« まさかのウルグアイ逆転負け | トップページ | 日本、コートジボアールに逆転負け(W杯) »

2014年6月15日 (日)

W杯D組、イングランド対イタリア戦の結果

ワールドカップ予選リーグ屈指の好カードなのでライブでテレビ観戦しました。
マナウスという赤道直下の非常に暑い場所での試合に動きがまったりしていました。後半は脚を攣る選手多発で、激しい消耗戦でした。
イングランドは若手の黒人選手は頑張っていましたが、エースのルーニーがまたも不発で、1対2で負けてしまいました。

【得点】
クラウディオ マルキージオ(前半35分)イタリア
ダニエル スターリッジ(前半37分)イングランド
マリオ バロテッリ(後半5分)イタリア

【警告】
ラヒーム スターリング(後半47分)イングランド   

【イングランド イタリア 比較】
  17   シュート  10
  11   直接FK     8
   7   間接FK     0
   9   CK         2
   7 オフサイド   0
  50 ボール支配率 50

Wc33
↑イタリア バロテッリ選手の決勝ゴール 

【戦評】
序盤はイタリアがボールを支配し、優勢に進め、先制するも、イングランドがすぐに追いつきました。
そこから、イングランドは息を吹き返し、後半に期待を持てたのであるが、後半早々に、イタリアのエース、バロテッリがヘッディング一発で決められ、後は高温多湿で消耗した選手は脚を攣りまくり、結果、双方攻めあぐね、そのまま試合は終了。イタリアは勝ち点3、イングランドは0点で厳しい展開になった。次のウルグアイとの戦いで、どちらかは予選敗退決定の可能性も・・・。

W杯全試合日程及びテレビ放映スケジュール 
W杯のジンクスと優勝予想 
サッカーW杯ベスト8予想

« まさかのウルグアイ逆転負け | トップページ | 日本、コートジボアールに逆転負け(W杯) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W杯D組、イングランド対イタリア戦の結果:

« まさかのウルグアイ逆転負け | トップページ | 日本、コートジボアールに逆転負け(W杯) »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆