
Dsc06471
Dsc06474
Dsc06480
鬼怒川右岸から左岸に渡ります。
これ、逆ルートだったら絵にならないから、主催者は狙ったんでしょうな。
元気なら大した階段でないですが、75km近くも走った後には、鬼の絵もあって、壁に見えましたね。


Dsc06508
休んでいたときには気が付きませんでしたが、復路とニアミスだったんですね。

●SL蒸気機関車
Dsc06512
Dsc06520
Dsc06525
Dsc06533
なんか煙出ているから、温泉か?と思っていたら、蒸気機関車でした。
しかも近づいたら、停車していた蒸気機関車が動き始めました。
タイミングばっちりでしたね。(笑)

●リタイア収容バス
Dsc06542
暑いのでエイドで水被り、出発するとバス2台発見。
すでにリタイアランナーの収容バスが2台待機してました。
でも、私は、乗りませんよ!

●東武ワールドスクウェア入口
Dsc06559
?なにこれ?

●東京タワーと東京湾
Dsc06563
ほほう

●東武ワールドスクウェア内コース
Dsc06566
左手がミニチュアがあるエリアです。

●ホワイトハウス
Dsc06574
ちっちゃいですが、ゆえにスケール通りなんでしょうね。

●ピラミッド
Dsc06577
Dsc06602
こんな感じでギザのピラミッドの脇を通りました。
こんなのに満足できないから、やっぱり、ぜってい、エジプト行くぞ!

●マンハッタンと東京スカイツリー
Dsc06620
Dsc06627
マンハッタンには、9.11で倒壊したツインビルのワールドトレードセンターがまだ建っていました。
一方、最近できたばかり?の東京スカイツリーが圧倒的な大きさで建っていました。

●案山子
Dsc06637
東武ワールドスクウェアを出たら、すぐの場所にかかしアートがありました。

●鬼怒川川下りとカヌー
Dsc06651
Dsc06654
これまた絶妙のタイミングで、橋上から見ることができました。

●トリックアート
Dsc06663
あまり興味ないけど、一度は見てみたい。(笑)

●3D宇宙博物館
Dsc06669
怪しすぎるけど、これまた一度見てみたい。

●80km
Dsc06672
残り20kmだ。

●エイド
Dsc06694
陽が出てないから、それほどでもないが暑いので、水被り続けてます。

●85km
Dsc06713
残り15km

●エイド
Dsc06720
国道から外れて、田園地帯を進み始めました。

●田んぼ
Dsc06730

●90km
Dsc06741
ゴール見えてきた!

●最後の激坂
Dsc06754_2
苦しい登りでしたが、頂点が見えているだけに、気持ち的には頑張れました。

●応援する家
Dsc06755
激励の声と拍手の方向を見ると、かなり遠くの家の2階から手を振って応援してくれていましたので、こちらも手を振ってこたえました。

●93km付近
Dsc06763
苦しいながらも我慢して走っていましたが、この辺りで平坦な道でも、ついに歩き始めました。

お腹が張ってきたからです。

●100kmは左
Dsc06764
振り返ると、公衆トイレが目に入り、直行

スッキリしたら、走れるようになりました。やったね!

●貯水池
Dsc06776
少し陽が出て、黄昏前の美しい景色が広がってました。

●民草神社 トトロの森
Dsc06779
良い感じなので写真撮りました。トトロもどきだから、著作権オッケーかな?(笑)

●最終エイド
Dsc06780
ゴールを控えて、水被りしないで、出発します。ラストスパートだ!

●ラスト4km
Dsc06785
みなさん、お疲れ様です。
ここからは、私の時間ですね。お先です!

●あじさい
Dsc06790
時期的にも良かったのでしょうが、あじさいがいたるところで綺麗に咲いてました。

●杉並木道
Dsc06797
今市に近づいてきましたね。前方のランナーを追いますよ!

●ラスト3km
Dsc06807
あと少し

●ラスト2km
Dsc06817
ここから、全力ラストスパートに切り替えます。

●ラスト1km
Dsc06823
さらにペースを上げ、歩いているランナーも走っているランナーもすべてごぼう抜きして、ゴール目指します。

●ゴール
Dsc06827
この時間に分不相応なスピードでゴールに突っ込みます。

無事、ゴールテープを切って、ゴールできました。

日光ウルトラ完走結果速報はコチラ 

日光ウルトラマラソンの完走率はコチラ

GPS軌跡データはコチラ

日光ウルトラ完走記1(日光社寺・いろは坂登り編)

日光ウルトラ完走記2(いろは坂下り・鬼怒川遡上編)

日光ウルトラ完走記3(鬼怒川温泉からゴール編)

2017年7月10日 (月)

日光ウルトラ完走記2(いろは坂下り・鬼怒川遡上編)

とりあえず、いろは坂の下り、楽しみでしたが、それが終わった後、走れるだけの脚が存在するのか?神のみぞ知るかな(笑)

●中禅寺湖畔の裏道(08:37)
Dsc05977
Dsc05986
中禅寺湖湖畔から一本裏の道を走ります。

●標高1,286m(08:48)
Dsc05988


Dsc06004


Dsc06013


Dsc06025


Dsc06036


Dsc06071


Dsc06084
Dsc06090
Dsc06092


Dsc06100


Dsc06103


Dsc06107

●47番目の坂
Dsc06138

●いろは坂終了
Dsc06148

●40km地点
Dsc06157

●エイド
Dsc06160

●S藤さん
Dsc06171
スパルタスロンデビュー同期のS藤さんです。
追いつかれて、しばし並走していただきました。
着ているTシャツは、24時間走世界選手権日本代表応援Tシャツでした。
このあと、下りを猛スピードで駆け下って、あっという間に見えなくなりました。

●42.195km
Dsc06174
フルマラソンの距離を通過しました。

●エイド
Dsc06177

●坊っちゃんランナー
Dsc06182

●45km地点
Dsc06187

●教会
Dsc06192

●蔦のローソン
Dsc06197
趣がありますね。
左の奥まったお店は、郵便局でした。しかもローソンとつながってました。

●日光カステラ
Dsc06204


Dsc06207

●坊ちゃんランナーと坂本さん
Dsc06209
いやあ、坊ちゃんランナーにも抜かれてました。
坊ちゃんと話しているのは主催者の坂本さんでした。

●日光社寺の参道
Dsc06220
往きと違って、観光客の応援に元気が出ます!


Dsc06227

●50km地点
Dsc06235

●中間エイド
Dsc06239

●モンスターズインクランナー
Dsc06250
この方とも中盤、随分とデッドヒートさせていただきました。
この暑さで、この着込み方、頭が下がりますが、沿道からの声援は大きかったですね。

●エイド
Dsc06260

●信玄桃
Dsc06262

●セーラームーンランナー
Dsc06287
だいぶ彼より先行していたと思っていたのですが、抜かされちゃいました。

●女子ランナー3人組
Dsc06296
陸上経験者ぽくないけど女子大生くらいの若い女性3人組ランナーをエイドで先行しては、コース上で抜かれるというデッドヒートを10回くらいしました。
最後はどうなったのかな?

●エイド
Dsc06316

●踏切
Dsc06310
エイドを出発しようとすると、遮断機が下りていたので、椅子に座って待ちました。

●万里の長城マラソンランナー
Dsc06323

●竹久夢二美術館
Dsc06344

●65km
Dsc06347

●ランナー
Dsc06351
走ってはいますが、遅いので、前方との差は開く一方です。

●巨大迷路
Dsc06357

●左は日光江戸村?
Dsc06363

●日光江戸村入場
Dsc06367
中に入れるんだ!凄いね!

●日光江戸村記念撮影
Dsc06382
殿様とまげにゃん?と記念撮影しました。
元気いただきました!

日光ウルトラ完走結果速報はコチラ 

日光ウルトラマラソンの完走率はコチラ

GPS軌跡データはコチラ

日光ウルトラ完走記1(日光社寺・いろは坂登り編)

日光ウルトラ完走記2(いろは坂下り・鬼怒川遡上編)

日光ウルトラ完走記3(鬼怒川温泉からゴール編)

2017年7月 9日 (日)

日光ウルトラ完走記1(日光社寺・いろは坂登り・中禅寺湖編)

とにかくコースが見どころ多数で、写真が膨大過ぎて、とても長くなりそうなのですが、できるだけ凝縮して、完走記録をまとめようと思います。

まずは前半のいろは坂経由の中禅寺湖までの登り編です。

●スタート整列(04:24)
Dsc05623
トイレに並んでいましたが、スタートに間に合いそうにないと判断して、師匠とともに6分前に並びました。この時間での並びでしたので、最終的にかなり最後尾に近い後ろの方でした。

先ほどまで結構振っていた雨も止んで、おかげで涼しい夏の朝を走ることができそうです。
今市の天候は以下のとおりだったようです。

日時 場所 平均気温 最髙気温 最低気温 降水量 平均風速
7/2(日) 今市 22.1℃ 25.1℃ 18.3℃ 0.0mm 0.9m/s

●スタートライン通過(04:32)
Dsc05626
4時30分に号砲がなり、スタートして、2分30秒ちょっとで私たちはスタートライン通過しました。通過順位は不明なれど、1000番くらいかな?

ゲートをくぐって、すぐに右折し、今市市街に向かって走ります。

分かっていたことですが、最初から登りです。

すっかりストレッチも屈伸も忘れていて、しないまま、それでもキロ5分程度で、師匠よりもコース取りの上手さで、かなりの数のランナーを抜き去りながら、進みました。

●今市市街(04:43)
Dsc05638
交通規制中の広い道を占有して、進みました。

●杉並木の街道(04:48)
Dsc05646
一般道路からかつての日光街道の杉並木を進みます。
それだけでちょっと興奮してきましたね。
登りですが、まだ傾斜が緩いので、ここでもガシガシ抜かしました。

●大谷川左岸(05:08)
Dsc05663
やっと大谷川第1駐車場付近を通過します。
ちなみに「おおやがわ」でなく「だいやがわ」と読むようです。
ダイヤですよ、ダイヤ!

●10km地点(日光市街)05:29
Dsc05680
結構飛ばしたつもりですが、登り坂なので10kmで56分ちょっとがせいぜいでした。

●神橋(05:37)
Dsc05686

●参道
Dsc05693
石段出現。当然歩きでございます。

●日光山輪王寺(05:41)
Dsc05704

●参道(05:41)
Dsc05711
観光客で溢れる参道なのでしょうが、まだこの時間では、誰一人おりませんでした。

●東照宮(05:42)
Dsc05716
この奥にあの有名な国宝の陽明門があるんですかね?
一度行った記憶がありますが、40年位前の気がします。(笑)

●杉並木の桟道
Dsc05720
この手前で公衆トイレを見つけて、待ち望んだ放尿ができました。
かなり身軽になれました。(笑)

●二荒山神社(05:46)
Dsc05731
本宮はこちらなんですかね?

●家光公霊廟(05:46)
Dsc05735
ここでUターンしました。

日光の社寺群を抜けて、国道120号線を中禅寺湖に向かって登ります。

●国道120号線(05:49)
Dsc05746
町並みもバス停も洒落てますね。さすが世界的な観光地

●いろは坂手前(06:24)
Dsc05768
傾斜はかなりになって、登りが弱い私は、ガンガン抜かれ始めました。
スパトレイルでの疲労から抜けきれない脚がそろそろ力つきそうな感じです。

●第1関門(19.9km)06:38
Dsc05778
残念ながら2時間を切れずに到着。
梅干し食べて、羊羹などでしっかりカロリー補給して出発しました。

●日光いろは坂(06:40)
Dsc05781
ついにいろは坂です。頑張って登りまーす!

●標高900m地点(06:48)
Dsc05789
抜かされながらもこの辺りは走っておりました。
それにしても、なぜ他のランナーは、坂を走れるのだろうか?

●はの坂(06:55)
Dsc05805
きつい坂です。もう脚が止まりそうです。

●ほの坂(06:58)
Dsc05812
この辺りで脚はいっぱいになり、息も上がりそうになりましたので、いろは坂完走を諦めて、歩きだしました。

●よの坂(07:26)
Dsc05821
15番目の坂です。

「いろはにほへとちりぬるをわかよ・・・」と意味は知らないながら、いろは全部知ってます。

小学生だったころ、海洋少年団に入っていて、もはや絶対に使うことのない旧日本海軍で使っていた「手旗信号」を習ったのですが、それは「あいうえお」順ではなくて「いろは」順だったので、覚えてしまったということが、懐かしく思い出されました。(笑)

●神主さん疾走(07:27)
Dsc05827
こちらは機能的なランナー服装でただ歩いているだけですが、神主さんは明らかに走りにくそうな格好で、この激坂を疾走してました。

ちょーカッコいいです。この後、何度かお姿見かけました。最終結果を調べてみましょう。

んー、ちょっと残念。70km過ぎでリタイアされてました。この格好では平地は暑いですよね。

●25km地点(07:28)
Dsc05836
いろは坂、7キロくらいのはずだが、まだ5キロ弱。先が長い・・・

●黒髪平エイド(07:29)
Dsc05842
エイドがこれほど待ち遠しいとは・・・。

●晴れ間見えた
Dsc05861
いや、ここで注目すべきは、セーラームーンおじさんです。一番右のランナーさん、セーラームーンでした。背は180くらいあるガタイの良いおじさんでした。この後、終盤までデッドヒートになりましたが(笑)

その後、見覚えのある後姿のランナーに抜かれて、そこは頑張って走って追い付いて、ゼッケンを凝視すると、2013年のスパルタスロンでデッドヒートしたT部さんでした。

しばし並走して、その後、見送りました。

●明智平エイド(07:51)
Dsc05875
いろは坂もここで終了です。疲れたあ・・・
座ってエネルギーをがっつりいただきました。

●トンネル(07:56)
Dsc05881
長いトンネルでした。傾斜はだいぶ緩くなって、走れるようになりましたが、スローペースの私は、ガンガン抜かれましたね。

この中ではGPS計測ができず、トンネルを出てから、一気に2キロ分の計測となりました。

●男体山(08:04)
Dsc05885
日本百名山の一つで二荒山神社のご神体です。

●中禅寺湖(08:09)
Dsc05887
ついに登り切りました!

●星野リゾート 界日光
Dsc05893
きっと高いんだろうな。

●30km地点(08:12)
Dsc05906_2
3時間半が目標でしたが、3時間42分。しかし脚の感じは、もはやキロ6分には戻りそうにないです。まあ、しょうがないですね。

●中禅寺(08:16)
Dsc05917
赤いけど寺なんですね。

●男体山と中禅寺湖
Dsc05937
向こう側にある二荒山神社に向かいます。

●二荒山神社の大鳥居(08:24)
Dsc05957

●二荒山神社
Dsc05964

●中禅寺湖
Dsc05969

●日光二荒山神社エイド(08:33)32.4km
Dsc05971
さてと、そろそろいろは坂の下りに向かいますかと、振り返って写真撮ったところです。

やっと、ほぼ3分の1が終わったところで、大きな登りはもう終わって、後は楽勝と思う予定でしたが、脚はすっかり売り切れて、平地の暑さを考えると、制限時間に追われる走りとなりそうな厳しい中後半戦が想定されました。

日光ウルトラ完走結果速報はコチラ 

日光ウルトラマラソンの完走率はコチラ

GPS軌跡データはコチラ

日光ウルトラ完走記1(日光社寺・いろは坂登り編)

日光ウルトラ完走記2(いろは坂下り・鬼怒川遡上編)

日光ウルトラ完走記3(鬼怒川温泉からゴール編)

2017年7月 7日 (金)

日光ウルトラ ラップタイム比較

完走記はまだか?の声もあるようですが、まとまったブログアップに時間がさけず、進んでいないのですが、日光ウルトラマラソンネタは書いておきたいので、ここではラップタイム記録の比較と考察してみます。

比較といっても、私と師匠だけで、記録的には、ごく平凡なウルトラランナーのタイムですが、まあ、その方が、多くの市民ランナー、しかも制限時間に余裕がない多数のランナー向きかと思いますので、恥ずかしがらずの公開です。(笑)

●かずさんのラップタイム
Nikko01

10km毎のラップタイムですが、20km以降は、今一つな見所なしのローペースです。
自分に甘く評価すれば、まあ、練習不足でしたからということかな?(笑)

●師匠のラップタイム
Nikko02

サブ3ランナーであり、スタミナもあって、登りも弱くない、わが師匠は当然、私より断然良いラップタイムを刻んでいる。

その結果、60kmまでは、サブ11ペースで、70km地点では、私より45分早い展開であったが、最終的にはゴールしてみれば、私との差は15分差にまで縮まっている。

ある意味、典型的な私と師匠のレース展開を表していて、つい載せたくなっちゃった次第です。

どういうことかといえば、100km以内のレースでの私と師匠の力関係は、30レース程度、一緒に出場したと思われるが、実際に私が先着したのは、昨年のおんたけウルトラ100kmが唯一なのである。

100km以内のレースでの師匠と私の強さの違いは、絶対的なのである。

一方で、100km超となると、僭越ながら、私と師匠の力の差はほとんどなくなって、互角のレース展開になることが多い。

100マイルレース(160km)となると、師匠と一緒に出場したのは4レースなのだが、師匠は1完走、私は2完走と完走率自体が低くて情けないのではあるが、わずかながら、私の方が優位となっている。

つまり、師匠は100km付近から急激に力を失うパターンがあるということで、一方の私は、粘って走り抜くというのが信条であり、この日光ウルトラマラソン100kmでも、70km以降の10km毎のラップタイムは、私の方が良くなっているのが、ラップタイム表を見比べると、見て取れる。

さて、次は師匠と4度目の参加となるおんたけウルトラ100kmである。

昨年、とうとう100km以内レースで、師匠に初勝利した思い出の大会であるので、今年も勝負となるよう、しっかり養生して、大会に臨みたい。

そして、おんたけウルトラでは、勝手に弟子としている後輩W君も参戦してくるので、2人まとめて、勝利したいところである。

こういう小さな勝負にこだわって、楽しいの?と言われそうだが、それが私の最近のモチベーションのようなので、どうかご容赦をm(__)m

追記
日光ウルトラ完走結果速報はコチラ

日光ウルトラマラソンの完走率はコチラ

GPS軌跡データはコチラ

日光ウルトラ完走記1(日光社寺・いろは坂登り編)

日光ウルトラ完走記2(いろは坂下り・鬼怒川遡上編)

日光ウルトラ完走記3(鬼怒川温泉からゴール編)

2017年7月 5日 (水)

日光ウルトラマラソンGPS記録(累積標高差ほか)

日光ウルトラマラソン100km完走時のGPS腕時計の記録です。

●GPS計測データ
Ws000136
まず、私のGPS腕時計(エプソンMZ-500)に、こんなに計測データがあるのを今まで知りませんでした。(笑)

相変わらずゴール後のGPS計測終了を忘れて、結局ゴール後、約13分間、ゴール地点からシャトルバスまで余計に計測したのがこのデータです。(笑)

ピッチはまずまずだと思うのですが、ストライドはわずか68cmって、短足すぎますね。(笑)
いや、本当に歩いているに等しいレベルというべきか・・・・。
これは、見た感じ、ものすごくみっともない走りをしているんだろうなと少し反省ですが、じゃあ、実際その場でちゃんと走れるのか?と問われれば、無理なんですがね。(笑)

●GPSコース軌跡
Ws000141
航空写真バージョンです。
Sをスタートし、まずは左方向に進み、第2いろは坂を登って、中禅寺湖に出て、第1いろは坂を下って、スタート地点の今市市街北方を通過して、鬼怒川に向かって北上し、鬼怒川温泉郷でUターンして、今市の田園地帯を通って、スタート地点と同じゴールの今市総合運動場に戻るという100kmでした。

●コース高低図
Ws000139
スタートから27kmくらいまで、ほぼ登り、約900m強の登りの後、一気にまた900m下る。
その後は緩やかなアップダウンがあって、最後はまた緩やかな登りで終わりました。

いろは坂は、走れないほどではないが、疲労が抜けていなかったこともあり、歩きになって、下りでは地獄を見ましたね。(笑)

それでも累積標高差は約1500mとトレランをやっている身からすると、びっくりするほど小さかったですね。

ようは、中禅寺湖への登りと下りだけって感じですが、これが相当脚には効きましたがね。

●1km毎ラップ
Ws000140
20kmまでは走ることができたと、完走結果報告で書いたところであるが、その通りのことが記録されている。

ところどころ前後と比べて、ぴょこっと下がっているところは、トイレかエイドで止まったためである。

20km過ぎてから、1kmのラップは一気に10分/kmを超えている。

30km手前でレース中最悪のキロ17分ペースとなって、その後、ありえないキロ1分ペースとなっているが、これは、長いトンネル通過の際に、GPSが衛星との通信ができず、トンネルを抜けた後に、GPSが連続処理しての異常データとなった次第であります。まあ、仕方ないですね。

レース中は、鬼怒川温泉郷に入ったあたりの70km前後が一番きつい記憶があったが、ラップも最悪の状態を表していますね。

最後はいつものようにかずさんらしく、ラストスパートして、大人げなく、ごぼう抜きをしたのであるが、最後の1キロは、キロ5分近く出ている。(一番最後の1キロはラップが悪いが、これは先に書いた通り、ゴール後計測終了しなかった部分であるため。)

という訳で、簡単な総括をしつつ、まずはGPSの軌跡をご報告いたしました。m(__)m

日光ウルトラマラソンの完走率はコチラ

GPS軌跡データはコチラ

日光ウルトラ完走記1(日光社寺・いろは坂登り編)

日光ウルトラ完走記2(いろは坂下り・鬼怒川遡上編)

日光ウルトラ完走記3(鬼怒川温泉からゴール編)

【重要】第23回四万十川ウルトラマラソン抽選結果のお知らせ

当たっちゃいましたね、どうしよう・・・

※本メールは、「第23回四万十川ウルトラマラソン」にRUNNETよりエントリー
 された方に、大会主催者を代行して株式会社アールビーズがお送りしています。
※お仲間エントリーの方は、代表者の方にのみ送信しています。
 代表者はこの結果を各メンバーにご連絡いただきますようお願いいたします。
※このアドレスは送信専用です。ご返信いただいても回答はいたしかねます。
 お問い合わせの際は、文末記載の「四万十川ウルトラマラソン大阪事務局」
 までご連絡をお願いいたします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■ 第23回四万十川ウルトラマラソン抽選結果のお知らせ
┃  【開催日:2017年10月15日(日)】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






かずさん 様

この度は第23回四万十川ウルトラマラソンにお申し込みいただき、
誠にありがとうございました。
今大会は定員を超える申し込みがありましたので、抽選とさせていただきました。
抽選結果につきましては、下記URLより大会オフィシャルサイト『マイページ』に
ログインの上、ご確認ください。

ご当選の場合、参加料の入金期限は7月21日(金)とさせていただきます。
期限内にお支払い手続きが完了されなかった場合は、
当選は無効となりますので、予めご了承ください。






▼▼『マイページ』へのログイン(抽選結果の確認)はこちら▼▼
⇒ https://runnet.jp/parts/2017/15203/entry_list.html

※RUNNETのIDとパスワードを入力してログインしてください。
※マイページの「エントリー履歴」-「抽選申込済み大会一覧」は
ページの中ほどにございますので、画面を下までスクロールしてください。

■RUNNETのIDとパスワードをお忘れの方はこちら
⇒ https://runnet.jp/reminderAction.d

■抽選結果の確認方法がわからない方はこちら
⇒ http://runnet.jp/help/my/answer_n243.html






■入金手続き方法はこちら
⇒ http://runnet.jp/help/my/answer_n236.html

※当選された場合はステータス欄の「当選(未入金)」ボタンを
クリックした後、決済状況欄の「決済する」ボタンをクリックしてください。
エントリー情報をご確認のうえ、入金手続きをお願いいたします。






---------------------------------------------------------------------
■注意事項 ※※支払方法確定手続きの前に必ずお読みください※※
---------------------------------------------------------------------

【登録内容について】
1.事前に登録された氏名・生年月日・性別・申込種目の変更はできません。

2.住所・電話番号・連絡先の変更が必要となる場合は、下記より
大会オフィシャルサイトの『マイページ』にログインして変更してください。
▼▼『マイページ』のログイン(会員情報変更)はこちら▼▼
⇒ https://runnet.jp/parts/2017/152073/memberModify.html

3.入金期限の7月21日(金)をもって、お支払手続き及び登録内容の変更は
できなくなります。






■大会オフィシャルサイトはこちら
⇒ http://www.shimanto-ultra.jp/


★二次抽選について★
入金者数が定員に達しない場合は、落選者から二次抽選を行う場合が
あります。二次抽選を行う場合は大会オフィシャルサイトにてお知らせし、
8月上旬に「二次抽選の当選者のみ」に連絡します。


★らくらくパックツアーのご案内★
当選者には郵送で送ります。
※大会オフィシャルサイトからもダウンロードすることができます。






★陸連登録審査票の提出について★
100km登録の部の当選者には郵送で送ります。
必要事項を記入のうえ、8月4日(金)までに事務局へご送付ください。
※大会オフィシャルサイトからもダウンロードすることができます。
登録の部にエントリーされていて期限までに提出のない方は、
一般の部に変更させていただきます。


★フィニッシュサポーター(ペースランナー)募集!★
12時間、14時間の完走の目安としてスタートからフィニッシュまで
コースを走っていただけるフィニッシュサポーターを募集します。
詳しい募集要項は大会オフィシャルサイトをご覧ください。

---------------------------------------------------------------------
◎このメールに関するお問い合わせ先◎
四万十川ウルトラマラソン大阪事務局
TEL: 06-6305-6302 (平日10:00~17:00 第3金曜日を除く)
---------------------------------------------------------------------




2017年7月 4日 (火)

日光ウルトラマラソンの完走率

すでに大会主催者から完走率が発表になっておりますが、自分の備忘録として、掲載します。→完走報告はコチラ

第1回日光ウルトラマラソン

【100kmの部】

男性

・登録者数 1,611人

・出走者数 1,437人

・完走者数 1,107人

・完走率 70.8%

女性

・登録者数 220人

・出走者数 202人

・完走者数 143人

・完走率 70.8%

合計

・登録者数 1,811人

・出走者数 1,639人

・完走者数 1,160人

・完走率 70.8%

【62.195kmの部】

男性

・登録者数 496人

・出走者数 448人

・完走者数 379人

・完走率 84.6%

女性

・登録者数 198人

・出走者数 180人

・完走者数 143人

・完走率 79.4%

合計

・登録者数 694人

・出走者数 628人

・完走者数 522人

・完走率 83.1%

【ひと言】
 100kmのウルトラマラソンの完走率が男女とも70.8%というのは、ただの偶然か、それとも男女は同じレベルだったということなのか?

 そして、この70.8%という完走率は100kmのウルトラマラソンとしては、高いのか低いのかよくわかりませんが、どうなんでしょうか?
(トレラン大会で完走率が70%だと平均より少し楽なレースといったところですが)

 とりあえず、70.8%の方に入れたということで、良しとしますか(笑)

2017年7月 2日 (日)

第1回日光ウルトラマラソン完走しました!

日光ウルトラの結果速報ですが、最低の展開ながら、最高の大会でした!

Dsc06836

先週リベンジ完走したスパトレイルの完走記を業務多忙で書く間もなく、練習どころか、筋肉痛が回復しないで日光ウルトラマラソン大会を迎えて、本日の出走となりましたが、天候も思ったほど暑くならず、何とか完走しました。

それにしても、4時半スタートに向けて、千葉の自宅を1時に出発し、駐車場が遠かったこともあり、スタート会場に着いたのは、4時前でした。(笑)

準備に抜かりのない師匠は、1時間以上前にすべてが終わっており、なんとか直前に会うことができました。

その後、トイレに並ぶも、スタートにとても間に合いそうになく、トイレに行かず、スタートラインに師匠と並んで、4時半、号砲スタートとなりました。

最初からずっと登りで、それでもまあ、なんとか20kmまでは、そこそこ走れましたが、脚はそこで売り切れてしまいました。

20kmから、いろは坂に入って、傾斜は急になり、それでも、い、ろ、は、に、ほ・・・、ほの坂までは、何とか走れましたが、その先は、歩くしかできなくなって、ガンガン抜かされる展開に。

●ほの坂
Dsc05812

中禅寺湖まで登って、いろは坂を下る際は、終わった脚ながらなんとか駆け下り、その後も、とりあえず、歩かない走りに徹して、進みました。

これだけ、脚が止まり、苦しい展開ながら、リタイアは微塵も考えず、完走はできるだろうと楽観的にレースできるあたりは、今考えると、いったい何なんだろうか?いかにも私らしいふてぶてしさですな。(笑)

目標タイム11時間半でしたが、12時間43分と1時間以上の遅れでしたが、いろは坂の登り下りはかなり脚にきましたので、スタート時点の体調不良を考えると、上出来な完走でしょう。(出た、得意の自画自賛(笑))

スパトレイルの疲れは癒えたといっていた師匠は、得意の登りで相当飛ばしたと思われますが、最終的に疲れは取れていなかったようで、後半大失速し、私と10分ちょっとしか差が付かないタイムだったようです。やはり、アラフィフにもなると、2週連続のレースはもう止めた方がいいと、思いましたね。

話がだいぶそれましたが、初の日光ウルトラマラソンですが、コースは最高のウルトラマラソンでしたね。

東照宮をはじめとする日光の社寺を巡り、いろは坂を登って、中禅寺湖に出て、圧倒的な男体山を望みつつ、今度は平均傾斜12%のいろは坂を激下り、早朝通過した際には観光客がいなかったが、復路は9時過ぎたこともあって、観光客の盛大な声援を通過した。

●東照宮
Dsc05715

●中禅寺湖と男体山
Dsc05949

●いろは坂(下り)
Dsc06092

その後、鬼怒川に向かって進むと、なんと、日光江戸村内にエイドが向けられていて、無料で園内に入った。しかも殿様とゆるキャラと写真まで撮りましたよ。

●日光江戸村での記念撮影
Dsc06387

その後、鬼怒川まで進み、復路では東武ワールドスクエア内にもエイドが設けられていて、初めて、世界的景観のミニチュアを堪能しちゃいました。(笑)

●鬼怒川ふれあい橋
Dsc06480

●東武ワールドスクウェア
Dsc06601

脚が早々に売り切れて、8割方、レースでは、苦しくて苦しくて、でもこのコース設定はとても楽しいコースでしたね。

といっても過去10年間で100キロのウルトラマラソンに参加したのは、今年初参加のチャレンジ富士五湖と日光ウルトラを除けば、鶴沼ウルトラ100km(5回参加)と野辺山(1回参加)のみなので、最高のウルトラマラソンなんて、偉そうなことは言えませんが(笑)

取り急ぎ、本日の報告はこのあたりで、まずは寝させていただきます。

追記
日光ウルトラマラソンの完走率はコチラ

GPS軌跡データはコチラ

日光ウルトラ完走記1(日光社寺・いろは坂登り編)

日光ウルトラ完走記2(いろは坂下り・鬼怒川遡上編)

日光ウルトラ完走記3(鬼怒川温泉からゴール編)

より以前の記事一覧

★誘惑サイト★


リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆