« 山の日ですが、何か? | トップページ | SMAPメンバーの解散コメント »

2016年8月12日 (金)

【書評】君の膵臓をたべたい 住野よる/著

タイトルは意味不明であったのであるが、割と序盤にその意味が明かされ、エピソードが積み重ねられて、そして終盤に「君の膵臓をたべたい」が本文中に出てきたときに、思わず涙してしまった。

青春時代をとっくに過ぎてしまった私であるが、青春時代を過ぎたからこそ分かる物語でもあった。

たくさん書きたいことはあれど、なんだか書いてはいけないような気がしている。

とにかく、本当に素敵なお話でした。

ぜひ、ご一読を!(私のように人気者になったことがない男性諸君は)

« 山の日ですが、何か? | トップページ | SMAPメンバーの解散コメント »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】君の膵臓をたべたい 住野よる/著:

« 山の日ですが、何か? | トップページ | SMAPメンバーの解散コメント »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆