« 【書評】反日ナショナリズムを超えて 朴 裕河/著 安 宇植/訳 | トップページ | 【書評】脳を鍛えるには運動しかない! ジョン J.レイティ/著 野中香方子/訳 »

2015年6月 2日 (火)

【書評】自分史の書き方 立花隆/著

Jibunnshi
われながらおかしな本を読むものだと思う。自分史の書き方?リタイアした人が自分の人生を書き綴るときに読む本だろう。知的探求心もここまでくると我ながらおかしくなってしまう(笑)

ちなみに私にとっては、このブログがリアルタイムでの自分史であると思っている。死ぬまで書き続けるのではないかとすら思っているが、おそらく何年かするとすっぱりやめてしまっている気もする。生涯楽しむと思っていたゴルフをスパッとやめたように。

さて、本著はなかなか本格的な内容である。なぜかといえば、高名なジャーナリストでもある立花氏が大学の講座の主宰者として、その受講生の成果をもとに実例を引用しての実践的な内容となっている。

が、書き方の技術的な話よりも、私から見れば人生の大先輩にあたる方々の人生そのものの記述が実に印象深かった。

まさに「事実は小説よりも奇なり」な方もいるし、平凡な人生でも振り返ってみれば、その人その人が一生懸命生きたことによる確かな手ごたえがこちらにも十分に伝わってくる。

仕事の実績やキャリアからすれば、人に語れるようなものは何もない私である点について、いまさらながら一生懸命さが足りなかったんだといまさらながら気が付かせられた。

昔、同じようなことをかいた気もするが、すでに50近いわが人生において、遅いような気もするが、まだ間に合ったということにもできるのではないかと思った。

« 【書評】反日ナショナリズムを超えて 朴 裕河/著 安 宇植/訳 | トップページ | 【書評】脳を鍛えるには運動しかない! ジョン J.レイティ/著 野中香方子/訳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】自分史の書き方 立花隆/著:

« 【書評】反日ナショナリズムを超えて 朴 裕河/著 安 宇植/訳 | トップページ | 【書評】脳を鍛えるには運動しかない! ジョン J.レイティ/著 野中香方子/訳 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆