« 川の道フットレース完走記09(CP13小諸キャッスルホテル-CP16善光寺手前) | トップページ | 川の道フットレース完走記11(CP18飯山駅-CP19鹿渡館) »

2016年5月22日 (日)

川の道フットレース完走記10(CP16善光寺手前-CP18飯山駅)

東京から新潟までの距離520kmの日本最長ウルトラマラソンの完走記その10の巻

2016/05/03 04:56 319.0kmから353.7kmまで

夢遊病者のような、力を出し切っている川の道ランナー、カッコいいと思いました。そういうランナーみなさんから、私は元気そうで羨ましがられ、それもカッコいいと思ってましたが(笑)

●川の道ルート復帰(04:56)
Dsc02283
4時に目覚ましをかけていたのですが、ホテルのベッドのあまりの気持ちよさに、すぐには起き上がれませんでした。(笑)
それでも5分の逡巡で、起床して、朝ごはんとしたおにぎりとヨーグルトを食べて、足ケアなど準備しました。
足の浮腫みは、回復傾向ですが、先輩方のアドバイス通り、締め付けるもの、ゲイターは装着しないことにした。
結局45分ほど準備にかかって、快適なホテルをチェックアウトして、早朝の長野駅前を通って、コース復帰しました。
まずは善光寺詣でに参ります。

●信州大学(05:08)
Dsc02285
突き当りを右折します。

●国道406号線
Dsc02288
左、信州大学。早朝なので車いません!

●城?
Dsc02291
善光寺なのか、違う手寺なのか、よくわかりませんが、城みたいな石垣に白壁。

●善光寺参道(05:13)
Dsc02294
すがすがしい朝。最高の善光寺詣でになりそうです。

●川の道ランナー1(完走者)
Dsc02297
善光寺詣でを終えられた川の道ランナーと出会い、朝の挨拶&エール交換して見送りました。202番さん。ほかの川の道ランナーさんは善光寺で寝てたそうです。さすが、川の道ランナーたちだ。

●善光寺山門
Dsc02303
気持ちいいぐらい空いてます。

●川の道ランナー2(完走者)
Dsc02306
背中から哀愁が漂ってます。眠いを連発されていました。お先に進ませていただきました。

●定額山
Dsc02309
善光寺って定額山っていうんですね。

●善光寺
Dsc02311
気が付かなかったけれど、鳩さんいたんですね。

●善光寺本堂
Dsc02317
35年ぶりくらいの再訪でしょうか。覚えていませんが(笑)

●川の道ランナー2
Dsc02321
写真撮っていると先ほど抜かしたランナーさんに抜かされました。(笑)
その後、一緒に善光寺で手を合わせました。
完走の願掛けで、ゴールまでの200kmに掛けて200円か、川の道520kmに掛けて、520円をさい銭とするのが、川の道ランナーの習いとか。

手持ちの小銭を確認すると、620円ありました。
なので520円をさい銭として、仏様にお祈りしました。

川の道の完走、家族友人の健康幸せ、世界平和

●CP16長野善光寺(321.5km)05:21
Dsc02325
参拝を無事終えて、川の道チェックポイント16の通過となりました。
昨年は日本最古の仏像であるご本尊の開帳があり、川の道ランナーはごった返す参拝者に阻まれて、参拝免除されたとか。

●国道406号線
Dsc02343
善光寺参拝を終えて、国道406号線を東に進みます。
ここは群馬県高崎から124km地点だそうです。
こっちは東京から322kmくらいか(笑)

●新潟まで202km
Dsc02347
とうとうゴールである新潟までの距離表示が出ました。
嬉しかったですが、まだ200kmもあると思うと、少し萎えましたね。(笑)

●国道18号線
Dsc02351
国道406号線から離れて、アップル街道に向かいます!

●跨線橋
Dsc02360
長野電鉄を跨ぐ跨線橋は、久しぶりに眺めの良い場所でした。

●妙高山?
Dsc02361
山の向こうに雪を被る山が見えました。単独峰なので、黒姫か妙高か・・・。
でも遠いから見えない気もするんだよなア。間違っていたらごめんなさい。

●川の道ランナー3(06:38)
Dsc02364
46番さん。走るのに疲れ始めていたこともあり、しばし並走?平歩?してお話しました。
振り返ると、新潟のゴール直前でもう一度抜かしたようです。(笑)
何度も完走されているランナーさんならではの、有意義な情報をいくつも頂けました。ありがとうございました。
その後、先行させていただきました。

●リンゴの自動販売機
Dsc02379_2
Dsc02372
さすが、リンゴの一大産地の長野はアップル街道。何件もリンゴの販売所があり、その一つのここには、なんと自販機がありました。
買おうと思って近づきましたが、1個売りはなくて、5個ぐらいだったので、諦めました。

●豊野交差点
Dsc02376
高崎から133km。左折、豊野駅、右折、小布施駅ですが、川の道ランナーは直進です。

●浅川(07:30)
Dsc02383
千曲川の支流、浅川の風景。
房総にはない、蛇行する川と山並みの風景。しかも雄大。

●北陸新幹線
Dsc02389
あっという間の通過でした。

●CP17 浅野交差点(337km)07:34
Dsc02394
間違いやすいと主催者から注意されていたCP17に到着しました。
右折道なりで、国道18号線から離れて、国道117号線を進みます。

●千曲川
Dsc02398
久しぶりの千曲川との再会です。

●川の道の走り方
Dsc02404
いただいた地図を見ながら走っています。
地図にはいろいろな情報を書きこんでいます。
私の場合、ルートが国道は赤、それ以外は青で塗りました。
また、CPからの距離と標高を書きこんでいました。
GPS腕時計の表示と書きこんだ情報を見比べて、大体の位置把握してました。

●リンゴ畑と妙高?
Dsc02408
Dsc02411
JR飯山線を跨ぐ跨線橋からはやはり眺めが良い。(笑)

●上信越道(約340km)08:14
Dsc02415
上信越道は良く使っているので、信州中野あたりのトンネルって、ここなのか?って思いました。

●麦茶とミネラルウォータ
Dsc02416
コンビニがしばらくなさそうな中、自販機があったので麦茶買いました。
麦茶は、カフェインフリーで利尿作用がないので、良いです。
ミネラルウォータは飲むわけでなく、暑さ対策として、体にかけ、冷却するためにやむを得ず購入しました。

●飯山線と国道117号線(09:02)
Dsc02425
人家の少ないエリアなので、歩道がない国道117号線を進んでいると、ローカル列車が通りました。それにしても朝9時ですでに暑さ半端なかったです。

●千曲川と飯山線
Dsc02437
山が迫る狭い場所に、千曲川、飯山線、国道がまさに縫うように通っています。

●長野県中野市替佐地区
Dsc02441
ちゃんと人の営みがあって、なんだかホッとします。

●進む方向
Dsc02448

●進んで来た方向
Dsc02454

●古牧橋
Dsc02457
飯山手前の古牧橋が見えて、300mぐらいだろうと走りだしました。
ちょっと雄大な景色になると、立ち止る回数が増え、写真も増えるのが、ランナーとしては欠点ですが、お許しください。

●300m地点
Dsc02461
ところが、千曲川が大きくて、スケール感が狂っていたらしく、800mもありました。
モンブラン一周レースでも感じましたが、雄大な景色で育つってのも、大物になる一つの条件のような気がしました。(笑)

●350km地点、標高324m(09:50)
Dsc02465
きれいな藤の花がありました。

●飯山市伍位野交差点(10:01)
Dsc02469
街だ、街だ

●気温23度
Dsc02473
暑いのですが、思ったほど気温は上がっていない。まだ10時だし、何度まで上がるのか?そうなるとやはり走るのはきついよなあ。

●CP18 飯山駅(353.7km)10:30
Dsc02480
北陸新幹線の開業に合わせて、新しい駅舎のようです。

区間距離  34.7km
区間タイム 5時間34分
累積距離  353.7km
累積タイム 73時間30分

この区間、終盤は結構アップダウンがありました。沿道に人家がなくて、歩道もなくて、狭いカーブが続くので、夜間通過時は、結構怖いと思いました。

個人的には、暑い日中でしたが、景色を楽しめて、それなりに走れました。

>次:川の道フットレース完走記11
<前:川の道フットレース完走記09

« 川の道フットレース完走記09(CP13小諸キャッスルホテル-CP16善光寺手前) | トップページ | 川の道フットレース完走記11(CP18飯山駅-CP19鹿渡館) »

川の道フットレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川の道フットレース完走記10(CP16善光寺手前-CP18飯山駅):

« 川の道フットレース完走記09(CP13小諸キャッスルホテル-CP16善光寺手前) | トップページ | 川の道フットレース完走記11(CP18飯山駅-CP19鹿渡館) »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆