« 新型オデッセイ降臨(納車)です! | トップページ | ギリシャ旅行記04(アテネ市街散策ランニング) »

2014年2月 2日 (日)

いい文章を書くのはむずかしい。

Cake2
いい文章を書くのはむずかしい。

そもそもいい文章ってどんなものだっけ?と考える。
リズムがあって説明的でないもの。
ユーモアがあって下品ではないもの。

そして忘れてしまった事や失ってしまったなにがしかを思い出させてくれるようなもの。

(「引き出しの中のかけら」の一節からの引用)

ちょっと不思議でかなりお洒落な本です。絵本に近いかもしれない。
文章も素敵でしたが、イラストや内部構成すべてが上質でした。
例えるなら、おいしいものを食べに行って、予想外に素敵な内装や接客といったレストラン全体のパッケージに満足した。というような感じですね。
(著者でなく作成者となっているところからも作者の拘りが見てとれます。)

こんな本が自分の書棚にあるとお洒落とは無縁の私は少しお洒落な気になれそうです。

これはいつものタイトルなら『【書評】a piece of cake 作成者 吉田 浩美』です。(笑)

« 新型オデッセイ降臨(納車)です! | トップページ | ギリシャ旅行記04(アテネ市街散策ランニング) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いい文章を書くのはむずかしい。:

« 新型オデッセイ降臨(納車)です! | トップページ | ギリシャ旅行記04(アテネ市街散策ランニング) »

★誘惑サイト★


リンク

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆