« 四万十川ウルトラマラソン完走記1(スタート前編) | トップページ | 四万十川ウルトラマラソン完走記3(沈下橋編) »

2017年10月21日 (土)

四万十川ウルトラマラソン完走記2(スタート・峠編)

日本を代表する清流の一つ、四万十川沿いをコースとする陸連公認の100kmのウルトラマラソン大会の四万十川ウルトラマラソンの完走記録その2のスタート&峠編です。

●スタート号砲1分後(05:31)
Dsc09281_2
まだゲート通過できず

ゲートを通過しても大混雑だが、ペースが遅いので先輩とお互いの健闘を誓って、別れて、大群衆を抜かしながら進む。

暗くて足元は見えないが、そこかしこに車が待機していて、ヘッドライトで照らしていた。

たぶんスタッフや沿道の民家の車であろう。有り難いことです。

●夜明けは近い(05:50)
Dsc09291
スタートから20分経過して、少しランナー密度が低くなってきたし、空も明るくなってきた。

●05:50
Dsc09294

●06:01
Dsc09299

●06:13
Dsc09302

●06:22
Dsc09306

●06:58
Dsc09320

●06:59
Dsc09323

●07:04
Dsc09330

●忍者ランナー(07:04)
Dsc09331
赤い刀を背中に差しての激走に抜かれました。素晴らしいです。

●激坂(07:10)
Dsc09340

●早くもエアポケット出現(07:19)
Dsc09349
激登りで歩きはしていないものの、ペースダウンで前と離されました。
いわゆるエアポケットですかね。

●自衛隊ジープ(07:22)
Dsc09352
大会関係者を時速10キロぐらいで輸送している自衛隊のジープに抜かれました。
排気ガス吸いたくないから一度抜いて、激坂も必死で走っていたのですが、こちらのスピードが落ちて、ついに抜かされました。

●20キロ地点(07:35:06)
Dsc09358
予想外に激弱の登りを自分なりに我慢して走れて、想定に近いタイムで通過できました。なので、このときは、これは期待できるかも?って思ってました。

坂は急になるばかりでしたが、スローペースながら走り続けることができました。

なお、日光ウルトラのいろは坂よりは楽だった気がしますが、坂の傾斜は同じくらいかもしれません。

●エイド直前(07:47)
Dsc09362
なんと目標よりわずか2分遅れで到着。
スタートゲート通過が2分遅れだったことを加味すると、目標通りでした。
初の給食ということで、パンいただきました。
それから、スタート直前にトイレに行けなかったこともあり、また仮設トイレが空いていたので、トイレに寄りました。なのでこの区間のラップタイムが唯一10分台となりました。

で、この後は激下りで、再びキロ5分台に戻せて、サブ10ペース復帰を夢見て、必死で下りました。

●激下り終わる(08:29)
Dsc09366

●30km地点(08:33)
Dsc09373
まだ、緩やかですが下ってますので、引き続きキロ5分台で頑張ります。

●08:37
Dsc09388

●第1関門(36.5km)(通過タイム03:41:38)
Dsc09397
下りで頑張って走るも、サブ10ペースまでは戻せず。
下りもここまでなので、サブテンは厳し展開に。

次>四万十川ウルトラマラソン完走記3

前<四万十川ウルトラマラソン完走記1

四万十川ウルトラマラソン結果報告

四万十川ウルトラマラソン完走ラップタイム

四万十川ウルトラマラソンの振り返り(先輩編)

四万十川ウルトラマラソンGPS記録

四万十川ウルトラマラソン完走記

« 四万十川ウルトラマラソン完走記1(スタート前編) | トップページ | 四万十川ウルトラマラソン完走記3(沈下橋編) »

ウルトラマラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四万十川ウルトラマラソン完走記2(スタート・峠編):

« 四万十川ウルトラマラソン完走記1(スタート前編) | トップページ | 四万十川ウルトラマラソン完走記3(沈下橋編) »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆