« アルゼンチン苦戦も最後はメッシ! | トップページ | 【書評】氷山の南 池澤直樹/著 »

2014年6月22日 (日)

ドイツのクローゼ、W杯歴代最多得点記録に並ぶが、宙返りは失敗?

ドイツ対ガーナは、ドイツ優勢の中、前半は0対0で終る。

後半分、ドイツのゲッツェ選手がヘディングで先制するも、すぐにガーナがカウンターで追いつき、逆転した。

ドイツは、ゲッツェをクローゼに、もう一人のMFをシュバインシュタイガーに交代させると、ドイツの逆襲が始まる。

コーナーキックからのすかしたヘディングに最後はクローゼが飛び込んで右足をあわせて、ドイツが同点に追いついた。
Wcg21

その後はドイツ優勢に試合を進めるも、結局2対2のドローで終る。

最後のドイツのコーナーキックで、ドイツのミュラー(前試合でハットトリック)とガーナの選手がぶつかり、ミュラーは激しく流血して、試合終了となった。
Dsc00707_2
放送終了なので詳細不明だが、ミュラーの怪我は心配だ。

一方、同点弾のクローゼは、W杯通算15得点となり、歴代最多のブラジル、ロナウドの15得点に並んだ。

クローゼはゴール後のパフォーマンスである前宙返りを見せたが、寄る年波には抗えず、回転の足りない危ない着地だった(笑)
Wcg22

« アルゼンチン苦戦も最後はメッシ! | トップページ | 【書評】氷山の南 池澤直樹/著 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« アルゼンチン苦戦も最後はメッシ! | トップページ | 【書評】氷山の南 池澤直樹/著 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆