« 第67回富士登山競走の結果速報 | トップページ | 【書評】英国一家、日本を食べる マイケル・ブース/著 寺西のぶ子/訳 »

2014年7月26日 (土)

斜里岳(しゃりだけ)【日本百名山03】

Dsc01219
斜里岳 1547m 北海道

道東の優美な中腹には、白糸、羽衣などの滝が連続する。登山道は沢をたどっていく、北海道の山ならではのもの。(日本百名山地図帳より引用)

2014/07/13 清岳荘からの日帰り 標高差1020m 距離9km
13:37 清岳荘口  18:06
13:48 旧登山道口 17:55
14:14 下二股分岐 17:31
(旧道) 熊見峠   17:03
15:20 上二股分岐 16:34
15:44 馬ノ背    16:19
15:59 斜里岳山頂 16:06

【ひと言】
 午後出発でなんとかなると、なめてかかっていたら、渡渉13回、滝登り、沢登りあり、3時間以上一人旅でした。

Dsc01220
斜里岳が見えました。
広大な畑地の農道を走り、最後は林道を抜けて、清岳荘登山口に向かいました。

Dsc01222
清岳荘です。駐車場はすでに下山した人が多く、まばらでした。

Dsc01224
まずは林道を下ります。

Dsc01225
旧登山口

Dsc01227
ここから登山道です。

Dsc01228
登山道に入るとすぐに熊出没看板。熊鈴頼みです。

Dsc01229_2
すぐに沢沿いを進みます。登山道は左側

Dsc01232
登山道はなくなって、沢の左端がルートになりました。

Dsc01233
やがて左端は通れなくなり、右側に渡渉しました。帰りに数えると下二股までに13回渡渉がありました。

Dsc01234
増水していないので、石の上を進めば、ほとんど濡れずに進めました。それなりのジャンプ力は必要ですが・・・。

Dsc01236
斜里岳頂上部が見ました。

Dsc01238
下二股分岐です。下山中の登山者のアドバイスに従い、上りは旧道を進みます。

Dsc01244
滝登り、沢登りのルートを進みます。

Dsc01253
七合目、方丈の滝の脇をロープで登ります。

Dsc01256
滝脇左の登山道を登ります。斜めで滑りやすい登山道で緊張しました。

Dsc01262
左側の右側を進みます。

Dsc01264
滝の左側が登山ルートです。

Dsc01271
だいぶ水量が少なくなりましたが、全面川です。しめ縄が見えます。

Dsc01273
上二股の分岐です。右側が熊見峠方面です。

Dsc01276
頂上部が見えてきました。

Dsc01279
乾いた道の九合目地点です。あと少し!

Dsc01280
馬ノ背

Dsc01284
頂上直下、ニッコウキスゲの黄色い花と斜里岳神社の小さな社です。

Dsc01285
金属製の小さな斜里岳神社に手を合わせて進みます。

Dsc01286
山頂まだ僅かなれど雲の中です。

Dsc01289_2
雲の中の斜里岳頂上に到達です。誰もいません(笑)

【参考データ】
 清岳荘から往復10km
 駐車場 無料駐車場30台有り、トイレ不明
 山小屋 清岳荘
 温泉  不明

かずさんの日本百名山登頂記録一覧表はこちらです。                     

      

« 第67回富士登山競走の結果速報 | トップページ | 【書評】英国一家、日本を食べる マイケル・ブース/著 寺西のぶ子/訳 »

登山・百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斜里岳(しゃりだけ)【日本百名山03】:

« 第67回富士登山競走の結果速報 | トップページ | 【書評】英国一家、日本を食べる マイケル・ブース/著 寺西のぶ子/訳 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆