« ランスマ芸人ランナーとのデッドヒート物語2(スパトレイル完走記後半) | トップページ | 東京マラソンエントリー完了! »

2017年8月 7日 (月)

ランスマ芸人ランナーとのデッドヒート物語3(スパトレイル完走記ゴール編)

スパトレイル72kmの63km付近で自分にとって驚愕の事態が発生

ハブサービス御一行様に追いつかれたのだった。

こちらの脚より、向こうの脚の方が明らかに元気だ。さあ、かずさん、ここからどうするんだい?

「そうだねえ、ここはジタバタしないで、自然体で、ただ前を向いて、ゆっくりでも、とにかく走って前に進むしかないね。」

そうこう(走行)している間に、確実にハブサービス御一行様は近づいてきている。

もう、俺は振り向くことはしない、前向いて、自分のペースで進むだけだ。

そして、ついに追いつかれた、追い抜かれた。

●ハブサービス御一行様
Dsc05479
ハブサービスさん、ペーサーの女性新星トレイルランナーの後ろに、2人のランナーが追走していた。

マラソンや駅伝のテレビ中継などで、解説者が追いつかれたランナーに対して、

「ここは離されないように付いていくべきです。」などと解説しているので、少しペースを上げて、付いていこうと思った。

●左手は牛舎
Dsc05485_2
女性ペーサーが左の牛舎を見て
「ハブさん、牛ですよ!」と声掛けしているのを聞きながら、必死で喰らい付いていこうと思ったのだが、思っても脚は前に出ず、世の中、そんなに甘くはない。

こっちだって、別に楽してゆっくり走っているわけではない。

それなりに頑張って走っている以上、それ以上にペースを上げるのは、並大抵のことではなく、ジリジリと引き離されいった。

●最終エイド64km地点(15:44)
Dsc05489
ハブサービス御一行様に遅れること10秒くらいで到着。

疲労感が強くなった私は椅子に座りたいと思ったのだが、空いているのはハブサービスさんの隣だけ。

シャイな私は、座るのをためらっていると、遅れてきたランナーがサクッと座ってしまった。(笑)

●ランスマ取材中
Dsc05494_2
追いつかれた以上、ここからは正々堂々勝負するのが、トレラン道の先輩たる者の心意気だろう。

「ハブサービス君よ、君の挑戦は受けて立っても良いぞ!」

「さあ、どうする?」

と完全に上から目線で心の中で問いかけていたのだが、取材対応が忙しいらしく、一向に反応がない。

無視された形となった私は、「そっちにその気がないなら、仕方ない、いつものように休まず、進むだけだ」とハブサービス君を置いて先発することにした。

以上は完全な作り話であって(笑)、実際のところは

「絶対にトレラン初心者のハブサービスごときに負けたくない。」
「呑気に取材対応している今がチャンスだ」
「もはや脚は売り切れており、スピードでは勝てないから、少しでも早く出発して、逃げるだけ逃げよう!」
「では、お先に(ぜってー、負けねえぞ!)」っていうのがこのときの心境でした。(笑)

●65km地点
Dsc05500
とにかく、ゆっくりでも走ります。

そして、何度も何度も後ろを振り向いて、ハブサービス御一行様の姿がないか確認します。

私に抜かされたランナーは前方で何度も振り向く私を、「なんであのランナーさんは、あんなに振り向くんだろう?」と思っていたことでしょう。

私は、後方の情報収集をしていただけなのであるが、まあ、完全に不審なランナーだようなあ(笑)

●ほとんど歩いているランナー
Dsc05514
必死の形相で、でも大したスピードも出てない、おじさんランナーが抜いていきました。

そして、何度も後ろを振り向いて、不審なランナーの印象を残して進みましたよ。(笑)

●69km地点
Dsc05525
なんとか、逃げに逃げて残り3.7kmまでたどり着いた。

ここから最後の登りで、最後のゴールまで登りだ。余力を残さず、全力で登ることにした。

●71km地点
Dsc05529
草津に向かう緩やかな登りの舗装されたハイキングコースを進みます。

脚が上がらない私にとって、舗装路はありがたい。足が上がらなくとも走って前に進めるからだ。

後ろを振り向き振り向き、全力で走り続けた。

●72km
Dsc05539
ラストの距離表示、残りは700mぐらいか?

後ろにハブサービス御一行様の姿は見えない。

これは勝てるのか?

前をかわして進む。

●ありがとう、ありがとう
Dsc05543
そして本当にありがとう。鏑木毅

これはコチラのセリフですよ、鏑木さん。

今回もスパトレイル楽しめました。そして、ハブサービスさんとの勝負も楽しめましたよ。(笑)

●ラストスパート
Dsc05545
いつも、多くのランナーさんをゴール直前で抜かしてすいません。

それがかずさんのラストスパートの流儀なのです。

かずさんらしく、上りですが、残り500m、一般道の歩道を駈け上ります。

●ゴール前
Dsc05553
ラストスパートしつつ、最後の応援に応えつつ、写真撮ってます。だから、超手ぶれ写真なのです。(笑)

念のため、後ろを一度振り向きましたが、さっき抜いたランナーの姿しか見えません。

嬉しいよりも、なんだか寂しい感じです。

ハブサービスさん、追い付けませんでしたか・・・

●フィニッシュ(17:06)
Dsc05557
おっと、前にランナーがいるわい。ブレーキ!ブレーキ!

ゆっくり歩きながら進んでいると、ゴールスタッフがゴールテープを張りなおしてくれました。

両手を上げて、ゴールしました。

何はともかく、ランスマお笑い芸人ランナーの「ハブサービス」さんに先着できました。

今回先着したことに意味はあるのか?と問われれば、それ自体には意味はない。こんなにはしゃいで恥ずかしくないのか?と問われれば、少し恥ずかしい(笑)。今回、私がハブサービスさんに寄せた一方的な思いは、自分の青春時代にも似たようなことがあった気がするが、結実はしてない。しかし、内なる自分に確かな物語を刻み、望ましい成長の糧となった。今回も、何度も振り向く動作は不審を増幅させただけだったが(笑)、最後まで、走りきれた。そして、自己ベストが出た。

今回のスパトレイルは、それで満足です。(笑)

●鏑木さんのMC
Dsc05563
「気になるあの男は、そろそろのはずだが、まだか?」と鏑木さんがアナウンスしています。

やはり、そろそろか?とカメラを持って待ち構えていると

●ハブサービスさんゴール(17:08)
Dsc05575
Dsc05585
Dsc05603
ハブサービスさん、歓喜のゴールでした。

俺には負けたけどね。お疲れさん。( ̄▽ ̄)

冗談はさておき、初めてのトレラン、しかもスパトレイル72kmでの完走は、さすがです。

もはやトレラン初心者じゃありません。すでにトレラン中級者の領域ですね。本人には、自覚がないでしょうが。

インタビューは8月26日の「ラン×スマ」で聞かせてもらうこととして、先着して待ちくたびれているであろう、師匠の待つ駐車場に向かいました。

今回のラストスパートは、最終区間9km、1時間半に及ぶロングスパートでした。

最終エイドで私は約3分間休み、ハブサービスさんは約10分休んだようです。

7分差があったのですが、ゴールでの差は約2分。つまり、かずさんのロングラストスパートより5分も早かったということです。

結局、私は先着はしたものの、走りの内容は、ハブサービスさんの方が、遥かに良かったということですね。

「ラン×スマ」の放映日(8月12日と26日)が楽しみです。ハブサービスさんのレース展開はどうだったのか?

テレビ録画の予約しなくちゃ。(笑)

●ランスマ芸人ランナーとのデッドヒート物語1

●ランスマ芸人ランナーとのデッドヒート物語2 

●ランスマ芸人ランナーとのデッドヒート物語3 

●【テレビ】ラン×スマ ~街の風になれ~ - NHK

●スパトレイル完走結果速報&ランスマ取材

●第4回スパトレイル大会の完走率

●スパトレイルGPS記録(累積標高ほか)

« ランスマ芸人ランナーとのデッドヒート物語2(スパトレイル完走記後半) | トップページ | 東京マラソンエントリー完了! »

トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532494/65633773

この記事へのトラックバック一覧です: ランスマ芸人ランナーとのデッドヒート物語3(スパトレイル完走記ゴール編):

« ランスマ芸人ランナーとのデッドヒート物語2(スパトレイル完走記後半) | トップページ | 東京マラソンエントリー完了! »

★誘惑サイト★


リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆