« 【書評】暗幕のゲルニカ 原田マハ/著 | トップページ | 南房総ウルトラマラソンの完走率と参加賞 »

2017年10月29日 (日)

荒島岳【日本百名山88】

Dsc07839
1523m 福井県

大野盆地の南東にそびえるコニーデ型火山。
大荒島岳、小荒島岳の二峰の秀麗な姿が盆地各所から臨める。
深田久弥のふるさとの山。(日本百名山地図帳から引用)

Ws000207
2017/09/02 勝原スキー場コース 往復9.4km 片道4.7kmピストン
06:13 勝原スキー場 09:30
07:36 シャクナゲ平 08:45
08:13 荒島岳山頂 08:26

Ws000208
Ws000211

ポイント
1 北アルプス山行から急きょ変更
2 勝原スキー場は廃業
3 予想外の急登にびっくり
4 新トレランシューズはふにゃふにゃで苦しむ

【ひと言】
百名山の中では、小さな山だと侮っていたら、最初から最後まで苦手な急登で、往復3時間17分ながら、かなり登り応えがありました。

●旧勝原スキー場(標高200mちょっと)
Dsc07719
荒島岳登山者用駐車場は、巨大で元々はスキー場の駐車場のようでした。
あまりに大きくて、どこに停めていいのか迷いましたね。(笑)

●トイレと登山届ボックス
Dsc07725
登山口(旧ゲレンデ直下)に公衆トイレがあり、電話ボックスを利用した登山届ボックスがありました。
ここも広い駐車スペースがあり、ここに停めれば、200mくらい距離短縮できます。

●ゲレンデ直登
Dsc07726
登山道らしからぬ旧ゲレンデのコンクリート歩道を登ります。

●登山道
Dsc07733
コンクリート舗装路が終わり、巻き気味に高度を上げていきます。

●ブナ林
Dsc07749
ゲレンデ部分が終わると、ブナ林が始まります。

ブナ林の中、グングン標高を稼ぎます。結構、きつい登りです。

●トトロの木(標高820m)
Dsc07762
だそうです。

●山頂まで2km
Dsc07770
幹回りの大きなぶながそこかしこにありました。

●水場
Dsc07778
と書いてありましたが、確認しなかったので詳細不明

●稜線見えた
Dsc07788
空が明るくなって、登りの先が空につき抜けて見えてきたってことは、小荒島岳に続く稜線に抜けそうということですね。やったね

●シャクナゲ平(07:35)
Dsc07793
登りがきつかったですが、時間的には思ったより早く到着しました。

●滑落注意
Dsc07796
右側が切れ落ちてました。

●もちが壁の鎖場
Dsc07800
鎖場ですが、晴れて地面が乾いているので、掴まなければならないほどではありませんでした。

●もちが壁
Dsc07806
ここも足場が悪い、少し厳しい登りでしたが、まあ乾いているので、難なく

●笹場
Dsc07812
足場は良くなりましたが、傾斜は緩まず、息が上がりながらの登りです。

●前荒島岳(標高1415m)08:01
Dsc07825
あと100mちょっとの登りですが、いったん降ります。

●偽ピーク
Dsc07826_2
この奥が荒島岳のはずですが、ガスっててよくわかりません。

●山頂412m
Dsc07832
山の中で、なかなか1メートル単位の表示は内ですが、感想としては、「本当か?」でした。(笑)

●荒島岳見えた!
Dsc07839_2
412mから推測して、あれが目指す荒島岳でしょう!

●山頂直下の登り
Dsc07854
ご覧のように山頂直下はなだらかな登りでした。

●荒島岳山頂(標高1523m)08:13
Dsc07857
時間としては、2時間でしたが、なかなか濃い登りでした。
北アルプスは雨だったので、さらに西の荒島岳を選択して、見事晴れ間も出て、作戦成功って感じでした。

●白山
Dsc07863
Dsc07869
案内板があると、自信をもって、確認できます。(笑)

●山頂風景
Dsc07879
結構スペースがある山頂です。

●山頂方位盤
Dsc07880
まだ綺麗な方位盤でしたが、東側は雲が多くて、見えませんでした。

●山頂記念写真
Dsc07884
Dsc07905
上:山頂標識とのショット
下:一等三角点とマイシューズ

ポカポカ陽気の中、13分滞在して、下山開始(08:26)しました。

●シャクナゲ平(08:45)
Dsc07919
通過

●ブナ林(08:54)
Dsc07923
降ります。

●大野盆地遠景
Dsc07929

●九頭竜川(09:17)
Dsc07936
登山口まであと少し

●ゲレンデ直降り
Dsc07945
最後は結構脚にくる激下りです。(笑)

●カドハラ桜坂(09:30)
Dsc07953
勝原と書いて「カドハラ」って読むのを初めて知りました。(笑)
元はゲレンデの場所に桜を植えて、桜坂にするのですね。
何年か後は楽しみですね。いつか春に来ないとね。

さて、次は穂高岳に移動だ(笑)

●中出登山口
Dsc07954
もう一つの荒島岳の登山口である中出コースの入口です。

●巨城発見
Dsc07968
お寺のようです。何もないところだけに、異様に目立ちますね。

この後、福井県を南下して、琵琶湖西岸を抜け、京都に突っ込み、琵琶湖東岸を北上しました。

●安土城址
Dsc08004
夕方5時を過ぎ、安土城址は閉門となってました。無念じゃ(笑)

【参考データ】
 アクセス 北陸自動車道の鯖江ICから勝原駅まで約50km(約1時間くらい)
 駐車場 無料巨大駐車場あり、トイレあり・水場あり
 山小屋 なし
 温泉  不明り

かずさんの日本百名山登頂記録一覧表はこちらです。

« 【書評】暗幕のゲルニカ 原田マハ/著 | トップページ | 南房総ウルトラマラソンの完走率と参加賞 »

登山・百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532494/65979324

この記事へのトラックバック一覧です: 荒島岳【日本百名山88】:

« 【書評】暗幕のゲルニカ 原田マハ/著 | トップページ | 南房総ウルトラマラソンの完走率と参加賞 »

★誘惑サイト★


リンク

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆