旅行・地域

2017年4月 6日 (木)

夜桜花見(上野公園)

3月末の冷え込みで、桜が満開となる時期がずいぶんとズレてしまいましたが、ここ数日の暖かい陽気に桜も満開となったようですね。

4月の年度始めもからも数日経過し、少し落ち着いた感もあって、東京は上野に夜桜見物に出かけた友人から写真をいただきましたので、気持ちだけでも花見の気分でブログに上げるものです。

●満開の桜
1491481499647
綺麗ですね。人も多いですね。

●提灯イルミネーション
1491481494475_2
夜桜見物の雰囲気を盛り上げていますね。


1491519040037


1491519271431


1491519274479


1491519277060


1491519280638


1491519283314


1491519286373



明日は三男坊の高等部の入学式ということで、雨模様なのが気にはなりますが、彼を祝福してくれているかのような桜満開の入学式、楽しみです。

2017年3月 2日 (木)

【電子書籍】 恥をかいてもやめられない59才ひとり旅

恥をかいてもやめられない59才ひとり旅
9年前にトルコ旅行のツアーでご一緒して、とても優しく接していただき、そして飲まない私が、毎晩一緒に宴会していた「にしき」さんから、8年半ぶりにメールが来ていた。
宣伝がてらご紹介します。

お友達様 各位

電子書籍出版のご案内
久しくご無沙汰しています。
以前に世界遺産を訪ねた旅行で、現地で写真を取りながらメモを残し、帰国後自宅にて、毎朝メモや写真で旅を思い出しました。そして現地で購入した、小額な日本語ガイドブックを資料にして、旅日記を書き綴りました。
それらは別々に、10冊程度の旅日記として、残していました。
ですがこの4年間は、雑用が重なり多忙で、世界遺産への旅は出来ない状態でした。
いま、小生はこの5月に74歳になるところですが、再び世界遺産への旅は忘れずに、また旅によって、新しい友達が出来ることも楽しみです。
そんな折、地元佐野商工会議所の電子出版のセミナーがありました。興味本位に参加したところ、自己満足の世界の延長に過ぎないのですが、せっかくの旅日記や写真を整理して、公に出してみようと決断し、年甲斐もなく電子出版塾で、勉強することになりました。
不慣れな、パソコン通信操作でしたが月1回、4ヶ月間の4回のセミナーでした。
そしてやっと、2月28日に完成し無事に、Amazon Kindle (電子出版) にデーターアップすることができました。発行は3月3日で、今日から予約も出来ます。

書籍名は
「恥をかいてもやめられない59才ひとり旅」世界遺産アメリカ編 です。
著者名 にしき 発行単価 299円

ご興味がおありでしたら、ぜひご笑読してみてください。
ご存知かと思いますが、これは紙の本ではありません。持ち運びの出来るタブレット、スマートホン、パソコンでの映像読書です。

1、Amazon でのネット販売のカード決済環境が必要です。
2、インターネット画面で、Amazon Kindle (電子出版) を検索します。
3、書籍名欄に 恥をかいてもやめられない59才ひとり旅 を打込みます。
4、1−Click で今すぐ購入をタップしますと購入できます。

出来れば予約または、発売日3月3日の購入部数が多ければ、掲載が上位になりますので、宜しくお願い致します。

URL: Amazonネット販売サイト

【ひと言】
 もしご興味があるようでしたら、ぜひともご購入下さい。とても心優しくて、しかも愉快なおじさんでしたから、面白い本になっていると思いますのでよろしくお願いいたします。
 それからトルコ旅行のときの出してくれないかな、毎晩飲んでた写真で写ってそうだし(笑)

2017年1月 7日 (土)

東北・北海道 車中泊の旅

かつての上司で今は引退され、自由気ままに旅をされている大先輩から旅のレポートが届きました。
とても素敵な写真が散りばめられていたので、ご紹介します。

①宮城(石巻、南三陸、女川など)、山形、秋田へ 途中の無人駅で朝一番の列車をパチリ ↓
01_1        

②象潟漁港から見る鳥海山‥日本海の風は冷たい。この後白神山地滞在を目論むも雪多く林道閉鎖で断念↓
02

③4月29日、悪天候の中フェリーで大間から函館へ、早朝の松前、気温5度‥久々の太陽光に歓喜 ↓
03

とりあえず桜前線を追い、2016/4/20の早朝に軽自動車で自宅を出発、途中「道の駅」での車中泊をしながら、車が飛ばされそうな烈風渦巻く下北半島大間港からフェリーで氷雨降る函館に渡った。
出発早々に気づいたのは、キャンプ用の寝袋では冷え込み(明け方5℃)に耐えられないこと(10℃以上ならOKだった‥いずれ冬山登山用の寝袋購入を決意)で、結局5月いっぱいまでは明け方3時には足先の冷たさに耐えられずエンジン始動⇒移動⇒夜8時に就寝という生活。

④静寂の大沼を見守る駒ヶ岳‥名峰!撮り鉄さん達には有名な撮影ポイントにて
04

⑤酪農も蕎麦も有名「新得町」‥山と河に寄り添う味わい深い里
05

⑥残雪の狩勝峠越え‥急勾配の大S字カーブにディーゼルが吠える。この辺りの林道を3日ほどをウロウロ。
06

スーパーのレジのお姉さんや食堂のおばちゃんと言葉を交わす‥銭湯で地元の人と会釈を交わす‥こともたまにあるが一日無言の日の方が多い。カメラリュックと三脚を担ぎ熊除けの鐘を鳴らしながら歩く。

⑦崖上で鐘を鳴らしながら滅多に来ない列車を待つ‥気に入った場所は何度も通い陽射しや時刻表と睨めっこ。
07

⑧サロベツ原野近くの漁村で‥人影はなくキタキツネが「俺の村だ!よそ者は出ていけ」と威嚇!
08

⑨獲物を探し旋回するアオサギ‥俺なんか眼中にない‥みんな生きることに必死その姿は恰好良い
09

明日の行先は天気次第!気に入った場所(を見つけるのが旅の目的かも。)は飽きるまでいる。林野庁の事務所で林道ゲートの鍵を借りカラマツ林で寝転んだり、数日前の場所に立ち戻ったりする。愛車を停めて崖を登り草原を歩く。近くに町が無くてもしばらく走れば道内では無敵のコンビニSeicoMartがだいたいある。儲け度外視?地域の安全のためか‥ポツンと照明を灯している風情。

⑩落日に利尻富士が浮かぶ‥強風のサロベツ原野にて
10

⑪サロマ湖水に映える漁船‥照明灯にはトビ
11

⑫耕す‥5月なのにタンポポ
12

⑬原生花園で見つけたクロユリ‥意外と小さい‥が凛として美しい
13

【追記】
 メールで届いたもので、その中の、旅の写真とコメントに対して、以下のように返信しました。

 素敵な写真、ありがとうございます。

 私の憧れる旅ですね。

 気に入った場所に戻れるような自由な旅は、なかなかできません。
 私も宝くじ当たったら、辞めて実現したいですね。(笑)
(返信メールからの抜粋)

 いい風景を見るため、その絶景を写真で撮れるまで、場所を探し、見つけたポイントから離れないというような、ぜいたくな旅、してみたいですね。

2016年10月27日 (木)

愛媛・松山市のおすすめ居酒屋!鮮魚も地酒も充実な15選!

上司が松山出張ということで、松山出身の私に尋ねてきた。

残念ながら高校生までしか住んでおらず、美味しいお店、特にお酒の飲めるお店はまったく知己がない。

というわけで松山のお薦めのグルメ・食事処をネットでそれとなく調べてみたら、あらびっくり!

私のブログにリンクが張られていた。

それが以下のブログである。

Ws000013

愛媛・松山市のおすすめ居酒屋!鮮魚も地酒も充実な15選!

この中の11番目の「おときち家」というお店のところがそれである。

Ws000011

出展が表示されていて、ここにリンクが貼られてあるのだが、それがまさに、このブログ「スパルタスロンへの遥かなる道」に繋がっている。

しかしながら、このリンク先に、お店の情報や様子を知ろうとクリックした人はビックリすること間違いない。

というのは、リンク先は以下の記事なのである。

瀬戸内行脚完走報告その3(終盤:失速苦闘編)

お店の情報かと期待していたら、想定外の222kmのウルトラマラソンの終盤の苦しみを綴っているブログ記事にはさぞやびっくりすることでしょう。(笑)

この瀬戸内行脚というウルトラマラソンのゴール地点であり、なんとかゴールにたどり着いたと嬉しくなって写した一枚が上の写真である。

そして瀬戸内行脚の打ち上げ会場がこの「おときち家」で、その宴会の様子をブログ記事の最後に1枚だけ掲載している。

この居酒屋の様子やメニューを知りたい方にはなんとも不満足な記事なのであるが、それは当方の責任ではないのでご容赦ください。

それにしても瀬戸内行脚の主催者のK内さん、さすがこれだけの美味しいお店を貸し切りにするとは、さすがでございます。

その節か、ありがとうございました。m(__)m

2016年1月 3日 (日)

ふるさと納税してみました。

昨年の話なのですが、年末にふるさと納税してみました。

地域振興にかこつけての返礼品狙いです。(笑)

と言いながら、今までしたことがなかったのは、ポリシーに反するからなのでしたが、昨年は3月にやむを得ずハセツネ本戦に向けてハセツネ30kというレースに出場するため、ふるさと納税枠でエントリーをしたので、確定申告が逃れられなくなって、ついでに返礼品目当てのふるさと納税に乗り出したというわけです。

運よく、同僚からふるさと納税ガイドブックを借り、ふるさと納税のやり方を理解したうえで、まずは自分のふるさと納税枠を確認しました。

その後、ふるさと納税サイトの「ふるさとチョイス」に自分の情報を登録し、返礼品をジャンル別、ふるさと納税額枠別に検索し、気に行った返礼品をひたすらお気に入りに登録して、その中から、枠内に収まり、いろいろな品物になるよう、バランスよく、クレジット決済で納税いたしました。

その結果、大みそかにふるさと納税でゲットしたと思われる返礼品は以下のとおりです。

●ズワイガニ(北海道紋別市)
01

●米15kg(茨城県境町)
02

●鶏燻製セット(山形県新庄市)
03

●牛ステーキ(山形県上山市)
04

●りんご(青森県青森市)
05

●みかん(静岡県湖西市)
06

●酒の肴セット(石川県輪島市)
07

●生チョコレート(福岡県福智町)
08

●干物セット(長崎県佐世保市)
09

【ひと言】
初めてふるさと納税を大みそかに行って分かったことがありますので、お知らせします。
・農産物など旬のものを返礼品として受け取りたい場合は納税時期が限定されていることが多いです。
・人気のある返礼品は、大みそかでは「品切れ在庫なし」になっている場合が多いです。

【エピソード】
佐世保市に申請したときに、システムが途中で落ちたため、クレジット決済は1回ながら、ふるさと納税申請を3回したことになりました。

そうしたところ、大みそかの翌日、つまりは元日に佐世保市役所から、未決済についての問い合わせメールがありました。市の職員は元日も働いていたようです。驚きました。
上のような事情を説明したメールを元日の夜に送ると、翌2日に申請取り消し処理したとのメールが届きました。正月から誠にご苦労様だと思いましたね。

何はともかく、返礼品の到着が楽しみです。
(あと確定申告を絶対に忘れないようにしないと)

【総評】
これだけ返礼品目当てにふるさと納税をしていて言うのもなんですが、ふるさと納税の返礼品は、納税額に比べて高価なものが多い気がしましたね。(返礼品の金額は納税額の3割くらいはありそうです。)

一方、逆の視点で見れが、過疎地域における地域振興としては、恐るべき効果を上げていると思いましたね。なにせ、地域によっては、その産品が品切れになるほどなのですからね。

なので、もしふるさと納税制度を廃止したら、この制度なしでは当該地域社会は成り立たなくなるのではないかと思いました。

この制度は効果が高い分だけ、まさに麻薬的な地域活性化策と化しているのではと思いました。

2015年11月 9日 (月)

佐賀バルーンフェスタは凄かった!

西九州を旅行していたら、佐賀県はバルーンフェスタで大変な盛り上がりでした。

何に情報も持っていませんでしたが、急遽この大イベントを見物することにしました。

Dsc08611
名称:2015佐賀インターナショナルバルーンフェスタ/FAI熱気球世界選手権プレ大会
期間:2015年10月30日(金)から11月3日(火)
会場:佐賀市嘉瀬川河川敷

私が見物したのは最終日の早朝のバルーン競技でした。

順を追って写真をご覧ください。

Dsc08570
河川敷の臨時駐車場にて車中泊したのち、バルーンランチに向けて歩いて向かいます。すでに駐車場に入るために橋の上の道路も大渋滞となっています。
橋の下に多数のバルーンが膨らんでいるのが分かりますでしょうか?あと2kmくらいでしょうか?

Dsc08572
6時45分になって競技開始となり、次々と熱気球が旅立っていきます。
いつもなら走って現地に向かうところですが、瀬戸内行脚222kmでダメージのある状況では我慢して歩いて向かっています。あと1kmくらいでしょうか?

Dsc08576
バルーンランチすぐ近くに到着しました。

Dsc08577
Dsc08581
一番北側に位置していた熱気球。すぐ近くまで見に行けます。

Dsc08578
まだ10くらい離陸していませんね。

Dsc08585
Dsc08587
Dsc08589
Dsc08592
Dsc08593
Dsc08595
Dsc08598

●月と熱気球
Dsc08607
まだぎりぎり日の出前で月もくっきり


Dsc08611_2
Dsc08618

●ミラー
Dsc08629_2
嘉瀬川の水面に熱気球が綺麗に映り込んでいます。


Dsc08624
みんな旅立っちゃいました。

●超低空飛行中
Dsc08633

●頭上飛行中
Dsc08639
ほぼ真上を通過中

●たくさんの熱気球
Dsc08644
何基上がっているのだろうか?

<ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン(夜間係留)>
2日の夜にこれを見に行ったのですが、駐車場から現地に向かう間に終了となってしまい見ることができませんでした。
会場モニターの写真は撮りましたので、それでご了承ください。

Dsc08547
Dsc08549
Dsc08553
Dsc08556
Dsc08558
Dsc08559

2015年10月22日 (木)

新日本の絶景(角島大橋)

Dsc07863_2
山好きなので日本も海外も山に関してはうるさい私であるが、海となると極めてぜい弱だ。

なので、海に関する評は自信がないが、この景色は絶景だと思う。

しかもこれだけのエメラルドグリーンな海が千葉県と同じ本州は山口県にあるのだから驚きだ。

そして、現物を見たときに、観光パンフレット以上の景色に出会えたのであるから、恐れ入りました。(ニュージーランド以来の出来事だった。)

●角島大橋(駐車場からの眺め)
Dsc07862
Dsc07868

●角島大橋(展望台からの眺め)
Dsc07870
Dsc07871

●角島灯台
Dsc07878
明治8年設置の日本最古の現役灯台だそうです。

●角島灯台からの眺め
Dsc07884
Dsc07887
Dsc07886
Dsc07890

●焼きイカ
Dsc07905
美味かったです。(250円)

●角島大橋の上
Dsc07906
Dsc07908
Dsc07909
Dsc07910
Dsc07911

●角島大橋を本州側からちょい俯瞰
Dsc07916
Dsc07917
Dsc07921
Dsc07919_2

天気に恵まれれば、カメラ素人のしょぼいデジカメでこれだけの写真を撮れるのであるから、この景色の素晴らしさは掛け値なしであろう。

本州側からだと浅瀬の白い砂地がエメラルドグリーンを際立たせてくれるようで、島側からだと深い青い海になってしまう。今回の絶妙な色合いは、天気と潮の加減が最高のバランスの時に偶然出向いたということだろう。

たまにはそういう運の良いこともあって良いですよね(笑)

2015年8月27日 (木)

アルプス観光 in シャモニー・モンブラン(エギュイ・デュ・ミディ)

UTMB出場のため日本を出国し、フランスはシャモニーに25日深夜に到着しました。

26日は夕方から受け付け開始ということで、時間もあるし、レースでの高度順応ということで、アルプスの展望台巡りを一緒に参加している師匠と行いました。

本場アルプスの最高峰モンブラン(4810m)は凄かったですし、その展望台も度胆を抜かれましたので、写真をご覧ください。

Dsc04496
ヨーロッパ最高標高の展望台、エギュイ・デュ・ミディは、標高3842mと富士山より高い展望台です。ゴンドラ2回で2700mの標高を一気に上るという、日本では存在しえないゴンドラでした。

Dsc04661
60人乗りのゴンドラが標高差1400mを途中に鉄塔の存在しないという完全宙ぶらりんのルート(絶壁の空中散歩)で登ります。

Dsc04490
快晴のモンブランに思わず笑顔です。師匠は昨年、リタイア後に登ったそうですが、霧で何も見えなかったそうです。

Dsc04457
白い山の名にふさわしいモンブラン北側。登山ルートはほぼまっすぐに山頂に向かうようです。

Dsc04552
アルプス三大絶壁の一つ、グランドジョラス(最左、標高4208m)の大絶壁が見えました。

Dsc04417
遥か東方にマッターホルン発見(右側の尖った山)と思ったのですが、どうやら違うようでした。マッターホルンにしか見えない(写真しか見たことないですが(笑))だけどなあ・・・

アルプスの尖がった山の多いこと、針峰群と呼ばれているのも納得でしたし、絶壁と氷河の迫力は、日本の山には無いもので、登山家がアルプスを好きになるのも見ただけで納得でしたね。

Dsc04730_2
ゴンドラの乗り換え地点、プラン・デュ・エギュイ(標高2317m)地点を軽くハイキングしました。
背後の白い山はモンブランの右肩に当たるドーム・デュ・グテー(標高4304m)です。
頭上の線は、ゴンドラのワイヤーで左手の山頂エギュイ・デュ・ミディにダイレクトに繋がっています。ワイヤーのたるみ方は半端ないですし、きっと山頂は折れるんじゃないかというくらい力がかかっているはずです。(笑)

そうそう、忘れていました。エギュイ・デュ・ミディの新たな見どころ、空中散歩は面白かったです。このあと、私たちも30分並んで行きましたよ。
Dsc04459

いやあ、レースを忘れて、モンブランをすっかり堪能して満足しちゃいました。(笑)

2015年5月 3日 (日)

北陸新幹線フィーバー

北陸新幹線開業に、連続テレビ小説「まれ」は石川県輪島が舞台とGWは石川県フィーバー中です。

というわけで、いつものように石川県の実家には自家用車で帰省しました(笑)

途中、川の道の応援のため、長野北部で下道を通ろうかと思いましたが、家族の反対が想定されましたので、心の中で応援して、高速直通で進みました。

富山県に入ると、北陸自動車道と北陸新幹線が並行している区間があるのですが、残念ながら新幹線の雄姿は見られませんでした。

夕食は回転寿司にしたのですが、ここで思いがけず北陸新幹線もどきに出会えました。

Dsc00002
オーダーされたネタを高速で運んでいました。

いやあ、妙にうれしかったですね。(笑)

明日は、本物見に行こうかな。

追記:本物の新幹線写真はこちら 迫力から何からすべてが違いました。(笑)

2015年3月26日 (木)

琉球ガラスが届きました(^_^)v

Rimg0489
沖縄旅行で家族全員で琉球ガラス工房で制作体験をしました。

その際、各自がデザイン・色・模様を選んで作ったガラス製品(コップ)が無事、宅急便で送られてきました。

家族全員で開けるべしと、私の帰宅が遅くなる夜ではなく、全員がそろう早朝に開封いたしました。

自分はどんなものを作ったかはわかっているものの、ほかの家族は何を作ったのかをはっきり知らない状態での開封はワクワクドキドキでしたね。

それぞれがちゃんとできていてみんなで感動しました。

Dsc09102Dsc09111

ちなみに私はビール用に制作した右上の点々模様付透明ビアタンブラーです。

早くビール飲みたいなあ。

【体験琉球ガラス工房情報】
 琉球ガラス てぃだ工房「吹きガラス簡単コース」

より以前の記事一覧

★誘惑サイト★


リンク

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆