« 【書評】夜行 森見登美彦/著 | トップページ | サロマ湖ウルトラに初エントリー完了 »

2018年1月23日 (火)

草津白根山の噴火場所(鏡池)はここのようです!

Ws000240

気象庁によりますと、本白根山では、本日(23日)09時59分に鏡池付近で噴火が発生したもようです。東京工業大学の観測によれば、鏡池付近から1キロメートル以上飛散する噴石が確認されています。

気象庁では噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引上げて、警戒を呼びかけています。

自衛隊員1名が死亡とのこと、ご冥福を祈るとともに、これ以上の犠牲が出ないことを祈るばかりです。

さて、噴火した草津白根山は群馬県にある百名山の一つ。

Imgp9102
最高標高は2171m。上の写真は元白根山旧火口(今回の噴火場所ではない)

草津温泉に近く、そこから眺めが良くドライブに最適な国道292号線が通っていて、アクセスが良いため、一般観光客も多い場所である。

一般観光客のお目当ては、湯釜と呼ばれる噴火口に溜ったコバルトブルーの湖だろう。

Imgp9143
湯釜です。昔は湯釜のすぐ近くまで行けていたのに、規制により、かなり後方まで下げられていました。

湯釜からは蒸気が出ており、まさに活火山そのものの場所なのであるが、今回の噴火場所は、そこではなかった。

報道によると、鏡池付近とのこと。

鏡池?って、行ったことあるぞということで、昔の草津白根山登頂ブログ記事を見なおしてみた。

鏡池ありましたよ。

Imgp9120
鏡池の全貌

かつての噴火口っぽい形状でしたが、すっかり火山らしさは抜けていて、歩道もあったので、現地に降りてみました。

亀甲模様の岩がいっぱいありました。火山の名残ですかね。

Imgp9127
魚がいたかどうかは、覚えていませんが、オシドリ?もいる、普通の池になってました。

池の底、亀甲模様になっているでしょ!(水面が波立っているのでよく見えないですが(笑))

この鏡池は3000年以上前の噴火口跡だったようで、すでに草木も生い茂り、蒸気も出ておらず、火山活動の様子はまったく感じられない場所で、草津白根山は、活火山とは言え、まさかここから噴火するとは?というのが関係者のみならず、数回行ったことある私も思いました。

しかし、実際に噴火した訳ですが、日本では3000年前に噴火した場所なんて、いくらでもある訳で、それらすべてを観測して警戒するとなると、とてつもなく大変なことだなあと、素人ながら思いました。

何か、良い方法はないですかね?

追記:
 噴火の映像を見ると、鏡池のある旧噴火口の内側でなくて、外側の斜面から噴火していますね。
 まだ、鏡池は残っているかもしれませんね。

« 【書評】夜行 森見登美彦/著 | トップページ | サロマ湖ウルトラに初エントリー完了 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草津白根山の噴火場所(鏡池)はここのようです!:

« 【書評】夜行 森見登美彦/著 | トップページ | サロマ湖ウルトラに初エントリー完了 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆