« 【書評】ジェントルマン 山田詠美/著 | トップページ | チーバくんガードフェンス »

2014年5月28日 (水)

五十肩、いよいよ重症です。

五十肩という現実を書いて、すでに約1ヶ月が経った。

回復どころか状態は悪化の一途である。

先日、巨大建造物の床下の実況見分を行った。

床の点検口から潜り込んだのだが、身体を支えて降りる際に右腕・肩に大きな負担がかかった。

実況見分が終り、地上に這い出るにあたり、両腕を延ばして、自分で自身の身体を引き揚げるしかなかったのだが、右肩は激痛とともに力が入らなかったのだが、後がつかえており、気合で這い上がった。これは大きなダメージを受けたなあと思ったが、無事這い出れたことが嬉しかった。(笑)

その晩、右肩はいつも以上に痛み、ろくに眠れなかった。悪化が一気に加速した感だった。

そして、本日、帰宅ラン中に、ケッ躓いて、転びそうになったが、何とか脚が出て、転ばずに済んだ。

転ばずに済んだのは、瞬間的にバランスをとったからで、つまり脚と両腕を俊敏に大きく動かしたのである。

踏ん張ってバランスとって転ばなかった瞬間、右肩にこれまでで最大級の痛みが襲ってきた。

呼吸ができないほどの痛みが数十秒続いた。

その場で、しゃがみこまざるを得なかった。1分ほど痛みに耐え、呼吸を整えるべく、しゃがんで堪えた。

その脇をランナーが通り過ぎる。何事かと思っただろう。そんなことも気にできないほど、痛みにただただなすすべなく堪えるしかなかった。

いやあ、あまりの重症ぶりに愕然としましたね。
こりゃ来月の100kmトレランのレースは無理だなあ・・・。

右腕を早く動かすと激痛が出る。大きく動かしても激痛が出る。お手上げです。何もするなということですかねえ。まいったですね。

ちなみに、ネットで調べると五十肩は、平均では6ヶ月くらいで治るらしいが、運動しているのだから、多少早まらないかなあ。

それでもこの五十肩は100%治癒するというのだから不思議な病気だ。いずれ完治するし、治療法も無いから良心的な医者は相手にしてくれず、放って置くしかない。でも、気が短い私は動いてしまうんだよな。自業自得か(笑)

« 【書評】ジェントルマン 山田詠美/著 | トップページ | チーバくんガードフェンス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五十肩、いよいよ重症です。:

« 【書評】ジェントルマン 山田詠美/著 | トップページ | チーバくんガードフェンス »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆