« オークリーのメガネに代えました | トップページ | FTR100結果速報報告 »

2015年11月16日 (月)

新トレランシューズ(スポルティバのワイルドキャット3.0)

UTMB162km瀬戸内行脚222kmともクッション性能の高いHOKAのbondi2で走り切ったのであるが、いずれも足にマメができてしまい、悪くはないのであるが決して相性が良いシューズとは言えないところで悩んでおりました。(どうもアジア人種特有の足幅が広くて欧米系のシューズは合わないようです。)

次戦のFTR100kにおいて、トレランで履きなれているモントレイルのストリークという選択もあるのであるが、登山にも使っており、ソールがだいぶへたってきており、前回のハセツネ夜間試走時に下りで踏ん張れなかったので、新たなシューズを模索し、師匠に相談したところ、グリップ性能の高さから師匠が長年愛用しているラスポルティバのウルトララプターを薦められた。

なので、ウルトララプターを第一候補でお店に見に行ったのであるが、残念ながら合うサイズを履くことができなかった。しかしながら同じメーカーで同じソールパターンを使用しているWildCat3.0のEUサイズ42が欧米系ながらジャストフィットしたので、思い切って買った次第である。(あとで後輩にその話をするとワイルドキャットは幅広らしい)

Dsc08839
Dsc08840

3.0ということは3代目ということで長く愛されているモデルでそれにはそれなりの理由があるはずですし、期待大ですし、買った後に室内で履いておりますが、幅広で指への圧迫感がなくていい感じです。

さて、私の場合、買った後にグリップ力をできるだけ長く保つために、独自の改造処理をしております。さきほど2時間ほどかけて、それも終わりましたので、明日から足慣らしのため、通勤時に履いて、次戦に備えようと思っております。

次戦のFTR100kで良い結果が出れば、トレラン主力シューズとして、次回のUTMBで使っていきたいですね。

« オークリーのメガネに代えました | トップページ | FTR100結果速報報告 »

トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新トレランシューズ(スポルティバのワイルドキャット3.0):

« オークリーのメガネに代えました | トップページ | FTR100結果速報報告 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆