« 第7回房総丘陵トレイルランレースの結果報告 | トップページ | 中学校の卒業式 »

2015年3月 9日 (月)

【書評】震える牛 相場英雄/著

Hurueruusi
BSE問題、食品偽装問題を扱った社会派サスペンス小説。
未解決の通り魔殺人事件の捜査を進めるうちに、事件の深い真相にたどり着いていく様は、作者の筆致の巧みさもあり、引き込まれる。

現代社会は少なからず誰もが経済至上主義、つまりはお金に踊らされている訳で、ややもすると正義感の強い正直者はバカを見ることになる。

バカを見る程度ならまだしも、金儲けの邪魔をしたことを逆恨みされて、命すら奪われてしまう。

まさにそういう典型的な自分勝手な殺人事件を扱っているのが本作品であるのだが、題名からは、そんな雰囲気すら漂わせないのが、また巧妙である。ミステリーとして展開の意外さもあり、実の読みごたえがあるのだ。

そう感心しながら読んだ後に知ったのだが、すでにテレビドラマ化されていた。

いつも安い食料品を好んで食べている私なのであるが、本作品を読むと、そうした安い食品の危険性への想像が膨らみ、少し躊躇してしまう自分が出てきた。(そう書きながら、結局は、メーカーや販売者のブランドを信じて食べ続けているのだが・・・(笑))

« 第7回房総丘陵トレイルランレースの結果報告 | トップページ | 中学校の卒業式 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】震える牛 相場英雄/著:

« 第7回房総丘陵トレイルランレースの結果報告 | トップページ | 中学校の卒業式 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆