« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

お嬢様聖水?

Ws000075

 聖水とは、聖なる水のことである。

 ウィキペディアでは「聖水(せいすい)とは、宗教的に普通の水とは異なり聖なるものとされ、儀式に用いられる水のこと。」と書いてある。

 ちなみに私もかつて聖水を飲んだことがある。場所はギリシャのスパルタである。

 スパルタの中心部に立つレオニダス王像の前に到着した私は、古代ギリシアの女神に扮した若い女性(恐らくは地元の女子中学生?)から古式ゆかしい水瓶を受け取り、聖なる水を喉が乾いていた私はぐびぐびと飲んだのであった。(笑)

 その時の写真はこちら→

 さて、今日のお話は、お嬢様聖水という缶飲料が日本で流行っているという話である。(ネタは古く、すでに2年前の話であるがお許しを(笑))

●お嬢様聖水実物
Seisui1
お嬢様はヌード(裸)でしょうか?
植物発酵エナジードリンクと書いてありますね。

●お嬢様聖水の中身
Seisui2
いかにもエナジードリンクっぽい色ですね。

以下記事からの引用
  記者はお嬢様聖水を購入し、飲んでみた。グラスに注ぐと、黄色い泡立った液体が目の前に現れる。一瞬とまどいつつも、グイッと飲むとフルーティーな香りとやさしい炭酸が口の中に広がる。試飲した編集部内からは「飲みやすい聖水」という感想があった。

  とはいえ、このネーミングと見た目から、何らかの連想を働かせる人が出るのは無理もないかもしれない。メーカーはこうなることを初めから想定していたのだろうか。販売するリバランド(三重県鈴鹿市)の開発担当者は、

“「ネットで騒がれているような意味での認識は開発期間も含め、社長にも私にも一切なかった。発売直後になぜか意図せぬことで話題になっていると聞いて、非常に当惑したというのが事実です」

と語り、男性客からの大きな反響に驚いている。

  お嬢様聖水は同社がこれまで販売してきた「お嬢様酵素」「お嬢様グリーンスムージー」などの「お嬢様シリーズ」の最新作という位置づけだ。ネーミングは突然頭の中に降臨するように思いついたそうで、「『お嬢様のための美の聖なる水』であり、『プリンセスフォーリーウォーター』の意味で『お嬢様聖水』と名付けた」。都会に住む人の体や心を清めてほしいという願いも込められている。

  もちろん男性ばかりではなく、出勤前に購入する女性客も多い。店頭では入荷分が置かれるとすぐに売り切れる状況が続いているという。今後は関西など全国での販売を目指している。(J-CAST ニュース 2015/4/16 18:31)

→公式サイトはコチラ

【ひと言】
 この缶飲料が売れている理由、特に男性が買うのは、聖水の裏の意味が、女性のおしっこということからだと思う。
 しかも、パッケージが可愛いお嬢様のイラストであるのだから、ネタとしても、購入意欲をそそるに十分だろう。
 生産者がそれを知らないで商品化したとは、ちょっと考えづらいなあ。
 私もネタとして買いたいと思ったくらいだ。(笑)

2017年3月28日 (火)

香港トレランHK100完走記2(山岳&夜間前編)

ビブラム香港トレイルレース100km完走記録のその2です。
前半の美しいビーチトレイルが終わって、やっと45km地点からの山岳トレイルに入りました。
そして夜間走行は間近になっての後半戦に突入です。

●熱帯ジャングル
Dsc00254
そんな感じの山岳トレイルに突入です。ワクワク

●牛糞爆弾
Dsc00261
昼間は簡単に視認できて避けられますが、夜間は分かりずらいですよね。
たぶん踏んでいないはずですが(笑)

●石段地獄の始まり
Dsc00264
よく整備されているのですが、あまりに整備され過ぎていて、トレランぽくないんですよね。

●自然トレイル
Dsc00269
やっと、自然なトレイルが出現しました。
石段や舗装トレイルでは早かった地元ランナーがこうした不整地では途端に遅くなるのが印象的でした。
この程度のでこぼこでビビっているようでは、日本のでこぼこトレイル、走ってもらいたいな(笑)

●最高標高
Dsc00278
さて、ここからは得意の下りだ。


Dsc00296
ここは走りやすいトレイルでした。

●CP5
Dsc00299
Dsc00302
Dsc00305
練習していないのに思ったより良いペースでここまで来れた。
ランナーと地元ランナーの応援団でごった返す中、ドロップバッグを受け取って、ベンチの端っこに座って、カップラーメン食べて、長シャツを羽織り、ヘッドライトを装着した。
ミートパスタが美味しそうだったので、子供のボランティアから受け取って食したのだが、はまったく私の口には合わなかった。
ところが、一方で最高に美味かったというランナーさんもおられた。
もう一度、食べて確認したいな。

●装備チェック
Dsc00311
ヘッドライト、レインウエア上、サバイバルシートの確認がありました。

●暫定走路
Dsc00323
舗装路が工事中で脇に仮設の暫定走路が設けられていました。

●香港の山並み
Dsc00347
あの方向に進むのかなあ・・・。
それにしても香港は山深いのに驚きましたね。
人家ないんだもの・・・
さて、そろそろ夕闇が迫ってきました中、力の尽きた私はまったく走れなくなり、歩くだけになりました。情けない・・・

●みんな迷子
Dsc00350_2
広い高原状の場所でトレイルが不鮮明なうえ、夕闇に濃い霧で、ロストしました。
ここは、地元ランナーの動向に委ねつつ、自分でも地図見て、判断しました。

●マークが少ない!
Dsc00354_2
と文句垂れながら、霧の山中を走れない私は歩いて進みました。
この辺りのランナーはまだ走れる人が多くて、置いてけぼりになりました。(笑)

●初香港夜景
Dsc00359_2
だいぶ遠いけれども有名な香港の夜景が見えました。
このあと、グングンと市街地に近づき、もっときれいな夜景が見られました。
それは後のお楽しみで

●CP6
Dsc00373_2
Dsc00376
カップラーメンはこの前のCPで食べたので、ここでは食べませんでした。

●珍しく街灯あり
Dsc00380_2
外国ということもあって、人気のない郊外の方が、なんだか怖いです。

●香港夜景2
Dsc00384_2
森越しに見える夜景はそのコントラストが印象的でした。


Dsc00389_2
夜景だけが楽しみで、走れずとぼとぼ歩いて進んでました。

●香港夜景3
Dsc00393_2
さらに市街地に近づき、ますます夜景が綺麗に見え始めました。


Dsc00398_2
結構明るく写っていますが、デジカメの性能が良いだけです。
実感としては、かなり薄暗いですが、電池を持たせたくてヘッドライトの電気を消して進みました。

●香港夜景4
Dsc00402_2

●香港夜景5 21:09
Dsc00414_2
ベスト夜景はこれですね。
何が綺麗って、地面を明るくしているんですよね。
中央の青みがかった緑色のライトアップって、日本なら省エネしろっていわれそうな無駄な照明ですが、香港の人のプライドなんですかね。(笑)

走れない中、夜景ばっかり写真に撮って歩いて進んでいました。

●誘導スタッフ 21:13
Dsc00418_2
ここからトレイルだったかな?

●香港夜景6 21:28
Dsc00422_2

●香港夜景7 21:58
Dsc00426_2

●香港夜景8 22:13
Dsc00433_2

走れないので、香港夜景撮りまくりながら、進みました。

コースの記憶はすでにないです。

たぶん、山腹の遊歩道だったかなあ・・・。とにかく記憶にない程度の平凡なコースです。たぶん(笑)

このあと、10分足らず登ってCP7(73km地点)の筆架山(Beacon Hill)標高457mに到着しました。

次>:香港トレランHK100完走記3(山岳&夜間後編)

前<:香港トレランHK100完走記(前半ビーチ編

2017年3月26日 (日)

佐倉マラソン激沈完走報告

第36回佐倉朝日健康マラソンは、冷たい雨という悪天候(いや、走れる人にとっては、体を冷やすにはちょうど良い感じの絶好のコンディション)の中、前の記事のとおり出場を躊躇しておりましたが、マラソン弟子が出場するとのことで、こうなると師匠としては、出場するしかなくなり、出場した次第です。(笑)

●GPS記録
Sakura
走った軌跡は赤い線で、数字は累積距離。
走られたランナーさんには分かるコース図ですが、そうでない人には、不思議なコース図でしょうね。

さて、タイトル通り、完走はしましたが、苦難の完走となりました。以下の記述のとおり

冷たい雨の中で待ちたくなくて、ギリギリまでゆっくりと着替えをしていたら、残り時間も少なくなって、走ってスタートとなる岩名陸上競技場に向かっているとうまい具合に空いている仮設トイレがあり、すっきりとしてスタート地点にスタート5分前に立つことができた。
相変わらず練習不足であること、途中から歩くような事態となれば、今日の天候では低体温症になる危険があることなどから、自己ベスト更新は狙わずに、サブ3.5狙いとした。
カウントダウンもなくて、突然号砲が鳴り、急いでGPS腕時計を作動させた。スタートラインは約50秒で通過し、コースに出た。
京成佐倉駅に向かう大通りで、後ろから後輩W君に声を掛けられた。夜、仕事があるらしく、ゆっくりと走りますと言いながら、あっという間に姿が見えなくなった。さすがサブ3ランナーだ。
キロ4分50秒前後で走れていたが、14km付近で後ろからの圧力を感じた。
振り返るとそれは3時間30分のペースメーカーとそれに付き従うランナー軍団だった。
これはいかんと、ギアを一段上げ、後続を引き離して進んだのであるが、今考えると、ギアを一段上げたことで、有酸素ランニングの領域から無酸素ランニングの領域に踏み込んでしまったようだ。
24km地点、つまり10kmは、口呼吸ながら何とかキロ4分台で走ることができたが、10kmが限界で、ついに息が上がってしまった。
24.5km付近で、3時間30分のペースメーカー軍団に抜かれた。1kmほどは付いていったのだが、粘りもそこまでで、その後は息が上がって、ずるずると後退することに。
31kmを過ぎるとスロージョグ状態となって、キロ6分を遥かにオーバーするペースに落ちた。それでも足を前に出して走り続けた。
ところが不思議なもので、ゴールまで残り3kmくらいになると、無意識のうちにペースが上がっっていった。ラスト500mはキロ5分13秒となって、ごぼう抜きでゴールした。
順位は1500位台、タイムは3時間52分と昨年より30分以上、悪いタイムでの完走、奇しくも昨年12月の24時間走で激沈しかけたときの42km通過タイムと同じ記録となりました。
何やってんだか・・・(笑)

今回の苦闘のフルマラソンは、ひとえに、練習不足が原因で、しかも今回は、今の実力以上のスピードで前半を走ったことで、息が上がったということです。(24時間走と同じ展開で、学習能力なし)

今年になって、帰宅ランなどでゆっくりと走ってはいたが、息が上がるような心肺に負荷がかかるようなトレーニングをしていなかったことを思い出しました。

仕事で疲れた後の帰宅ランでは、なかなか心肺を追い込めないので、これからは平日、週2回くらいは、サクッと仕事を終わらせて、ジムでしっかりトレーニングしようっと!(川の道ハーフまであと1カ月ちょっとしかないけど(笑))

●1km毎のラップ
1.00 km  0:05'29" 5'29" /km
2.00 km  0:10'28" 4'58" /km
3.00 km  0:15'17" 4'48" /km
4.00 km  0:20'11" 4'53" /km
5.00 km  0:25'11" 4'58" /km
6.00 km  0:30'03" 4'50" /km
7.00 km  0:34'54" 4'51" /km
8.00 km  0:39'48" 4'53" /km
9.00 km  0:44'43" 4'54" /km
10.00 km 0:49'36" 4'52" /km
11.00 km 0:54'29" 4'52" /km
12.00 km 0:59'27" 4'56" /km
13.00 km 1:04'25" 4'57" /km
14.00 km 1:09'15" 4'49" /km
15.00 km 1:14'01" 4'46" /km
16.00 km 1:19'10" 5'07" /km
17.00 km 1:24'04" 4'53" /km
18.00 km 1:28'57" 4'52" /km
19.00 km 1:33'39" 4'41" /km
20.00 km 1:38'33" 4'53" /km
21.00 km 1:43'26" 4'53" /km
22.00 km 1:48'25" 4'58" /km
23.00 km 1:53'18" 4'51" /km
24.00 km 1:58'10" 4'51" /km
25.00 km 2:03'16" 5'05" /km
26.00 km 2:08'38" 5'21" /km
27.00 km 2:13'53" 5'14" /km
28.00 km 2:19'27" 5'34" /km
29.00 km 2:25'37" 6'09" /km
30.00 km 2:31'31" 5'53" /km
31.00 km 2:37'29" 5'57" /km
32.00 km 2:43'50" 6'20" /km
33.00 km 2:50'27" 6'36" /km
34.00 km 2:57'24" 6'56" /km
35.00 km 3:04'05" 6'41" /km
36.00 km 3:10'53" 6'46" /km
37.00 km 3:17'34" 6'40" /km
38.00 km 3:24'22" 6'47" /km
39.00 km 3:31'07" 6'44" /km
40.00 km 3:37'20" 6'12" /km
41.00 km 3:43'34" 6'14" /km
42.00 km 3:49'20" 5'45" /km
42.51 km 3:52'01" 5'13" /km
※スタートラインまで約100mとGPS距離計測誤差200mの計300mのズレ有

佐倉朝日健康マラソンの天気予報は冷たい雨で出場?欠場?

Ws000074

今日3月26日は、千葉県知事選挙の投票日であり、佐倉朝日健康マラソン大会のある日でもある。

千葉県で毎年開かれるフルマラソンはこの佐倉と館山若潮マラソンしかなくて、近年はその両方を参加していて、昨年の館山若潮で出した自己ベストを2カ月後の佐倉でさらに自己ベスト更新したという縁起の良い両大会であるのだが、今年の館山若潮マラソンは欠場しており、この佐倉に賭ける意気込みは高かったのである。

しかし、今日は2月並みの寒さ(最高気温8度)に加え、ずっと雨の予報となっている。

気温8度でずっと雨でびしょ濡れでのマラソンとは、初心者ランナーには厳しいだろうが、タフなランナーには、ワクワクする展開であろう。(笑)

タフな走りができたとプチ自慢するような(高慢な)私は、冷たい雨の中を走ることはそれなりに自信はあるものの、スタート前に待っている間や走り終わってからの寒さに耐えられそうになく、しかも年度末で仕事が控えていることなども考えると、おじさん的には、情けないことに出場すべきか、欠場すべきかを逡巡して、このようなブログを書いてしまっているのだ。

あー、どうすべきか・・・

とりあえず、寝て、起きてから考えるか(笑)

追記:
 出場して、何とか完走しました。完走報告はコチラ

2017年3月25日 (土)

タフな走り

(前編のバカロードな走りからの続きの神宮外苑24時間チャレンジ完走記後編)

あれだけ序盤から爆走したから、今こうして苦しんでいる自分のこの状態、つまりガンガン抜かされている低速な走りを続けているにもかかわらず、7時間以上もバカロード師匠に会っていない。

本大会は約1.3kmの周回コースなので、トップ選手には10回以上、知己のランナーでも多い人では4,5回は抜かされている状態(抜かした相手がエイドやトイレに寄っている間にこちらが抜かすがスピードが違うためにすぐに抜かされる場合などもあり)が普通であるのに、かれこれ7時間以上もバカロード師匠の姿を見ていないことに違和感を感じていた。

タフなバカロード師匠も、実はもう潰れているのでは?などど、おこがましい想像をめぐらせ、(恐らくは)ニヤつきながら低速で走っていると、

何百人目かの私を抜かしていくランナーさんからの「かずさん、やっと会えましたね」との声に、振り向くと、それは7時間ぶりのバカロード師匠のお顔でした。

後で双方の記録を比較すると、10時間経過時点までは周回数は同じであり、私がバカロード師匠に後れを取り始めて7時間以上(スタートから9時間経過後まで)遭遇していなかったのも、端的にいえば、周回コースでお互いに姿の見えない反対側を同じようなペースでぐるぐる回っていたということだったのだ。まさにお互いに足が止まりそうになりながら信じられないような意地の走りをしていたわけだ。(笑)

「いやあ、きつい。今回は、3時間気持ちよく走った後、残り21時間、ただただ耐えるトレーニングと思うしかないですね。」とバカロード師匠からお声掛けいただいた。

さすがはバカロード師匠、私の爆走に付き合って、それゆえに現在ひどい目にあっているというのに、なんという前向きな考え方、またも感動して、涙目になりました。(笑)

「なるほど、そういう考え方をすれば良いのですね。となると私の場合は、2時間しか爆走できなかったので、22時間耐える練習かあ・・・。しかし、耐えられるかな。(笑)」と答え、その後もしばらく併走して話をしつつ、やがて休憩直後なのか私より元気なバカロード師匠はそのまま先行していかれました。

21時間耐えるトレーニングというバカロード師匠らしい激励に気持ちは上向き、低速走行にも大いなる目標ができ、走る意義を持つことができた。勝負はまだこれからんだと!

100km通過は11時間30分経過した22時30分ころで、そのころの実際の走るスピードは時速6.5km程度にまで落ちていて、体調悪化は止まらないものの、それでも決して歩くことはなく、歩く寸前のスロージョグを続けて進んでいた。

やがて日付が変わるころになると、明らかに周回コース上のランナーが少なくなってきたし、一方で歩いているランナーは増えてきた。

このころ頭の中で考えていることは、ただ一つ、今までの自分(の記録)を超えることだけ。

15時間経過する直前の午前3時前に、ついに自分を超えることができた。過去の24時間走の自己記録122kmを残り9時間余りある時点で超えることができたのだ。

すると不思議なことに、精神的なものもあってか、体調は最悪の状態から脱しつつあって、少しだけ足を前に出すのが楽になってきた。(9時間から15時間の間は1時間で5周(約6.6km)ペースであったが、15時間から16時間では6周(約7.9km)にペースが上がったのだ)

とにかく150kmを目指すことにして、休むことなく、ただただ1歩ずつ前に進んで行った。

夜明け前にもなると、周回コース上のランナーはいよいよ少なくなって、トップ争いをしているランナーも疲労と眠気で足取りが遅くなっていたりする人もいて、そうしたランナーを抜かせる状況でもあり、一方で、フラフラになりながらも休むことなく必死で歩いて前に進むランナーさんがいたりと、この最もきつい時間帯、過去自分は休憩していて、一度も走ったことがないランナー密度が低くて、もっとも過酷な時間帯を走っているという、タフなウルトラランナーとしての自己満足な充実感を味わいながら走り続けることが出来ました。

夜明け直前の午前5時半ごろ、150kmを超えることができた。足が止まりそうだった5,6時間前には、この状態では、24時間で150kmも到達できないのではないかと思っていたのに、予想外の粘りと回復にますます元気が出てきた。このペースならスパルタスロンの出走条件の180kmも夢でもないかもと思いながら、今自分ができることとして、とにかく休まず進むことにした。

さて、この神宮外苑24時間チャレンジは約1.3kmの周回コースで、本部前を通過する際に、液晶モニターに自分の記録(周回、距離、順位)を見ることができるのであるが、最初のひと桁台の順位が徐々に落ちて行って、日付が変わったころには男性51位(出走116人)にまで落ちたのであるが、その後は徐々に順位が上がっていった。

夜明け頃の記憶は定かではないが、37位を見た記憶があるので、それくらいまで上がってきていたはずである。そのとき、きりの良い、30位くらいまで順位を上げたいなあと思い、180kmに加え、30位以内も目標にすることにした。

6時が過ぎて、夜が明けて、音楽プレーヤーが禁止となる7時が過ぎても、目標に向かって、休まずにずっと走り続けているが、さすがに上位選手はなかなか落ちてこなくて、順位はあまり上がらない。

それでも、夜明けとともに体調の回復傾向は顕著で、残り4時間ということもあり、走りの調子は上がってきているのだが、ひと眠りしたランナーもコース復帰しだして、周回コースのランナーも多くなるとともに、こちらのペースが上がる以上に、周りのペースも早くなっていて、実際のところはちっとも早くなった気がしないのだ。(笑)

終了まで残り2時間を切って、順位は32位まで上がった。そして180kmも突破。あと二人抜けば、30位に到達できると思い、さらにピッチを上げた。

爆走していた20時間前のスピード近くにまでギアを上げて、とにかく走り続ける。気持ちの良い朝で沿道の応援も増えはじめ、そこから、ますます元気をもらえて、とにかく前のランナーを一人ずつ抜かし続けた。

もはや本部前の順位掲示を立ち止まって見る時間も惜しくなって、とにかく息が上がるレベルまでスピードアップした。

スタートして23時間30分を経過した10時半ごろ、ついに190kmを突破したようだが、そんなことより、30位以内に入れるのか?いや、最後まで力を出し切れるのか?それだけを考えて、懸命に走り続けた。

残り10分を切ったところで、自分のナンバープレートを本部前で受け取って、ラストスパートをかけた。

10時間以上、スロージョグしかできなかったことが嘘のように走れていることに嬉しかった。それでもトップ選手のラストスパートの速さには、とても追いつけないが、190km超を走っていながら、これだけ走れることに満足しながら、とにかく前を追って、24時間の笛が鳴る直前に、同じくラストスパートをかけている一人のランナーを抜かしたところで、24時間終了の笛が鳴った。

その場に立ち止まって、自分のナンバープレートを置いてから、距離計測を見守ったのち、300mほど歩いて、本部前に戻った。あとで記録が判明するのだが、195.752kmとこれまでの自己記録を70km以上更新するとともに、男性30位となっていた。

本部前で、バカロード師匠と再会し、お互いの健闘をたたえ合い、今回、初めて24時間走でバカロード師匠にガチンコ勝負で勝利したことに満足して、24時間走は終わった。

序盤のバカロードな走りから、そのあと22時間、ひたすら耐えたタフな走りを実現して、新しい自分に出会えることができたことに大いに満足した24時間走となった。

惜しむらくは200km超という記録面での目標を達成できなかったことがあるが、それは次の目標にすることとする。そのためには、つまらないかもしれないが、イーブンな走りをして、大いなる目標を必ず達成したいと思う。

前編のバカロードな走りはコチラ

周回記録一覧表(参加された方からの引用)●かずさん
2016jingu11

2017年3月19日 (日)

【映画】この世界の片隅に(日本)

傑作です。やはりロングランには訳がある。日本人に生まれてよかった。こんな素敵なアニメ映画を作る現代の日本人とその原作となる80年前の苦しい戦時下を耐え忍び、そして見事に立ち直ったご先祖様、さらにこの素晴らしい映画を鑑賞できる自分を無事に育ててくれた家族や友人のいる日本国そのものに

Ws000073

第2次大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きていく女性すずの日常を描いた、こうの史代の同名漫画をアニメ映画化した人間ドラマ。『マイマイ新子と千年の魔法』で評判を呼んだ片渕須直監督が、徹底した原作追及、資料探求などを重ね、すずの生きた世界をリアルに描く。主人公の声をのんが演じる。

【ストーリー】
昭和19年、18歳の少女・すず(声:のん)は生まれ故郷の広島市江波を離れ、日本一の軍港のある街・呉に嫁いできた。戦争が進み様々な物が不足していく中、すずは工夫をこらして食事を作っていく。やがて日本海軍の根拠地であるため呉は何度も空襲に遭い、いつも庭先から眺めていた軍艦が燃え、街は破壊され灰燼に帰していく。すずが大切に思っていた身近なものたちが奪われていくが、日々の営みは続く。そして昭和20年の夏を迎え……。

【作品データ】
製作年 2016年
製作国 日本
配給 東京テアトル
上映時間 126分
映画公式サイトへ

【スタッフ】
監督 片渕須直 
脚本 片渕須直 
原作 こうの史代 
企画 丸山正雄 
プロデューサー 真木太郎 
キャラクター・デザイン 松原秀典 
作画監督 松原秀典 
撮影監督 熊澤祐哉 
美術監督 林孝輔 
音楽 コトリンゴ 
録音調整 小原吉男 
音響効果 柴崎憲治 
編集 木村佳史子 
監督補 浦谷千恵 
色彩設計 坂本いづみ 
画面構成 浦谷千恵 
動画検査 大島明子 

【キャスト】
北條すず(旧姓:浦野) のん(能年玲奈) 
黒村径子 尾身美詞 
北條周作 細谷佳正 
黒村晴美 稲葉菜月 
北條円太郎 牛山茂 
北條サン 新谷真弓 
水原哲 小野大輔 
白木リン 岩井七世 
浦野すみ 潘めぐみ 
浦野十郎 小山剛志 
浦野キセノ 津田真澄 
森田イト 京田尚子 
小林の伯父 佐々木望 
小林の伯母 塩田朋子 
知多さん 瀬田ひろ美 
刈谷さん たちばなことね 
堂本さん 世弥きくよ 

【感想】
まず、広島弁(性格には安芸弁)にグッと引き込まれた。なぜなら、両親とも広島出身で、親戚もみんな広島出身で、いつも聞いている方言と一緒だったのだ。
なので、最初から懐かしさ満開というか、この世界の片隅に完全無欠に引き込まれた。

ほのぼのとした少女時代の話から始まり、とにかく笑いのシーンが豊富で、そのゆるさは日本人でないとわからないだろうな。
そして何より主人公すずがほのぼのとしていて、その声役がのん(能年玲奈)というのが、またナイスキャスティングでしたね。最近彼女をテレビで観てないが、良い仕事してましたね。

私が最近観たアニメーション映画は、「モアナと伝説の海」、「SING/シング」といずれもアメリカのミュージカル調のアニメーション映画で、エンターテイメント性が高く、面白くて、十分満足したつもりであったが、それに比べればはるかに地味で、まさに日本的な二次元アニメなのであるが、その歴史的事実の基づく戦争の不条理さの圧倒的なリアリティとCG全盛時代に逆らうかのごとくの手作り感満載の古きアニメーションに込められた熱き想い。
日本のアニメーターの傑作と言えるほどの珠玉の作品に出会って幸せでした。

【ネタバレ】
主人公すずの夫周作は、海軍の事務方の役人であったが、ついに召集されて、訓練を受けるために呉を離れることになり、いよいよ米軍の空襲も激しくなり、連日連夜の空襲となっていく。
すずの義父が空襲で怪我して、入院しているので、一族で見舞いに行くと、空襲があって、病院近くの防空壕で難を逃れた。ホッとして、防空壕から出て、軍艦を眺めていたとき、米軍が落としていった時限爆弾がさく裂し、真っ白になる。
一緒にいた姪の晴美は爆死し、すずも右手を失う。晴美の母である義姉の径子に責められるシーンは、観ているこちらも辛くなる。
右手を失い、家事が上手くできなくなったすずは広島に帰ることを決意し、その当日の朝、広島方向から巨大な閃光が、そう広島への原爆投下があったのだ。
そして、8月15日の玉音放送で敗戦を聞いたすずは、激怒する。「なんのための戦争だったのか!」
原爆で焼け野原となった広島ですずは復員した夫の周作と再会する。そこに原爆で母を失った汚い孤児と出会う。
孤児の母は原爆で右手を失って、最後は死んだのだが、同じように右手の無いすずを見て、懐いたのだ。そのまま、呉まで連れ帰り、新しい家族と迎えられ、孤児のしらみにみんなで慌ためくところで、映画は終わった。

【歴史的補足】
 軍事施設などへの爆撃でなく、一般市民に対する爆撃を行うことを、無差別爆撃という。
 先の戦争で、日本はアメリカ軍にこの無差別爆撃を何百回もいろいろな都市で行われ、それこそ百万人近くの死傷者が出たのである。
 戦争を始めた報いであるのだが、それ以上に、重要な歴史的事実は、この無差別爆撃の歴史に日本が大きくかかわっているのだ。

 無差別爆撃の歴史を紐解くと、世界最初の無差別爆撃と言われているのが、ピカソの有名な絵「ゲルニカ」を描かせることになったナチス空軍によるスペイン内戦時のゲルニカ無差別爆撃である。

 そして、この無差別爆撃を発展させたのが日本軍による重慶爆撃である。
 中国の首都南京を陥落した日本軍であったが、中国は首都を内陸部の重慶に遷都し、それに対し日本軍は、陸軍が進撃できない内陸であったが故に、空軍で足掛け3年、毎日のように爆撃をしたのである。

 その時、開発されたのが焼夷弾(しょういだん)と言われる、爆発するのではなく、木造家屋を燃やすために燃える爆弾である。実はこの燃やす爆弾を実質的に進化させたのは、重慶爆撃を行った日本軍なのである。

 結局、この焼夷弾は、日本の都市を爆撃するのに最適であることから、最後は米軍が多用し、空襲を受けた日本の都市は丸焼けになったのは、本作品にもあったとおりである。

 主人公が自宅に落ちた焼夷弾を布団とバケツの水で消火するシーンがあったが、実際には、消すことがかなり困難な粘着性のある油の塊で、家屋に粘着したら、消火は極めて困難、万一体に付いたら、簡単には振り払うことなどできず、そのまま燃え続けるというのが実態であったことを知っていた私は、あのシーンは肝を冷やして見ていた。(簡単に消せない焼夷弾を日本軍が開発し、それを米軍が真似して、だから日本は空襲で丸焼けになったのである。)

 世界一の戦艦たる大和にはロマンも感じるが、そうでない極悪な兵器も競って作っていたという事実を久しぶりに思い起こさしてもらった。

 そういう不都合な事実ってやつも知らない人が多いだろうが歴史にはあるんだよなあ。

 そういえば、終戦直後の呉の街を写したシーンに、大極旗(大韓民国の国旗)が一つ掲揚されているように見えたのだが、見間違いなのだろうか?もし、大極旗であるなら、いったい、どういう意味だったのだろうか?

2017年3月18日 (土)

【映画】SING/シング

アメリカンドリームを描いたアメリカンアニメ、基本コンセプトはズートピアと同じですが、音楽的要素が強くてエンターテイメント性は高くて面白くて感動的な映画です。

Ws000072

動物だけが暮らす、人間世界と似た世界を舞台に、取り壊し寸前の劇場が企てた世界最高の歌のオーディションに参加しようとする、ワケありな動物たちが繰り広げる騒動を描くアニメ。劇場支配人のバスター役のマシュー・マコノヒーをはじめ人気俳優が声優を務め、レディー・ガガやザ・ビートルズらの大ヒットナンバーが60曲以上も登場する。

【ストーリー】
動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界。かつては栄えていたにも関わらず、今や客足は途絶え、取り壊し寸前の劇場支配人であるコアラのバスター・ムーン(声:マシュー・マコノヒー)。そんな彼は根っからの楽天家で自分の劇場を何よりも愛し、劇場を守るためなら何でもしようと決心、最後のチャンスとして世界最高の歌のオーディションを開催する。当日、会場にやって来たのは個性溢れる動物たち。貪欲で高慢な自己チューのハツカネズミのマイク(声:セス・マクファーレン)、ステージに上がることに恐怖心を持つ内気なティーンエイジャー、象のミーナ(声:トリー・ケリー)、25匹の子ブタたちの育児に追われる主婦のロジータ(声:リース・ウィザースプーン)、ギャングファミリーを抜け出し歌手を夢見るゴリラのジョニー(声:タロン・エガートン)、横柄な彼氏を捨ててソロになるべきか葛藤するパンクロッカー、ヤマアラシのアッシュ(声:スカーレット・ヨハンソン)、常にパーティー気分の陽気なブタ、グンター(声:ニック・クロール)……。人生を変えるチャンスを掴むため、5名の候補枠をめぐり動物たちが熱唱、それぞれの歌を披露する……。

【作品データ】
原題 SING
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 108分
映画公式サイトへ

【スタッフ】
監督 ガース・ジェニングス 
脚本 ガース・ジェニングス 
製作 クリストファー・メレダンドリー 、 ジャネット・ヒーリー 

【キャスト】
マシュー・マコノヒー 
リース・ウィザースプーン 
セス・マクファーレン 
スカーレット・ヨハンソン 
ジョン・C・ライリー 
タロン・エガートン 
トリー・ケリー 
ニック・クロール 
ジェニファー・サウンダーズ 
ピーター・セラフィノウィッツ 
レスリー・ジョーンズ 
ジェイ・ファロア 
ニック・オファーマン 
ベック・ベネット 

【感想】
音楽の才能はないが、音楽を聞くのは好きなの私にとって、ハリウッド映画は好きでないが、ミュージカル映画は素晴らしいアメリカ映画を見るしかない。(笑)
立て続けにミュージカル映画を見たこともあり、少し食傷気味ではあるが、洋楽の大ヒット曲が映画の中でちりばめられている本作品は、それだけで満足してしまう出来である。(笑)

この音楽を絡ませたエンターテイメント性の高い映画については、アメリカに敵わないなあと思うばかりであるが、一方で、難解な映画が好きな方々(私を含むが)にとっては、人生のはかなさや社会の圧倒的な不条理さを描いて、人類の進歩の覚醒を呼び起こすような作品に出会いたいという欲求は満たされない。

また小難しいことを言ってしまったが、本作品における中盤の喪失感からの立ち直りという典型的なストーリーパターンでのラストの大団円に向かっていく湧きたつような興奮とそれを盛り上げていく伏線として仕込まれてきた家族の物語のハッピーエンドな展開、さらに感動的で場面に完全にマッチした楽曲の熱唱の連続。
やっぱりすごいアメリカらしいアニメーション映画でしたね。

追記:
 日本の楽曲(キャリーぱみゅぱみゅ)が何度か出てくるのだが、そのシーンの扱いは解せない。というか馬鹿にしている感じの扱いでもある。
 まあ、それでも他のアジアの国はもちろん、ヨーロッパの楽曲すら出て無い感じで、映画の中で日本語で歌われる楽曲の登場は、特別な意味を感じさせて、悪い気はしなかった。(そういう主張しない寛容さが日本がバカにされる要因でもあるとは思うのであるが・・・)

【ネタバレ】
 劇場再建に向けて最後の賭けとなった音楽コンテストの通しのリハーサルがうまく行きかけながら、途中からトラブルが連続的に発生して、最終的に劇場が崩壊してしまった。
 崩壊後の劇場は銀行に差し押さえられ、劇場支配人のコアラは自暴自棄になるが、そこはアメリカらしく、明るく前を見て、一から再建に奔走しだす。
 仲間の支えもあり、崩壊した劇場を応急修理して、一夜限りの賞金無しの音楽コンテストを開催するも、観客は入らず。
 それの模様を写しだすニュース映像越しの、この音楽コンテストでの熱唱に町中の人々が熱狂し、喝采を送り、大いに盛り上がる。
 最後は、恥ずかしがり屋であがり症の象の少女が人生初の舞台での熱唱に全員が感動して舞台の幕が下りる。
 この舞台を鑑賞した大富豪の往年の名歌手が劇場の権利を銀行から買い取り、劇場が再建したところで、映画は終わる。 
 めでたしめでたしという話でした。

2017年3月16日 (木)

トレラン大会一覧 2017

Trail_race_calendar
国内レースカレンダーです。2018 2019 2020
日本全国でこんなにもたくさんのトレイルランの大会があるのですね。(完走した大会もあります。)
エントリーしなきゃ!(ウルトラマラソンやマラソンはありません)
それにしても10年前とは隔世の感です。(笑)
●注意:ネットで集めた情報ですので、エントリー時期、開催の有無・日程・内容等、必ず公式サイト等でご確認ください。

★3月★
3月5日(日)
OSJ奄美ジャングルトレイル50K 鹿児島県 50km・20km
第8回十和トレイルランニング 高知県 17.7km・9.8km

3月11日(土)
神戸六甲縦走トレイルラン2017 兵庫県 42km

3月12日(日)
トレイルランナーズカップ奈良大会 奈良県 8km・4km(小中学生)
第9回 房総丘陵・養老渓谷トレイル 千葉県 28km・14km
第5回 北郷森林セラピートレイル 宮崎県 23km
第2回全日本山岳スノ-シュ-イング・レ-ス in 日光(栃木県)15km・5km

3月18日(土)
OSJ新城トレイル11K 愛知県 11km
SNOW VERTICAL DOWN 2017~NAEBA-RISING  新潟県 5km

3月19日(日)
OSJ新城トレイル32K&ダブル64K 愛知県 32km・64km
龍神の森 常陸風土記の丘 第1回 RUN UP a HILL-激坂を駈け登れ!- 茨城県 43Km(4周)・21Km(2周)・10Km(1周)・2.5Km(親子)
第5回天草観海アルプストレイルラン 熊本県 約25km
森林セラピートレイルランニング大会 in のつはる 大分県 40km

3月20日(祝)
みちのく湖畔FUNトレイルフェスタ 宮城県 6km・3km

3月26日(日)
瀬戸内アイランドトレイル in 呉・とびしま2017 広島県 22km・11km・2.6km
2017熊野古道中辺路マウンテンランレース 和歌山県 32km・18km・9km
第10回DT-DNM(どんづる峰~水越峠)奈良県 15.7km
第2回ban.Kゲレンデスロープラン 北海道 5km・800m(ジュニア)
上峰町つばきの森トレイル 佐賀県 7km

★4月★
4月2日(日)
第19回青梅高水山トレイルラン 東京都 15km・30km
ハセツネ30k 東京都 32km
多度山トレイルラン 三重県 24km・13km・3km 
京都東山トレイル 桜花RUN 比叡山越え 京都府 約24km
希望が丘トレイルランニングレース 滋賀県 17km
2017年春のカントリーレース 福岡県 約24km

4月8日(土)
SNOW VERTICAL down 2017 in HAKUBA 長野県 4km

4月9日(日)
べっぷ鶴見岳一気登山大会 大分県 12km
第4回愛知こどもの国トレイルランレース  愛知県 20km(ソロ・リレー)・10km・3km(小4-6)・1.5km(小1-3)・0.6km(〜小2)
正木山トレイルラン 岡山県 26km・15m
第43回大阪府チャレンジ登山大会 大阪府 36km

4月15日(土)
第12回京都一周トレイルラン2017(東山コース) 京都府 30km

4月16日(日)
トレイルランナーズカップ三条大会 新潟県 6km・3km(小中学生)
北九州・平尾台トレイルランニングレース 福岡県 40km・17km
第2回 熱海・姫の沢公園トレイルラン 静岡県 5.5km・11km・22km
第7回中山連山・北摂大峰山TRANIC STAGE 兵庫県 13km
第2回KANAGAWA JR TRAILRUN in 逗子・神武寺 神奈川県 1km・1.5km・2km・2.5km
第6回新緑の奥武蔵もろやまトレイルラン 埼玉県 24km・13km
北九州・平尾台トレイルランニングレース 福岡県 40km・17km

4月22日(土)
善光寺ラウンドトレイル 長野県 17km・7km・2km(キッズ)
FunTrails Round 名栗トレイルランレース 埼玉県 25.6km

4月23日(日)
第9回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース 神奈川県 32.1km
第5回さくらおろち湖トレイルランニングレース 島根県 27km・15km
第2回 多良の森トレイルランニング 長崎県 39km・19km
第11回DT-MKK(水越峠~紀見峠)大阪府 15.7km

4月29日(祝)
果物と自然の里 第十回いしおかトレイルラン大会 茨城県 50km・27km・17km・9km
兵庫波賀トレイルランニング2017 兵庫県 12.4km・7.5km・5km(親子)

4月30日(日)
第3回 奥三河パワートレイル 愛知県 70km
GAMBARUZO!ふくしま ゲレンデ逆走マラソン 福島県 5km・10km

★5月★
5月3日(祝)
2017 UEDA VERTICAL RACE -太郎山登山競走- 長野県 5km(+1000m)・3.3km(+700m)

5月4日(日)
奥四万十トレイルレース2017 in 松葉川 高知県 35km

5月5日(祝)
第9回TOKYO Jr TRAILRUN 東京都 3km・2km・1.5km・1km

5月6日(土)
みなと舞鶴とれとれトレイルラン in 大浦 京都府 33km

5月7日(日)
第7回TOKYO成木の森トレイルラン 東京都 25km
高社バーティカルキロメーター 長野県 5km +1000m

5月13日(土)
比叡山インターナショナルトレイルラン 滋賀県 約50km
阿蘇ラウンドトレイル 熊本県 105km

5月14日(日)
第4回十津川トレイルラン2017 奈良県 35km
第9回道志村トレイルレース 山梨県 42km・20.4km
Da MONDE TRAIL Challenge 3H耐久トレイルレース 愛知県 3時間耐久(約2.7km/周)
第8回トレイルランニング in 山の里 兵庫県 約3km周回 10周(個人、リレー)・6周・3周・1周・1.8km
奥四万十トレイルレース2017 in 松葉川 高知県 35km・2.6km

5月20日(土)
TOGA天空トレイルラン 富山県 40.9km・31.9km・18.5km・12.9km
経ヶ岳バーティカルリミット 長野県 21km・12km・1~3km(キッズ)
第7回野麦トレイル10マイルレース 長野県 10マイル(16km)・7マイル(11km)
第2回トレニックワールド100mile & 110km in 彩の国  (埼玉県) 100mile・110km

5月21日(日)
第12回DT-KIM(紀見峠~槇尾山)和歌山県 11.7km
第3回YAMANASHI Jr TRAILRUN in 武田の杜 山梨県 
第5回飯能アルプス~奥武蔵丸山トレイルラン 埼玉県 37km
名久井岳トレイルランニング 青森県 ロング、ミドル、ショート・ペア
第25回 比婆山国際スカイラン 広島県 18.5km 9km

5月27日(土)
高社バーティカルキロメーター 長野県 5km(+1000m)

5月28日(日)
KUSHIGATA WIND TRAIL 新潟県 28km・15km
第4回 宮崎鏡洲の森トレイル 宮崎県 26km・13km
第2回ひろしま恐羅漢トレイル in 安芸太田 広島県 65km・27km
OSJ奥久慈トレイルレース 茨城県 59km・31km
狩勝トレイルランニング 北海道 20km・12km・4km
2017陽気にトレイルランin敦賀の里山 福井県 11.5km
第7回カムイの杜トレイルラン 北海道 43km(ソロ、男女ペア)・23km(ソロ、男女ペア)・10km・5km
第17回八幡浜トレイルランニング大会 愛媛県 10km・5km・3km
第5回 信夫山パークランニングレース 福島県 10km・5km・3km

★6月★
6月3日(土)
モントレイル戸隠マウンテントレイル 長野県 20km・12km・1~3km(キッズ)

6月4日(日)
第8回 セキアヒルズトレイル駅伝 熊本県 約4km×5周(3-5名)
信州峰の原高原トレイルランニングコースサマー大会 長野県 36km・25km・13km
第5回七時雨マウンテントレイルフェス “CALDEA TRAIL”岩手県 33km・10km・3km(キッズ)
第8回浜マラソン in 山武 ・九十九里 千葉県 30Km・20Km・10km・駅伝(10km×3人)
上州八王子丘陵 ファントレイル in OTA 群馬県 24km・11km・3.1km(ペア)
第8回 富士忍野高原トレイルレース 山梨県 34.4km・23.7km・13.9km
GAMBARUZO!ふくしま ゲレンデ逆走マラソン 福島県 8km・4km・2km(親子)

6月10日(土)
サナダバーティカル100 長野県 標高差100m 距離200~300m

6月11日(日)
第4回奥飛騨トレイルラン2017  岐阜県 11km・30km
第10回記念 菅平スカイライン トレイルランレース 長野県 約42km・約21km・約5km
第6回八重山トレイルレース 山梨県 約38.55km・約22.86km
第8回 秩父の名峰・武甲山トレイルラン 埼玉県 27km
スリーピークス八ヶ岳トレイル 山梨県 38km・23km

6月18日(日)
ECHIGO COUNTRY TRAIL 新潟県 53km・15km・2.5km
大鰐町長杯 トレイルランニング in 大鰐 2017 青森県 20km・10km・3km・1.5km

6月24日(土)
“ROCKIN’ BEAR” 黒姫トレイルランニングレース 長野県 42km・13km・1~3km(キッズ)

6月25日(日)
第4回スパトレイル〔四万to草津〕2017 群馬県 約72.7㎞・約38.1km
第6回日本百名山・両神山麓トレイルラン 埼玉県 20.7km・11.1km・5km
第11回立山山麓トレイルラン 富山県 20km・14km・5km

★7月★
7月1日(土)
第7回美ヶ原トレイルラン&ウォークinながわ 長野県 100km・80km・45km・14km
びわ湖バレイスカイレース 滋賀県 24km・4km(バーティカル)

7月2日(日)
第19回北丹沢12時間山岳耐久レース 神奈川県 44.24km
GAMBARUZO!ふくしま ゲレンデ逆走マラソン 福島県 10km・5km
第5回姫ボタル瀞川平トレイルラン 兵庫県 33km・27km
トレイルランナーズカップ新潟 新潟県 13km・3km

7月8日(土)
志賀高原マウンテントレイル 長野県 40km・13km・1~3km(キッズ)

7月9日(日)
第6回世界ジオパークトレイルラン2017 兵庫県 10km・42km・60km
第5回トレニックワールド in 外秩父50km & 43km 埼玉県 50km・43km

7月15日(土)
野沢温泉バーティカルキロメーター 長野県 5km +1000m
OSJ ONTAKE100 長野県 7月16日(日) 100マイル・100km(16日)
分水嶺トレイル 東京都・山梨県・長野県 7月17日(祝) 120km・84km

7月16日(日)
The4100D マウンテントレイルin野沢温泉(長野県)7月17日(祝) 65km(ソロ,ペア,トリプル,駅伝)・23km(ソロ,ペア)・14km(ソロ,ペア)

7月22日(土)
第6回生駒トレイルラン2017夏 大阪府 20km・30km
第1回 妙高赤倉マウンテンレース バーティカル 新潟県 5km
第1回 妙高赤倉マウンテンレース トレイルラン25K  新潟県 25km

7月23日(日)
第5回大雪山ウルトラトレイル 北海道 80km・40km・15km
第5回 霧島・えびの高原エクストリームトレイル 宮崎県・鹿児島県 63km・37km・3km

7月28日(金)
富士登山競走 山梨県 21km +3000m

7月29日(土)
NOZAWA TRAIL FES 長野県 28km・12km・1~3km(キッズ)
OSJ ITAMURO 100 栃木県 100km

7月30日(日)
第3回奥比叡・仰木棚田トレイルラン2017 滋賀県 16km・28km

★8月★
8月5日(土)
GAMBARUZO!ふくしま ゲレンデ逆走マラソン 福島県 10km(1人・2人・3人・4人)・5km

8月6日(日)
トレイルランナーズカップ静岡 静岡県 6km・3km
第2回 モーニングトレイルin西原村 熊本県 15km

8月11日(祝)
第2回Mt.六甲トレイルランサマーピクニック 兵庫県 5km・10km・26km

8月20日(日)
第5回蔵王トレイルラン2017 記念大会 宮城県 42km
第3回十勝岳トレイルinかみふらの・びえい 北海道 40km・25km・10km
第2回赤城の森トレイルラン 群馬県 30km・15k
第4回白山ジオトレイル 石川県 8月26日(土) 250km(7日6ステージ)・100km(3日3ステージ)

8月21日(月)
第4回 キングオブ五木 熊本県 12km

8月27日(日)
第2回山梨みとみクリスタルトレイルラン&西沢渓谷ウォーク 山梨県

★9月★
9月2日(土)
SUZAKA YONAKO-falls SKY RACE 長野県 30km・13km・1~3km(キッズ)

9月3日(日)
第6回トレニックワールド in おごせ・ときがわ50km & 30km 埼玉県 50km・30km

9月9日(土)
蔵王バーティカルレース 山形県 4.6km +900m

9月10日(日)
第9回信州戸隠トレイルランレース 長野県 50km・28km・5km
第9回多摩川源流トレイルラン 山梨県 25km
蔵王スカイレース 山形県 28km ±2100m
第1回富良野トレイルラン&ピクニック 北海道 30km・10km
第7回 白馬国際トレイルラン2017 長野県 約50km・約35km・約20km・約7km
キタクマ・ヤッホートレイル 熊本県 21km

9月16日(土)
GAMBARUZO!ふくしま ゲレンデ逆走マラソン 福島県 3時間耐久(1周3km、ソロ・4人)

9月17日(日)
三原・白竜湖トレイルランレース 広島県 37km・20km

9月23日(土)
上州武尊山スカイビュー・ウルトラトレイル 群馬県
・第4回片品村スカイビュートレイル30 (尾瀬ほたかカップ) 約30km
・第4回みなかみ町スカイビュートレイル60 約66km
・第4回川場村山田昇メモリアルカップ(山田昇杯) 約120km

9月24日(日)
第1回鹿島槍ケ岳トレイルラン2017 長野県 12km・36km
木曽駒JAPAN ALPSスカイレース 長野県 30km
若狭路トレイルラン 福井県 約43km・約32km・約15km

9月30日(土)
粟ヶ岳バーティカルキロメ―ター 新潟県 5km・2.5km(小学生)

★10月★
10月1日(日)
粟ヶ岳スカイレース 新潟県 27km
SHINJO-HIRUZEN SUPAR TRAIL 2017 岡山県 70km・25km
アサマ2000スカイレース 長野県 12km・3km(ジュニア)
第3回 修験道トレイルin東峰村 福岡県 36km・24.5km

10月8日(日)
第4回世界遺産 五箇山・道宗道トレイルラン 富山県 36km・16km
日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)東京都 10月9日(祝) 71.5km

10月14日(土)
第13回京都一周トレイルラン2017(北山コース) 京都府 32km
第2回NAGANO JR TRAILRUN in 富士見高原 長野県 
尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター 群馬県 5km +1000m
秋吉台カルスト TRAIL RUN 2017 山口県 27km・13km(ウィメンズ)

10月15日(日)
第5回市川三郷 四尾連稜線トレイルラン 山梨県 4km・16km・8km
くわどり謙信公トレイル 新潟県 25km・8km・4km

10月21日(土)
志賀高原エクストリームトレイル 長野県 53km・35km・8km
GAMBARUZO!ふくしま ゲレンデ逆走マラソン 福島県 ハーフ・クオーター・5km

10月22日(日)
西米良スカイランニングクエスト 宮崎県 38km(±3000m)

10月29日(日)
奥四万十ウルトラトレイルレース 高知県 73km

10月30日(月)
第2回 修験道トレイルin上毛町 福岡県 25km・4km

★11月★
11月5日(日)
第4回大月桃太郎伝説 扇山~百蔵山トレイルラン 山梨県 25km・13km・3km

11月11日(土)
第6回ダイヤモンドトレイルラン 奈良県 36km
科野の国ラウンドトレイル 長野県 32km・9km・1~3km(キッズ)
OMM JAPAN 2017 長野県 11月12日(日) 約55km・約35km

11月12日(日)
第9回 神流マウンテンラン&ウォーク 群馬県 50km(シングル・ペア)・40km・27km

11月19日(日)
第8回中山連山・北摂大峰山TRANIC STAGE 兵庫県 13km

11月26日(日)
第3回石和・春日居温泉郷 富士山眺望トレイルラン&ウォーク 山梨県 29km・11km
第4回 錦江町でんしろうトレイル 鹿児島県 30km

★12月★
12月2日(土)
第15回奥武蔵伊豆ヶ岳クイーンズトレイルラン 埼玉県 17km

12月3日(日)
カントリーレース秋 福岡県 24km

12月9日(土)
第5回 国頭トレイルランニング大会 沖縄県 19km(個人,団体, ペア)・12km・8.8km(ウォーク)

12月10日(日)
第18回みたけ山トレイルラン 東京都 15km

12月17日(日)
房総横断トレイル&アウトドアクエスト 千葉県 70km他
第5回 藺牟田池外輪山トレイル 鹿児島県 1周6km×1〜5周

12月23日(日)
第3回TOKYO八峰マウンテントレイル 東京都 40km
いちごトレイルラン 千葉県 20km(1周5km) 個人・リレー(2-4名)

※主にトレイルランニング情報サイト「トレイルランナー.jp」から引用しました。ありがとうございました。m(__)m

●注意:ネットで集めた情報ですので、開催の有無・日程・内容等、必ずご自身で公式サイト等でご確認ください。

2017年3月14日 (火)

【書評】結果が出せる「心拍トレーニング」 中野ジェームズ修一/著

Ws000071

サブタイトル「簡単!ムダなし! 身体を変えるメソッド集」

ランニング歴は10年、そこそこの数の大会に出場してはいるし、ランニングの師匠もいて、月間走行距離が700kmを超えたこともあるが、誰かに教えてもらったことはない。

特に困っていなかったので、ここまでやってきたのだが、寄る年波には勝てないというか、体に痛みが出るようになってきたところで、中野ジェームズ修一さんという名トレーナーさんがいるという情報を得た。

そこで、本著作を読んだという訳である。

本著には、いろいろなことが書かれているが、何でも知っていないと気が済まなくて、しかもそれが自分の理屈に合うまで、とことん調べる性質なので、実のところ本著の理論的な部分はほとんど知識としては知っていた。

が、新しい知見というか、知ってたけどやっていなかったことが、いくつもあったので備忘録的にメモしたい。

●運動前はストレッチより、ウォームアップ
  筋肉が冷えた状態でのストレッチは筋繊維を傷める。
  運動前にはストレッチでなくウォームアップ

●脳の疲労回復には、軽い運動
  だから仕事の後の帰宅ランすると頭がすっきりするのか。

●食事で十分なたんぱく質が摂れればプロテインは必要ない
  実行済み

●トレッドミルで走るときには傾斜を付ける
  トレッドミルが平らな状態は、屋外のゆるやかな下り坂に相当
  1.5%から2%の傾斜で、やっと屋外の平坦な道に相当 → これは次から実行しよう

●可動域を確保しつつ筋力を向上させること
  マシントレーニングで筋肉の断面積を増やすことに集中し過ぎると、関節の可動域が狭くなる。

●腹横筋を鍛えて内臓の揺れを抑える
  腹筋運動では腹直筋が鍛えられるだけなので、プランクで腹横筋を鍛えること

●こまめにストレッチ
  長時間のデスクワークには動的ストレッチ(首や肩を回す、腰をひねる等)で血流促進

【感想】
 名著「BORN TO RUN」のストレッチ不要を心の拠り所に、ストレッチをしないで、これまでランニング人生を続けてきたが、もはや身体が持たなくなってきた。
 なので、主治医や本著などの助言に素直に従うことにする。
 実際、ストレッチの効果は、出てきている。
 あと5年は、今の体力を維持し、故障しないで、走って、走って、走りまくりたいから(笑)

2017年3月12日 (日)

【映画】モアナと伝説の海(ディズニー)

少女が成長しながらのハラハラドキドキの冒険譚をディズニーが描けば、面白いに決まってます。(笑)
それにしても、ディズニーのCGアニメの進化は凄まじい。

Moana_2

南の島で育ち、“海に選ばれた少女”モアナの冒険を描く、ディズニー・アニメーションによる神秘的なストーリー。『リトル・マーメイド』や『アラジン』といったヒット作を送り出してきたロン・クレメンツ&ジョン・マスカーが監督を務め、命を吹き込まれたかのような海を描く映像美と、ミュージカルナンバーで物語を盛り上げる。

【ストーリー】
数々の伝説が残る島で生まれ育った16歳の美しい少女・モアナ(声:アウリィ・カルバーリョ)は、幼いころのある体験がきっかけで海と運命的な絆で結ばれている。いつしか海に愛されるという特別な力を持つようになったモアナは、世界をひとつにつなぐ大海原へ、神秘に満ちた冒険の旅に出る……。

【作品データ】
原題 MOANA
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 107分
映画公式サイトへ

【スタッフ】
監督 ロン・クレメンツ 、 ジョン・マスカー 
脚本 ジャレド・ブッシュ 
製作総指揮 ジョン・ラセター 
製作 オスナット・シューラー 
プロダクションデザイナー イアン・グッディング 
音楽 リン=マニュエル・ミランダ 、 マーク・マンシーナ 、 オペタイア・フォアイ 
コレオグラファー ティアナ・リウファウ 
アニメーター エリック・ゴールドバーグ 

【キャスト】
モアナ アウリィ・カルバーリョ  屋比久 知奈(やびく ともな)
マウイ ドゥエイン・ジョンソン  尾上 松也
トゥイ テムエラ・モリソン 
タラおばあちゃん レイチェル・ハウス  夏木マリ
シーナ ニコール・シャージンガー 
タマトア ジェマイン・クレメント  ROLLY
ヘイヘイ アラン・テュディック

【感想】
もう一人の主人公であるマウイ、恐らくはハワイなど太平洋の海洋民族の神話をモチーフに作られたキャラクターなんであろうと思うが、こういうキャラクターは日本人には想像できないので創造できない。
そして、ミュージカル調であって、さらに実写映画でのCG技術をアニメーションに惜しみなく投入した映像は、なんといっていいかわからないが、ジブリのアニメと同じような雰囲気、つまりは映像に余裕のようなものがあって、完全に映画の世界に誘ってくれる。
そういう、力のあるアニメーションであることに加え、一応、ヨットも嗜む私的には、主人公が操るヨットが海を疾走するシーンを見て、完全にハートを掴まれた。

「アナと雪の女王」の海版みたいな感じですが、雪より海の方が好きな私は、独特なマウイのキャラクターと変なニワトリがいる、こちらの方が好きですね。(笑)

【ネタバレ】
心を奪われた女神が闇を作る火山の化身になっていたが、マウイの奮闘とモアナの渾身の歌唱により、なんとか女神に心を戻すことに成功し、女神は元に戻り、マウイの釣り針も元に戻って、モアナは無事にふるさとの島に戻って、の完全なるハッピーエンドでした。

2017年3月11日 (土)

房総丘陵・養老渓谷トレランショートコース完走解説

大好きな房総丘陵トレランレースにいつの間に、養老渓谷ってのが付いたのだろうか?

などとくだらないことはともかく、第9回なんですね。

ところが、今回は小江戸大江戸マラニックとの連戦になるため、出場自重したのであるが、結局、元気なので、弟子のために前日試走してきました。

出遅れたのと、前回ロングを完走しているので、今回は14kmのショートコースにしました。

●GPS記録
Bouso
Sはスタート地点ですが、GPS計測がスタートしたのかを確かめないで走りだしたので、しばらく計測できなかったようです。
Gはゴールですが、スタート地点でもあります。

●高低図
Ws000069
スタート地点から2キロは切れてます。

●コース解説
 まず、スタートから舗装路の下りです。
 少し上って、しばらくアップダウンの続く舗装路が続きます。
 この辺りは、初心者を含め誰でも走れる区間です。
 復路との合流地点から心臓破りの登り坂道となります。
 上り坂に自信のない人は、ここは我慢の歩きです。
 一気に標高100m登ると、その後一気に100m下ります。
 舗装路なので、誰でも走って下れます。
 円形の奇妙な白い建物が見えたら、ショートコースは右に曲がります。
Dsc01304


 川沿いに上流に向かってしばらく舗装路を走りますが、傾斜はそれほどでないので走れます。
 やがて、トレイルに入るとすぐに、梅ヶ瀬渓谷に入り、川床を走ることとなります。
 渡渉が何度も続きます。
Dsc01344


 川は浅く、渡渉地点には、飛び石がありますので、そこを進めばシューズが濡れることはありませんが、小さい石が多いので、渡渉に時間がかかります。
 タイムを気にされる方は、川は浅いので、飛び石を無視して、バシャバシャと川に入って渡るとタイムを縮められます。
 いい加減、川に飽きたころ、大福山への登りが始まります。
Dsc01400


 最初はものすごい登りなのですが、100mほど登ると、ヤセ尾根を登ったり下ったりで、その後、標高差50mの計150m登ると、大福山山頂手前の舗装路に出ます。(9.5km付近)
 コースは右に曲がりますが、コースから外れて、左に進むと大福山山頂にあたる白鳥神社に表示150mで到達できます。
 立派なご神木があります。

 コースを進むと、すぐに大福山展望台の分岐があります。
 もし余裕があれば、展望台に進むと房総半島の大展望が臨めます。
Ws000070


 コースを進むと下り基調の舗装路をかっ飛ばせます。
 やがて右に分岐(12km付近)となると、コンクリートの林道の激下りで、その後、初めての下りのトレイルが出てきます。
 ショートコースではここしか下りのトレイルはありませんから、トレイルランレースらしく、しっかり走ってください。(笑)
 一気に標高100m下ると、房総半島特有の谷津田に降りて、緩やかに下り、何度か短い隧道(トンネル)を走り抜けます。
 やがて、スタート地点に続く舗装路に合流し、アップダウンを繰り返しながら、駆け抜けると、白鳥保育所の前を通過し、旧白鳥小学校のゴールに到着です。

2017年3月 8日 (水)

【書評】ローマ法王に米を食べさせた男 高野誠鮮/著

Roma_2

副題は「過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?」

著者は、羽咋市役所の職員、つまり地方公務員である。
羽咋は石川県にあって、能登半島の付け根にある地方都市である。
石川県は妻の故郷であり、何度も通過したことがある場所であるのだが、ローマ法王が食べた米があるとは知らなかった。

いやいや、話がそれたが、この著者の方がすごいと思ったのは、スーパー公務員と言われ始めたのが、50歳を過ぎてからであるということ。

どうやら地方の市役所では目立ち過ぎていたのか、出る杭は打たれる状態であり、左遷気味に48歳で農林水産課に飛ばされたところからこの話は始まる。

とにかくこの方の発想は、ユニークを通り越して、型破りなのである。

普通なら予算は1円でも多い方が良いのに、たった60万円の予算で過疎の村を再生するプロジェクトを立ち上げたり、そしてその低予算でのプロジェクト立ち上げの代わりに市長に談判して市役所内では会議を開くことなく、自分だけで意思決定できるようにしたりと、おおよそ市役所らしくない、民主的なプロセスを無視した、それゆえに強引に物事が進められる仕組みを手に入れ、そこから自身の大胆な発想を次々と実行し、その中に本著のタイトルとなったローマ法王に米を献上するとか、ありとあらゆる公務員の仕事とは思えない斬新なアプローチで最終的に過疎の村の再生を成し遂げているのである。

しかも、そんな型破りな手法だけでなく、執念深いともいえるほどの粘り強さもあるのもこの方のすごいところだ。

例えば、反対派で凝り固まった農村の意識を変えるため、反対意見しか出ないのに、毎週のように村人を集めては集会を開いて、こんこんと話を聞き、丁寧に説明を行い、それで徐々に皆を納得させたとか、ありとあらゆる海外メディアに扱ってもらえるかどうかも分からないような地方のニュースを伝えまくって、海外からの取材で国内のマスメディアにニュースで扱ってもらえるようにしたりとか、その発想の自由さ、いや奇想天外さとそれをやり続けるパワフルさは、他に例をみないといってよいだろう。

もうアラフィフだからと、最近はすっかり消極的・保身的な私なんぞ、恥ずかしくて、本著の書評など書ける立場ではないのであるが、素直に感動したし、パワーをもらえた気がしたので、恥を顧みず、記事掲載した次第である。

とにかく、今度、金沢帰省したら、羽咋の神子原地区に寄ってみようっと。(ローマ法王が食べたお米、まだ買えるかな?)

2017年3月 5日 (日)

小江戸大江戸マラニック大会2017の完走率

かずさん、独自調べ(単に途中経過サイトから調べただけです(笑))

●小江戸大江戸230kコース(233km)

40人出走 12人完走 完走率 30%

優勝 岩立 幸一選手 26:57:18.98

残念ながら女性は完走者ゼロでした(出走8人)

●小江戸大江戸200kコース(204km)

384人出走 241人完走 完走率 62.8%

優勝  高橋 伸幸選手 20:47:15.85

女性優勝者  廣澤 志保選手 24:17:03.64
※昨年小江戸コース優勝者、さすがです。

●小江戸コース(91km)

75人出走 55人完走 完走率 73.3%

優勝 最上 格選手 7:28:21.00

女性優勝 加藤 恵美選手 10:28:59.69
※抜きつ抜かれつしましたが、最後は離されました。

●大江戸ナイトランコース(113km)

出走141人 111人完走 完走率 78.7%

優勝 赤羽 海衆選手 10:39:59.90

女性優勝 飯塚 直美選手 13:30:54.63
※女将さん、さすがです。

昨年の小江戸大江戸マラニックの完走率はこちら

昨年より230kは、完走率が半減してますね。あと小江戸コースも完走率が低いですね。初日の暑さのせいでしょうか?

→今回の小江戸大江戸マラニック結果報告はこちら

小江戸大江戸マラニック結果報告

完走しました!との報告ができず、申し訳ありません。91km地点でリタイアしました。

今回は、珍しくいろいろな人たちと出会い、話ができて、序盤はとても楽しく走れました。
しかし、練習不足だったことで、体力的なことはもちろんのこと、精神的に粘ることができませんでした。

デジカメを忘れましたが、スマホの写真や過去の写真やらで、コース全編のほとんどの写真はありますので、ご参考まで

小江戸コース写真(前回完走時写真)
□川越から新宿都庁舎(写真なし)
新宿都庁舎から駒込まで(試走会写真)
駒込から川越まで(単独試走会写真)

小江戸大江戸マラニック大会2017の完走率

途中までの記録は次のとおり

Ws000065_2

ちなみに昨年の小江戸の記録は以下のとおり

吉見  1:55
手島  2:57
浄恩寺 4:46
唐子  6:57
川越  8:58

川越到着が昨年より1時間45分も遅れるとは、想像してませんでした。
これほどの失速であり、苦しい走りだったということです。

しかしながら、思い起こしてみると、昨年の小江戸マラニックの快走は川の道フルの完走に向けて、月間500キロのノルマで走り込んでいたから完走できたのですね。

<今回のレース経過のポイント>
・バカロード師匠の応援メッセージ
・とりあえずMで
・S石さん
・後輩W君
・BB君
・川の道チャンピオンとの会話
・H池さん
・春らしい菜の花の堰堤
・サハラマラソンを目指すランナー
・35km過ぎからの苦闘
・リタイア・ヘビーローテーション
・コースマーシャルK暮さんとの再会
・一年越しのうどん
・マッサージ
・復活
・またもロスト
・しかし大人の事情でリタイア

●GPS記録
 工事中

結局6時間弱の睡眠で4時半に起床し、支度をして5時に自宅を出発。高速に乗ってデジカメを忘れたことに気が付くが、諦めて進む。6時半に川越に到着し、コインパーキングに駐車。24時間以上駐車の場合、連絡要とのことで、コールセンター電話した。
その後、蓮馨寺で受付。Tシャツのサイズを聞かれたので、「じゃあ、Mサイズで」と答えると隣にいたジョイナーさんが大爆笑。「じゃあ、Mサイズって、(マクドナルドじゃあるまいし)」。
受付で朝一番の笑いを導き出せて、幸いでした。(笑)

●大会スタート
20170304_080043
前回は並んでスタートしましたが、今回は最後尾スタートと決めて、スタートラインの反対側から応援ギャラリーのごとく写真撮影してました。
その際、瀬戸内行脚でお世話となったS石さんと少し話をしました。
今回はスタッフとしての参加とのことでした。

●ほぼ最後尾スタート
20170304_080855
私の直前は、後輩のW君。お互いに「月曜日の仕事を考えると厳しいね」などの会話して最後尾まで待ちました。向こうは午後から休もうかなんて言ってましたが、こちらは月曜日は朝から120%で仕事しないといけない状況なので気が重くなってますが、それはあまり考えずに楽しくスタートしました。

川越の古い町並みを抜け、5kmほど進んで田園地帯に入るころまでに、200人くらい抜かしました。川の道フルの大会記録を持っているU澤選手もいました。脚が故障中でスピードが出せないとのことでした。私とはレベルの違う、超人・鉄人のようなレジェンドランナーでも故障するというのも、同世代(アラフィフ)ならではの曲がり角なのでしょうか?なんて考えてしまいました。

●田園地帯(5キロ付近)
20170304_083605
関東平野の広大さを感じます。遥か前方に富士山のような白い雪の冠を抱く山容が見えました。浅間山だと思いますが、ほんと富士山そっくりですね。浅間信仰って、富士山と浅間山の両方のことなのかしら?

まだ、この頃は、調子よくキロ6分を切るペースで進めてました。

この先で、スパルタスロンを一緒に走ったBB君を抜きました。
「ゆっくりペースですね」に対し「スパルタスロンのころが全盛期でした。」と返されました。
「何をおっしゃいますか(まだ若いのに)」と答えて先に進みました。

その後、川の道フルの優勝者を一度抜かしましたが、再度抜かされる際に、チャンピオン自ら話しかけてくださいました。

お話するのは初めてでしたが、とても嬉しかったです。

話したことなく、川の道でも、序盤に一声抜かしただけの関係でしたから。
その時の写真はこちら
Dsc01769
右側のランナーです。
その記事はコチラ→川の道フットレース完走記03(CP1彩湖畔-CP3桜堤)

●荒川河川敷
20170304_093338

風の強い河川敷でしたが、今日は南からのフォローの風で走りやすかったです。
しかし、日差しは強く、フォローで風を感じず、しかも乾燥していたので、汗がすぐ気化をして、暑さを感じず、汗を流した感を感じず、無自覚のうちに、脱水状態に多くのランナーが陥るだろうと思いながら走っていました。

●第1吉見エイド(21.2km地点)
20170304_101003
パンをたくさんいただきました。

●菜の花
20170304_101940
堰堤の土手に菜の花が咲いていました。

●手島エイド(32.7km)
20170304_112027
稲荷ずし、パクつきました。

●サハラマラソン
20170304_1140290
左のランナーのリュックに「2017サハラ」って貼ってありました。
話聞きたかったのですが、スピード的にも余裕なく、離されていきました。
いつ行ける?2週間も休めるのか?60歳になってからだなと心の中で、自問自答しちゃいました。

35km過ぎからは、脚が前に出なくて、地獄の苦しみとはこのことでした。
歩くのだけは、NGと何とか、足を前に出して走り続けましたが、心の中は「リタイア、どこでしようか?」「やはり川越か?」「理由は月曜の仕事のためだ!」

そんな頭の中は「リタイア・ヘビーローテーション」状態でした。(笑)

●浄恩寺(51.8km地点)
20170304_133040
ハムサンド、イチゴジャム・ホイップクリーム乗せサンドいただきました。

●コースマーシャル
20170304_142026
10時間ペースでごみを拾いながらのボランティアランに感謝です。
ちなみにこの方、川の道和田邸で激励いただいたK暮さんでした。
再会、嬉しかったです。

●菅谷城跡
20170304_153446
城ゲットできました。(スマホゲームの話です。)
状態が悪すぎて、位置ゲームでもしながらでないと走れませんでした。

●唐子エイド(72km)
20170304_160440
20170304_160450_3
記念撮影していただきました。ブログにアップするとどうしても逆さま表示になるのですが、解決策が見つからないので、とりあえず逆さで掲載しました。ごめんなさい。

ここでは、昨年食べられなかった(正確には9時間切りのため時間に余裕がなくて、ごめんなさいしたのですが)うどん、いただきました。

他にプリンにコーヒーゼリーも2個ずついただきました。

状態は最悪でしたところに、マッサージの案内があり、思わず手を上げました。

整体の先生に10分少々、じっくりとマッサージしていただきました。先生も走られているとのことで、いろいろな相談をさせていただき、それに丁寧にお答え頂き、体と心のケアしていただきました。ありがとうございました。

しっかりリフレッシュできて、リタイアする必要が無いのでは?という感じで出発できました。

●足の長ーい影(76km地点)
20170304_170032
これも縦にできずすいません。
すっかり日が傾いて、脚の長ーい影に感動しました。

いつものようにゴールが近づくと元気が出てきて、走れるようになりました。
同じ230kmの選手に引っ張ってもらう形で付いていったのですが、あれ?右に曲がるんですか?と思ったら、私の後ろのランナーもついていったので、地図を見ることなく500m位進むと、先頭のランナーが「コース間違えてますかね?」と戻ってきたので、「確かにそろそろゴールの距離なのにそんな気配がないですね」と答えて、6,7人のランナーで戻りました。

500mの往復1kmくらいのオーバーランでした。(笑)

コースに戻って、自分が引っ張る形で、間違ったメンバーの内、最初に川越に到着しました。

●川越(91.3km)
20170304_185725
大盛りカップラーメンを食べながら、リタイアすべきかどうか?考えながら食べていました。

まだ25時間あるし、完走はできるだろうが、月曜日、仕事になるのか?

大人の事情で決断しました。

結論は、主催者にリタイア宣言して、IC計測バンドと記録表を提出して、川越エイドを後にしました。主催者の温かい言葉に感動しました。この大会の素晴らしいところですね。

リタイア後は、切ないような後悔の気持ちも湧いてきましたが、川越を後にしました。

練習不足を大反省しながら運転しました。今月と来月、絶対に500キロ走って、川の道ハーフでは、満足な走りをするぞと誓って、無事帰宅しました。

2017年3月 3日 (金)

小江戸大江戸マラニックの装備&レース計画

Ws000064
いよいよ明日から小江戸大江戸マラニック大会だ。

200kmに参加したかったのだが、やむを得ず230kmに参加を余儀なくされた。

結局、業務多忙で、1回しかトレーニングしないで、果たして満足に走れるのか?

それとも、必殺の一夜漬けというか1時間トレーニングの成果を証明できるのか?

さて、装備とレース計画は以下のとおり

【装備】
ウエア上
 ファイントラックメッシュ×2、半袖ハーフジップ、長袖トレーナー、アームウォーマー

ウエア下
 ユニクロスポーツタイツ、ハーフパンツ、

シューズ
 ミズノイダテン、五本指レースソックス

アクセサリ
 バッグ(ULTIMATE)、バイザー、グローブ×2、GPS腕時計、反射材

携行品
 新ボトル、スマホ、デジカメ、食料、地図、お金、ファーストエイドキット、ヘッドライト、ウインドブレーカー上下 

【レース計画】
①吉見エイド 21.2km 10:05
②手島エイド 32.7km 11:15
③浄恩寺エイド 51.8km 13:15
④唐子エイド 72km 15:20
⑤蓮馨寺 91.3km 17:25
⑥成願寺 128km 22:45
⑦こあしす 144.1km 01:00
⑧おしなり 156.1km 03:00
⑨秋ヶ瀬 189.9km 09:00
⑩蓮馨寺 204.2km 11:00
⑪秋ヶ瀬 218.4km 13:00
⑫蓮馨寺ゴール 232.7km 15:00

序盤は昨年の小江戸マラニックの快走のイメージで進みたいですね。
東京都心部は信号待ちが多いでしょうが、都会なのでなんとかなるでしょう。
やはりポイントは終盤の⑨から⑫まででしょうね。
ここが230kmの部の真骨頂ですね。
一度ゴールしてまた戻る。500mくらいは戻ったこともありますが、30kmも戻るとなると、精神的に参りそうだな・・・。

とにかく、寒風の冬空の下の大都会を楽しく彷徨ってきます!

結果報告はコチラ→小江戸大江戸マラニック結果報告

【映画】ラ・ラ・ランド(アメリカ)

私、いい意味で期待を裏切られる展開が好きなのです。そういう意味でこの古き良きミュージカルテイストの映画は懐かしくありながら、思わぬ展開が最高でした。
そして、男の切ないロマンチシズムに、私はキュンキュンきて涙しました。でも女性はイラついたことでしょうね(笑)

Lala01

第87回アカデミー賞で3部門に輝くなど、数々の映画賞を受賞した『セッション』のデイミアン・チャゼル監督が、ロサンゼルスを舞台に夢を追う男女の恋を描くミュージカル映画。女優志望のミアをエマ・ストーン、ジャズピアニストのセバスチャンをライアン・ゴズリングが演じ、華麗な歌やダンスを披露する。

【ストーリー】
 アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続けているが、落ちてばかりだった。ある日、ふと立ち寄った場末のバーで、ピアノを弾いているセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼の夢は、自分の店を持って思う存分本格的なジャズを演奏することだった。恋に落ち、互いに応援しあう二人。しかしセバスチャンが生活のために加入したバンドが売れ、二人の関係が変わってしまう。

Lala04

【作品データ】
原題 LA LA LAND
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ=ポニーキャニオン
上映時間 128分
映画公式サイトへ

【スタッフ】
監督 デイミアン・チャゼル 
脚本 デイミアン・チャゼル 
エグゼクティブプロデューサー モリー・スミス 、トレント・ラッキンビル 、サド・ラッキンビル 
製作 フレッド・バーガー 、ジョーダン・ホロヴィッツ 、ゲイリー・ギルバート 、マーク・プラット 
撮影監督 リヌス・サンドグレン 
プロダクション・デザイン デイヴィッド・ワスコ 
音楽監督 スティーブン・ギシュツキ 
エグゼクティブ音楽プロデューサー マリウス・デ・ヴリーズ 
編集 トム・クロス 
衣装デザイナー メアリー・ゾフレス 
作詞 ベンジ・パセック 、 ジャスティン・ポール 
作曲 ジャスティン・ハーウィッツ 
振付 マンディ・ムーア 

Lala05

【キャスト】
セバスチャン ライアン・ゴズリング 
ミア エマ・ストーン 
トレイシー カリー・ヘルナンデス 
アレクシス ジェシカ・ローゼンバーグ 
ケイトリン ソノヤ・ミズノ 
ローラ ローズマリー・デウィット 
ビル J・K・シモンズ 
グレッグ フィン・ウィットロック 
キース ジョン・レジェンド 

【感想】
まず最初にご報告すべきは、エンドタイトルクレジットを見るまで、主演女優がエマ・ストーンである認識がなかった。(もちろん主演男優のライアン・ゴズリングに至っては、認識ゼロ)
ミュージカル映画ということもあり、勝手な先入観で、歌のうまい女優さんが主役に抜擢されたのか?でもこの女優さん、演技うまいなあって、観ていたのだ。
ハリウッド映画をあまり観ていないにしても、と言い訳しようと思ったら、昨年観た「バードマン」にも出演していたのに、認識できなかったとは、なんだかな・・・。

少しぼやきつつも、それほどまでに事前情報つまり予備知識を持たずに映画鑑賞するのが私の流儀であるし、その方が予断なく、映画を楽しめると思っている。(なのでネタバレなんかは絶対に見ないのであるが、ネタバレを欲している人もいるようなので、それに甘えて、自分の備忘録としてネタバレ掲載してます。)

さて、わが人生に足りないスキルは、音楽と料理だと思っている私にとって、若くてハンサムで、さらには素晴らしいピアノの才能を持ってる男性主人公には、羨望を超えて、友達になりたいような理想的な人物のごときである。
男性主人公であるセバスチャンは自分の夢に対し、妥協をしないで一直線に、つまりはわがままに生きてきたのであるが、もう一人の主人公であるミアとの出会いによって、少しずつ変化していく。
彼女の夢をかなえることを望み、彼女の思いを受け止めて、自分のわがままを抑えて、彼女の夢が実現しそうになると、励まし、背中を押し、その結果はおじさんいとっては、泣けましたね。

男は黙って、ピアノを弾いて、最後は笑顔

切ないはずなのに、かっこよすぎ!

Lala03
冒頭の渋滞した高速道路での大ダンスシーンは、どうやって撮ったんだろうか?というぐらい秀逸なダンスの一体感と流れるようなカメラワークに感嘆しました。

【ネタバレ(終盤のストーリー)】
最悪の出会いから、偶然の再会、やがて二人は恋に落ちた。セバスチャンは自分の夢の実現のためにお金を貯めているというようなミアと彼女の母親との電話の話を聞いて、自分の音楽の方向性と違うバンドに参加したら、売れっ子になって、ツアーで忙しくなり、すれ違いが生じてきた。
サプライズでの食事会では、言い争いになるし、大事な彼女の初のひとり芝居の舞台を仕事で見ることが出来ず、また、彼女はひとり芝居の観客の少なさなどに失意して、故郷に戻ってしまう。
しばらくして、ミアのひとり芝居を気にいった映画関係者からセバスチャンの携帯にオーディションの連絡が入り、セバスチャンは車で彼女の故郷に出向く。
彼女は才能がないからオーディションに行かないと言うが、セバスチャンは彼女を説得し、翌朝8時に迎えに来ると言って別れる。
翌朝8時過ぎても彼女は来ないので出発しようとするとミアが現れ、オーディションを受ける。映画はパリで撮影とのことで合格する。
彼との関係を気にするミアに対し、セバスチャンは女優になるという夢の実現のために映画に真剣に向き合えと伝えて、別々ながら共に夢に向かって歩むことを誓う。
シーンは5年後に移って、大女優となったミアは、かつてアルバイトしていた映画撮影所前のカフェにコーヒーを買いに行くシーンから始まり、セバスチャンは自分の夢のジャズバーを運営していて、双方とも夢をかなえていた。
大豪邸に到着したミアには幼い子供がいて、あー良かったと思った瞬間、その子の父親は別の男性で、試写会に出かけるところだった。
冒頭のシーン同様に高速道路の大渋滞からミア夫婦は試写会から食事に切り替え、高速を降りた。食事が終わって、夜道を二人で歩いていると、音楽が聞こえてきて、二人はそこに立ち寄ることにした。
店の中に入って、店のエンブレムが映ると、それはかつてミアがセバスチャンの店のエンブレムをデザインしたものだった。彼の存在を悟ったミアであるが、そのまま最前列近くの席に座って演奏を聴いていると、演奏が終わって、バンドの紹介をするセバスチャンと目が合った。
言葉を失うセバスチャンであったが、次に一曲は、セバスチャンが彼女のためによく歌っていた曲を弾いた。その彼の表情はとてつもなく悲しげであった。演奏している間に、画面は走馬灯のように過去のシーンと大事な選択の場面が少し違うシーン、例えば一緒にパリに行って、やがて、二人は結婚して子供が出来て、最後は二人で仲良くセバスチャンのジャズバーでジャズを聴いているシーンでセバスチャンの演奏が終わった。
いたたまれなくなったミアは今の旦那と席を立つが、最後出口で振り返ると、ステージ上のセバスチャンと目があい、しばらく見つめ合った。
そして、最後にセバスチャンは少し微笑んだ、それに安心したかのようにミアも微笑んで彼の店から出て行った。

男のロマンチシズムも、彼女の幸せのため、ここまでできれば、最高の男の中の男だね。おじさんは、そんな男っぷりに、キュンキュンきて、涙しました。
(でも、女性はハッピーエンドでないこと、ミアが別の男性を選んだこと、たぶん許せないでしょうね。)

2017年3月 2日 (木)

【電子書籍】 恥をかいてもやめられない59才ひとり旅

恥をかいてもやめられない59才ひとり旅
9年前にトルコ旅行のツアーでご一緒して、とても優しく接していただき、そして飲まない私が、毎晩一緒に宴会していた「にしき」さんから、8年半ぶりにメールが来ていた。
宣伝がてらご紹介します。

お友達様 各位

電子書籍出版のご案内
久しくご無沙汰しています。
以前に世界遺産を訪ねた旅行で、現地で写真を取りながらメモを残し、帰国後自宅にて、毎朝メモや写真で旅を思い出しました。そして現地で購入した、小額な日本語ガイドブックを資料にして、旅日記を書き綴りました。
それらは別々に、10冊程度の旅日記として、残していました。
ですがこの4年間は、雑用が重なり多忙で、世界遺産への旅は出来ない状態でした。
いま、小生はこの5月に74歳になるところですが、再び世界遺産への旅は忘れずに、また旅によって、新しい友達が出来ることも楽しみです。
そんな折、地元佐野商工会議所の電子出版のセミナーがありました。興味本位に参加したところ、自己満足の世界の延長に過ぎないのですが、せっかくの旅日記や写真を整理して、公に出してみようと決断し、年甲斐もなく電子出版塾で、勉強することになりました。
不慣れな、パソコン通信操作でしたが月1回、4ヶ月間の4回のセミナーでした。
そしてやっと、2月28日に完成し無事に、Amazon Kindle (電子出版) にデーターアップすることができました。発行は3月3日で、今日から予約も出来ます。

書籍名は
「恥をかいてもやめられない59才ひとり旅」世界遺産アメリカ編 です。
著者名 にしき 発行単価 299円

ご興味がおありでしたら、ぜひご笑読してみてください。
ご存知かと思いますが、これは紙の本ではありません。持ち運びの出来るタブレット、スマートホン、パソコンでの映像読書です。

1、Amazon でのネット販売のカード決済環境が必要です。
2、インターネット画面で、Amazon Kindle (電子出版) を検索します。
3、書籍名欄に 恥をかいてもやめられない59才ひとり旅 を打込みます。
4、1−Click で今すぐ購入をタップしますと購入できます。

出来れば予約または、発売日3月3日の購入部数が多ければ、掲載が上位になりますので、宜しくお願い致します。

URL: Amazonネット販売サイト

【ひと言】
 もしご興味があるようでしたら、ぜひともご購入下さい。とても心優しくて、しかも愉快なおじさんでしたから、面白い本になっていると思いますのでよろしくお願いいたします。
 それからトルコ旅行のときの出してくれないかな、毎晩飲んでた写真で写ってそうだし(笑)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

★誘惑サイト★


リンク

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆