« 日本の城ランキング | トップページ | 【書評】日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか 矢部宏治/著 »

2015年10月15日 (木)

飯豊山(いいでさん)【日本百名山19】

Dsc06604
2105m 福島県(御秘所付近からの写真)

3県にまたがる大山地で主峰は飯豊本山。豪雪と季節風の影響で山肌は急峻だが、山稜上は残雪と高山植物が豊富なたおやかな地形。(日本百名山地図帳から引用)

2015/09/20 日帰りピストン 往復23.15km 累積標高2648m
Iidecourse
Iideattitude
Iideresult
08:09 大日杉小屋 16:14
09:38 地蔵岳(1539m) 15:12
11:13 切合小屋     13:46
12:24 飯豊本山小屋 12:49
12:34 飯豊山(2105m) 12:37

ポイント
1 相変わらずの寝坊で遅い出発が幸い
2 いきなりの急登はザンゲ坂
3 山頂はあいにくのガス

●駐車場
Dsc06567
路肩駐車も含めいっぱいでしたが、うまい具合に駐車場の最奥にスペースがあり停められました。登山に寝坊は厳禁なのですが、先ほどまでの雨が止むという最高のタイミングになりました。

●大日杉小屋
Dsc06568

●ザンゲ坂の鎖場
Dsc06571
いきなりの急登で、鎖場です。さすがザンゲ坂。だけど、雨降ってなかったら鎖はまったく必要ない傾斜です。

●地蔵岳
Dsc06574
一気に1000m近く登りました。

●切合小屋
Dsc06586
雲が湧いてきてます。


Dsc06589
ちょっと白い砂地の稜線が日本アルプスっぽいです。

●飯豊山
Dsc06595
稜線の先に飯豊山が見えてきました。

●御秘所
Dsc06602_2
本山行で最大の難所でした。この岩場をよじ登りました。

●飯豊山
Dsc06605
雲の合間から青空も見えました。

●飯豊本山小屋
Dsc06611
40人収容の比較的小さな小屋でした。

●飯豊山神社(2102m)
Dsc06612
小屋の裏にある下界からずいぶんとはなれた神社でした。

●飯豊山山頂
Dsc06614
最後は緩やかな稜線をアップダウンしながら進んで山頂到着です。

●山頂写真
Dsc06619
残念ながらガスで眺望なし。自撮りで登頂を祝いました。

●飯豊山
Dsc06633
振り返ると飯豊山がガスに囲まれつつ?いや晴れつつあります。

●たぶん飯豊山
Dsc06661
陽が出てると暑かったです。

●御坪
Dsc06650
うーん、見事な自然の造形です。昔の人はちゃんと名付けているのに感心しますね。

●朝日連峰
Dsc06662
明日遠征する朝日連峰だと思う、たぶん(笑)

天気も予想通り回復し、長丁場の飯豊山行も日帰りで制覇できました。

【参考データ】
 アクセス 磐越道磐梯ICから大日杉小屋まで約90km(約1時間30分くらい)
 駐車場 無料駐車場多数、トイレあり・水場なし
 山小屋 大日杉小屋、切合小屋、飯豊本山小屋
 温泉  麓に温泉あり

かずさんの日本百名山登頂記録一覧表はこちらです。

« 日本の城ランキング | トップページ | 【書評】日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか 矢部宏治/著 »

登山・百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯豊山(いいでさん)【日本百名山19】:

« 日本の城ランキング | トップページ | 【書評】日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか 矢部宏治/著 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆