« 大学入試センター試験に高2の長男坊が挑戦だ! | トップページ | ギリシャ旅行記(簡潔編) »

2014年1月19日 (日)

ランニングのためのアミノ酸(BCAA)

先日、T先輩からランニング(特にレース)後に摂取しやすい美味しいアミノ酸はないか?と尋ねられた。

美味しいアミノ酸って、難しい質問だ。なぜなら純粋なアミノ酸は苦いからだ。
だから日本のメーカーは技術をこらして少しでも美味しく摂取しやすい製品を供給してくれている。

さりとて、何事にもコストパフォーマンスに拘る私は、行き着くところは安心して摂取できる安いアミノ酸になってしまう。
ただの一般消費者なのであるが、とりあえず私が使用しているアミノ酸は以下のとおりである。

Dsc02928_2
右手前スティックタイプから
・トップバリュー アミノ酸サプリメント顆粒 BCAA 2200mg 1袋あたり単価約50円
・アミノバイタル 顆粒スティックタイプ BCAA 2200mg 1袋あたり単価約60円
・アミノバイタルプロ 顆粒スティックタイプ BCAA 3600mg 1袋あたり単価約100円
・アミノバリュー 顆粒スティックタイプ BCAA 2000mg 1袋あたり単価約100円

スティックタイプとしては味はアミノバリューが好きであるが、コストパフォーマンスは悪い。
コストパフォーマンスが高いのはトップバリューだ。イオンユーザーでもある私にとっては調達しやすく便利だ。顆粒スティックタイプは持ち運びやすいのでちょっとした遠出ランニング時にポケットに入れ使用しています。人様の前では少し見栄を張ってアミノバイタルにしてます。(笑)

次にゼリータイプ
・アミノバイタル スーパースポーツ100g BCAA 3000mg エネルギー100kcal クエン酸1200mg 単価約150円
・アミノバイタルゼリー マルチエネルギー180g アミノ酸1500mg(BCAA微量)エネルギー160kcal 単価約150円
・VESPA PRO(べスパプロ)80ml エネルギー18kcal 100%天然アミノ酸 単価約700円

ゼリータイプは食べ応えがあり、水分補給も兼ねられるのでとても重宝します。
スーパースポーツはBCAA含有量が高く、軽量なので好きなゼリーです。
マルチエネルギーはカロリーが高くウルトラなどで終盤のエネルギー補給に使っています。
べスパプロはスパルタスロン出走時に仲間からいただき、初めて使用しました。恐るべき天然アミノ酸です。感覚的ですが心臓が活発化して戦闘モードに入る感じです。通常のアミノ酸とは違うと思います。

最後は粉末タイプ
・左 BodyTech BCAA POWDER 335g BCAA 1000mgあたり約10円 アメリカ製
・右 NOW SPORTS LーGlutamine Powder 1kg 1000mgあたり約4円 アメリカ製

粉末タイプはコストパフォーマンスが格段に高いことと携帯しやすいため購入しました。
このタイプのBCAAは純度100%なので苦いです。牛乳やヨーグルトに混ぜて摂取します。
LーGlutamine(Lグルタミン)はBCAAのような必須アミノ酸ではなく、誰もが体内合成している万能アミノ酸です。※グルタミン酸とは全く違います。
体内合成できるアミノ酸なのですが激しい運動をすれば当然不足します。それで筋肉が損傷しパフォーマンスが低下するのです。
つまりこれは筋肉維持・回復に極めて有効なアミノ酸なのです。レース中はもちろんですが、ハードトレーニングを継続する際に効果抜群です。これまで私のトレーニングでのランニング距離は月間500kmが最高でしたが、これをトレーニング前中後に摂取することで月間750kmを達成できました。こちらも純度100%なので味はまずいので、牛乳かヨーグルトで摂取していました。

おまけの飲料タイプ(写真なし)
・アミノバイタル 500ml 単価100円
・アミノバリュー 500ml 単価150円
・トップバリューアミノ酸飲料 500ml 単価78円

一番美味しいアミノ酸はこうした飲料だと思います。ランニング後は水分補給もかねられ、最高のものだと思います。

他にもタブレットタイプなど含め、アミノバイタルの味の素やアミノバリューの大塚製薬以外にも多くのメーカーがいろいろなものを出していますが、コストパフォーマンスが高いのはこの両社、メーカーに拘らなければイオンのトップバリューが国内では最強ですね。

トレーニング時に使うのであれば、純度100%の粉末タイプがお奨めです。コストパフォーマンスは顆粒スティックの3分の1以下ですし、牛乳やヨーグルトに混ぜるのには余計な味がついていないので最適ですね。ただしレース用には小さな容器に移し替えておく必要があり、その準備はかなり面倒です。(笑)

ちなみに月間300km程度にトレーニング量を落とした最近はこうしたアミノ酸サプリメントは摂取していません。自己回復能力で十分だからです。

「頼りすぎないことで、いざというときに頼りになる。」ですね。

皆様のポチが励みになります。
ポチッとお願いします。<m(__)m>


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 大学入試センター試験に高2の長男坊が挑戦だ! | トップページ | ギリシャ旅行記(簡潔編) »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランニングのためのアミノ酸(BCAA):

« 大学入試センター試験に高2の長男坊が挑戦だ! | トップページ | ギリシャ旅行記(簡潔編) »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆