« アメリカ前半15分で4点、ロイド選手が早くもハットトリック | トップページ | なでしこ準優勝、連覇ならず »

2015年7月 6日 (月)

女子サッカーW杯決勝前半終了、4対1

Wcup
試合経過詳細(写真はアメリカの2点目)

前半15分で4点の失点後、なでしこニッポンのポゼッションサッカー(パスでボールを支配)が戻ったというか、アメリカが引き気味になしましたね。

そんな中、前半27分に、川澄選手からのパスを受けた大儀見選手がフィジカルの強さを生かし、なおかつ冷静なシュートで1点をとりました。

これでアメリカの無失点記録を途絶えさせた。

その後、日本は好機を生かすべく、DF岩清水選手に代えて、レジェンド澤選手を投入、さらにFW川澄選手に代えて菅澤選手を投入し、かなり攻撃重視の変則フォーメーションとなって、前半が終了。

後半、早い時間での得点に期待したい。

« アメリカ前半15分で4点、ロイド選手が早くもハットトリック | トップページ | なでしこ準優勝、連覇ならず »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子サッカーW杯決勝前半終了、4対1:

« アメリカ前半15分で4点、ロイド選手が早くもハットトリック | トップページ | なでしこ準優勝、連覇ならず »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆