« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

紅白はあまちゃんと綾瀬はるかとAKB大島優子の卒業宣言だと思ったのだが

今年もわが家の大晦日は紅白歌合戦だ。

さて、今年の紅白は序盤は赤組司会者の綾瀬はるかさんの危なかっしい司会と嵐の素晴らしいフォローが見所でした。

途中、ゆるきゃらのくまもんとふなっしーが乱闘していたのも印象的でした。

極めつけは、NHK朝ドラマのあまちゃん特集が最高でした。
1曲目は「暦の上ではディセンバー」
2曲目は潮騒のメモリーはまずは主役の二人潮騒のメモリーズ
Dsc02343

歌詞2番は天野春子こと小泉今日子の熱唱
Dsc02352

歌詞3番は鈴鹿ひろみこと薬師丸ひろ子
Dsc02363

主な出演者全員による「地元に帰ろう」
Dsc02382

サプライズでアイドルオタクのひびきさんを会場に見つけて終わりました。
Dsc02396

さらにこの極め付きを超える衝撃がAKB48の番で生じました。
大島優子が曲間で突然の卒業宣言が出て、誰もがびっくりしました。
メンバーの騒然とした姿が印象的でした。突然の発表だったようです。

いやあ、これは今年は紅組の優勝だね。    

2014年カレンダー

大晦日、今年お世話になったカレンダーを片付け、来年のカレンダーをセットする。

恒例の作業であるが、気の早い私はカレンダーをすべてめくっては、写された、あるいは描かれた風景を確認する。(私は基本的に風景ものしか手に入れない。買ったのは横二列の2ヶ月カレンダーだけだ。写真左下)

Dsc02339_2
今回は、定番の世界遺産のカレンダーが手に入らなかったこともあり、知らない風景ばかりだった。

世界はもちろん、日本だってまだまだ広い。

来年はどんな年になるのか、楽しみつつ、自分で出来るところは切り開いていきたい。

それでは、みなさま良いお年をお迎えください。

2013年12月30日 (月)

ランニングの記憶 ゼッケンの思い出

ザクザク出てきた第2弾!

ランニングの記録証を整理していたら、物持ちの良い私は、マラソンやトレイルラン、ウルトラマラソン大会のパンフやゼッケンがザクザクと出てきた。

パンフはチラ見してそのまま捨てましたが、ゼッケンは写真を撮ってみました。
Dsc02336_2

いやあ、われながら壮観ですね。全ての大会が残っているわけではないですが、相当数を後生大事に持っていたようですね。(笑)

よく見てみると、大会ごとにいろいろなスローガンが掲載していたのですね。
・がんばれ東日本(富士登山競走)
・がんばろう千葉(浜マラソンin九十九里)
・富士山を世界文化遺産に(富士登山競走)
・がんばる君は美しい(鶴沼ウルトラ)

今年のスパルタスロン(246km)、八ヶ岳スーパーウルトラ100マイル(158km)はよく汗がしみこんでいることでしょう(笑)
もう一つの100マイル、UTMFのゼッケンが無い。なんで無いんだろうか?珍しく捨てていたのか?

捨てようと思って写真撮ったのですが、あまりかさ張るものでもないので、しばらく保存しておくことにします。(笑)

2013年12月29日 (日)

部屋からザクザク!!

年末ながら喪中につき、年賀状作成がなく、しかも出かける予定もなく、することが無いので大掃除に精を出した。

といっても、私専用の書棚だ。

書棚といっても、本はあまり無い。
そこに置いてあるのは捨てられない過去だけだ。

というほどでもなく、旅行関係の写真や資料を整理していないものが押し込められていたのだ。(笑)

Img00070
がんがん捨てようと思い、上の写真のようなものはこの10倍くらい捨てたところであるが、それでも写真や手紙など二度と手に入らないものは、とりあえず残すことにした。

つまり、大掃除で写真や記録がザクザク出てきて、思い出に浸ってしまった。

主な旅行先
 軽井沢
 信州安曇野
 北海道
 沖縄
 高松・小豆島
 博多・対馬
 四国(松山、鳴門、高知)
 立山黒部アルペンルート
 カナダ・ノースバンクーバー
 中国・北京
 韓国・ソウル

さて、年末で写真(デジカメ以前)だけは整理しようっと!

追記:
 実はザクザクと出てきたのは家族や旅での思い出ばかりでなく、お金もザクザク出てきた。
 いろんなところにお金を入れていたのをすっかり忘れていた。
 どんぐりをいろいろな場所に隠して忘れてしまうリス並な自分に呆れたが、おかげで実に10個近く見つかった。(そのうち4つは外貨だったが)
 これで来年のモンブラン(UTMB)の旅費は賄えそうだ。やったね!(笑)

2013年12月26日 (木)

SPARTATHLON finisher List(2013)

Viewing Data by : Finish
# Time No Full Name Country Sex
1 23:29:08 49 Joao Oliveira Portugal M
2 25:29:54 266 Reus Florian Germany M
3 25:54:49 241 Cudin Ivan Italy M
4 25:54:49 268 Thoms Stu Germany M
5 26:43:31 63 Primozic Lojze Slovenia M
6 26:45:59 262 Leu Oliver Germany M
7 27:08:59 88 Renes Jeroen Netherlands M
8 27:09:00 134 Robbins Pat United Kingdom M
9 27:28:15 269 Vanicek Michael Germany M
10 27:44:10 9 Anastasiadis Stergios Greece M
11 27:58:41 139 Rojas Peredo Ricardo Argentina M
12 28:03:04 89 Lubics Szilvia Hungary F
13 28:29:34 371 Benke Blake United States M
14 28:30:43 130 Steene Johan Sweden M
15 28:39:32 150 Csaba Lajko Hungary M
16 28:44:09 222 Kulinski Tomasz Poland M
17 29:14:18 181 Huzij Frank Austria M
18 29:31:23 376 Cordisco German Argentina M
19 29:39:05 362 BELTRAMINO OSVALDO Italy M
20 29:42:24 310 Nakayama Kei Japan M
21 30:07:15 260 Krause Antje Germany F
22 30:13:20 124 Jumisko Juha Finland M
23 30:22:03 248 Bergmann Heike Germany F
24 30:26:38 156 Bonfiglio Marco Italy M
25 30:31:29 177 Cardoso Dias Daniel Portugal M
26 30:50:14 55 Low Andras Hungary M
27 30:52:19 119 Nana Andrei United States M
28 30:57:40 41 Bakas Vagelis Greece M
29 31:25:58 173 Sjavik Trond Norway M
30 31:33:00 161 Dejaeger-Braet luc Belgium M
31 31:33:29 16 Mpesiris Dimitrios Greece M
32 31:33:51 171 Guilhen Dubourdieu France M
33 31:45:01 13 Tasios Giorgos Greece M
34 31:50:59 207 Dierx Wilma Netherlands F
35 31:54:48 187 Sourice Wilfried France M
36 31:59:07 126 Vajda zoltan Hungary M
37 32:00:26 146 Dorum Lars Christen Norway M
38 32:09:14 178 Britton Robbie United Kingdom M
39 32:26:32 17 Apostolopoulos Ioannis Greece M
40 32:30:23 230 Rosquist Andersen Thomas Denmark M
41 32:31:18 40 Chatzigeorgiadis Emmanouil Greece M
42 32:35:22 352 Andersson Mikael Sweden M
43 32:38:47 298 Kochi Hayato Japan M
44 32:45:22 166 Brunon Jean-Philippe France M
45 32:48:57 249 Daum Stefan Germany M
46 32:49:51 3 Vlachos George Greece M
47 32:56:29 318 Saito Kazuyoshi Japan M
48 33:04:54 360 Eivindsen Eiolf Norway M
49 33:20:05 334 Takebe Yoshiyuki Japan M
50 33:22:40 33 Zahariadis Georgios Greece M
51 33:27:59 220 Malinowski Zbigniew Poland M
52 33:29:40 363 Nunez Rodriquez Luis Alberto Spain M
53 33:30:10 132 Steve Scott United Kingdom M
54 33:30:46 216 Hall Jonathan United Kingdom M
55 33:31:13 285 Fujiwara Kazukiyo Japan M
56 33:31:42 264 Neubert Andreas Germany M
57 33:32:19 4 Karaiosif Ilias Greece M
58 33:37:43 143 Dedapper Yves Belgium M
59 33:43:52 7 Athanasiadis Stavros Greece M
60 33:45:12 226 Elson James United Kingdom M
61 33:50:57 303 Maruyama Yoshikazu Japan M
62 33:58:40 254 Heinlein Marika Germany F
63 34:00:30 174 Jagersma Dik Netherlands M
64 34:05:55 57 Krauz Gilad Israel M
65 34:10:23 60 Haka Sakari Finland M
66 34:12:32 307 Nakagawa Yosuke Japan M
67 34:15:37 257 Kaminsky Peter Germany M
68 34:15:45 263 Marhold Gunter Germany M
69 34:17:23 304 Matsuda Yoshiko Japan F
70 34:17:24 206 Rudolf Tamas Hungary M
71 34:17:24 288 Furuyama Takako Japan F
72 34:18:58 147 Carawan Brenda United States F
73 34:24:24 30 Patakas Therinos Greece M
74 34:25:17 95 Takechi Masato Japan M
75 34:29:40 355 Vella Victor Malta M
76 34:29:58 50 Woolley Mark Steven United Kingdom M
77 34:31:11 62 Pradas Juan carlos France M
78 34:31:12 78 Suisse Laurence France F
79 34:32:13 296 Kakizaki Mieko Japan F
80 34:32:15 272 Witzler Frank Germany M
81 34:32:24 253 Hedelt Holger Germany M
82 34:34:19 47 Stella Markakou Greece F
83 34:34:57 109 Marco Bundi Switzerland M
84 34:34:58 152 Jagie??o Dominik Poland M
85 34:35:07 106 Moeller Kent Denmark M
86 34:36:57 331 Sugiura Kazunari Japan M
87 34:41:17 141 Fernandes Fernando Portugal M
88 34:44:12 380 Georgiou Alexandros Greece M
89 34:48:26 54 Nucifora Carmelo Italy M
90 34:48:26 385 Calzolai David Italy M
91 34:50:29 67 Forsell Marko Finland M
92 34:51:16 91 Mustala Ari Finland M
93 34:53:28 80 Cordoba Martin Miquel Argentina M
94 34:56:20 184 Cahez Cahez Thibaud France M
95 34:57:29 246 Brandt Michael Germany M
96 34:58:21 284 Fujita Katsumi Japan M
97 34:58:46 122 Kim Rasmussen Denmark M
98 35:02:07 56 Ahlholm Tuula Finland F
99 35:03:34 158 Wu Sheng Ming Taiwan R.O.C. M
100 35:04:28 218 Kierdelewicz Nicolas Spain M
101 35:05:20 105 R. Jensen Bjarne Denmark M
102 35:05:45 21 Gogos Ey. Apollonios Greece M
103 35:07:14 107 Ali Paul United Kingdom M
104 35:08:42 244 Baudek Gerald Germany M
105 35:09:38 357 Lambert Jean Pierre France M
106 35:09:46 58 Perttila Petri Finland M
107 35:12:29 51 Pallaruelo Gilles France M
108 35:12:29 125 angel pallaruelo France M
109 35:12:30 195 Richard Jean-Pierre France M
110 35:15:47 322 Sanda Hiroshi Japan M
111 35:16:19 14 Matthaiou Amalia Greece F
112 35:16:41 341 Yamada Hirdaki Japan M
113 35:17:10 213 Mimoso Jorge Portugal M
114 35:19:56 182 Sznopek Jozef Hungary M
115 35:21:07 197 jacky heckmann France M
116 35:21:32 283 Dan Koji Japan M
117 35:22:51 238 Szczygielska Edyta Poland F
118 35:24:26 219 Arauz Ruben Dario Argentina M
119 35:30:16 194 Orye Jan Belgium M
120 35:30:16 250 Ganter Martin Germany M
121 35:31:06 215 Hegedus Akos Hungary M
122 35:31:49 149 Duarte Fabian Alberto Argentina M
123 35:32:24 379 Simonyi Balazs Hungary M
124 35:33:19 349 gallina davide Italy M
125 35:35:37 36 Kofinis Kostas Greece M
126 35:37:30 102 Vojnic Zelic Igor Serbia And Montenegro M
127 35:38:34 280 Baba Makoto Japan M
128 35:39:38 140 Lodi Lodovico Italy M
129 35:39:38 358 cialdini giuseppe Italy M
130 35:39:40 210 De Paola Loris Italy M
131 35:40:11 6 Panos Georgios Greece M
132 35:40:16 328 Shirakata Michihiro Japan M
133 35:41:04 278 Akiyama Shigenori Japan M
134 35:41:41 204 Mazzi Marco Italy M
135 35:42:39 346 Yoshikoshi Osamu Japan M
136 35:42:40 259 Karl Hubert Germany M
137 35:42:47 366 Fazekas Jan Slovakia M
138 35:45:18 82 Di Giorgio Giuseppe Italy M
139 35:45:54 44 Masouras Christos Greece M
140 35:51:06 223 Sipos Jozsef Hungary M
141 35:51:07 136 Kulcsar Andras Hungary M
142 35:51:15 190 Lukacs Albert Hungary M
143 35:53:03 11 Krystallis Georgios Greece M
144 35:55:13 2 Papakostas Ioannis Greece M
145 35:56:00 43 Fournaris Marios Greece M
146 35:56:03 240 Papi Alessandro Italy M
147 36:03:07 157 Segui Gerard France M
148 36:03:08 189 Philippe SEGUI France M

SPARTATHLON Starting List(2013)

Viewing Data by : Start
# Time No Full Name Country Sex
1 07:00:18 337 Tanaka Shinichiro Japan M
2 07:00:19 280 Baba Makoto Japan M
3 07:00:19 298 Kochi Hayato Japan M
4 07:00:19 307 Nakagawa Yosuke Japan M
5 07:00:22 220 Malinowski Zbigniew Poland M
6 07:00:23 46 Kugota Tsutomu Greece M
7 07:00:24 214 Passera Roberto Italy M
8 07:00:25 204 Mazzi Marco Italy M
9 07:00:25 137 Morton Mike United States M
10 07:00:26 9 Anastasiadis Stergios Greece M
11 07:00:26 299 Koike Tomoe Japan F
12 07:00:26 114 Lantink Jan-Albert Netherlands M
13 07:00:27 320 Sakai Yuji Japan M
14 07:00:27 163 Latala Jacek Poland M
15 07:00:27 165 Palmeira Juvam Brazil M
16 07:00:27 285 Fujiwara Kazukiyo Japan M
17 07:00:28 330 Sugawara Hideo Japan M
18 07:00:29 322 Sanda Hiroshi Japan M
19 07:00:30 355 Vella Victor Malta M
20 07:00:31 341 Yamada Hirdaki Japan M
21 07:00:31 178 Britton Robbie United Kingdom M
22 07:00:31 83 Ricklefs Chad United States M
23 07:00:31 350 Labudzki Jacek Poland M
24 07:00:31 158 Wu Sheng Ming Taiwan R.O.C. M
25 07:00:32 296 Kakizaki Mieko Japan F
26 07:00:33 155 Kotlarz Pawel Poland M
27 07:00:33 234 Derda Robert Poland M
28 07:00:34 94 Galimberti Andrea Italy M
29 07:00:34 147 Carawan Brenda United States F
30 07:00:35 233 Szostak Mariusz Poland M
31 07:00:35 11 Krystallis Georgios Greece M
32 07:00:35 226 Elson James United Kingdom M
33 07:00:35 277 Akimoto Tsuneo Japan M
34 07:00:35 141 Fernandes Fernando Portugal M
35 07:00:36 235 Kabata Jacek Poland M
36 07:00:36 98 Ghislain Dops Belgium M
37 07:00:37 134 Robbins Pat United Kingdom M
38 07:00:37 242 Adam Nikolaos Germany M
39 07:00:37 3 Vlachos George Greece M
40 07:00:37 308 Nakamura Yoshitaka Japan M
41 07:00:37 49 Joao Oliveira Portugal M
42 07:00:38 151 Depoortere Ludo Belgium M
43 07:00:38 33 Zahariadis Georgios Greece M
44 07:00:38 74 Oralek Daniel Czech Republic M
45 07:00:38 115 Sroubek Vlastimil Czech Republic M
46 07:00:38 143 Dedapper Yves Belgium M
47 07:00:39 31 Karachalias Dimitrios Greece M
48 07:00:39 237 Gabor Doman Hungary M
49 07:00:39 271 Wimmer Robert Germany M
50 07:00:39 65 Adams James United Kingdom M
51 07:00:39 347 Evison Geoff Australia M
52 07:00:40 371 Benke Blake United States M
53 07:00:40 132 Steve Scott United Kingdom M
54 07:00:41 339 Uematsu Kengo Japan M
55 07:00:41 78 Suisse Laurence France F
56 07:00:41 282 Bando Yoshiaki Japan M
57 07:00:41 42 Nomikos Nikitas Greece M
58 07:00:41 62 Pradas Juan carlos France M
59 07:00:41 69 Mak Chris Hong Kong M
60 07:00:41 310 Nakayama Kei Japan M
61 07:00:42 264 Neubert Andreas Germany M
62 07:00:42 238 Szczygielska Edyta Poland F
63 07:00:42 96 Rodrigues da silva Zilma Brazil F
64 07:00:42 152 Jagie??o Dominik Poland M
65 07:00:43 13 Tasios Giorgos Greece M
66 07:00:43 50 Woolley Mark Steven United Kingdom M
67 07:00:43 269 Vanicek Michael Germany M
68 07:00:43 266 Reus Florian Germany M
69 07:00:43 53 Pinnington Robert Edward United Kingdom M
70 07:00:43 336 Tanaka Misao Japan F
71 07:00:44 57 Krauz Gilad Israel M
72 07:00:44 133 Cinciala Michal Czech Republic M
73 07:00:44 255 Horschig Kai Germany M
74 07:00:44 357 Lambert Jean Pierre France M
75 07:00:45 254 Heinlein Marika Germany F
76 07:00:45 258 Dirk Karl Germany M
77 07:00:45 281 Ban Hiroaki Japan M
78 07:00:45 260 Krause Antje Germany F
79 07:00:45 138 Bengolea Hector Oscar Argentina M
80 07:00:45 305 Mori Emiko Japan F
81 07:00:46 104 Anderson Mimi United Kingdom F
82 07:00:46 331 Sugiura Kazunari Japan M
83 07:00:46 121 Re Gerardo Hector Argentina M
84 07:00:46 125 angel pallaruelo France M
85 07:00:46 184 Cahez Cahez Thibaud France M
86 07:00:46 34 Kalogiros Panagiotis Greece M
87 07:00:46 376 Cordisco German Argentina M
88 07:00:46 222 Kulinski Tomasz Poland M
89 07:00:47 240 Papi Alessandro Italy M
90 07:00:47 64 Shelley Claire United Kingdom F
91 07:00:47 128 Froberg Arie Netherlands M
92 07:00:47 71 Sheffield Drew United Kingdom M
93 07:00:47 232 Kalaczynski Ryszard Poland M
94 07:00:47 356 Falkov Alexander Russian Federation M
95 07:00:48 244 Baudek Gerald Germany M
96 07:00:48 317 Oyama Reinin Japan M
97 07:00:48 109 Marco Bundi Switzerland M
98 07:00:48 346 Yoshikoshi Osamu Japan M
99 07:00:48 206 Rudolf Tamas Hungary M
100 07:00:48 97 Smith Philip United Kingdom M
101 07:00:49 193 Jen Iang Jan Taiwan R.O.C. M
102 07:00:49 378 Ernst Daniel Netherlands M
103 07:00:49 302 Kurobe Ken Japan M
104 07:00:49 207 Dierx Wilma Netherlands F
105 07:00:50 342 Yamaguchi Atsushi Japan M
106 07:00:50 153 Falk Andreas Sweden M
107 07:00:50 139 Rojas Peredo Ricardo Argentina M
108 07:00:50 375 Giemza Stanislaw Poland M
109 07:00:51 77 Bochons Eusebio Spain M
110 07:00:51 21 Gogos Ey. Apollonios Greece M
111 07:00:51 4 Karaiosif Ilias Greece M
112 07:00:51 170 Leysen Patrick Belgium M
113 07:00:51 29 Arapoglou Stergios Greece M
114 07:00:52 270 Wanner Klaus Germany M
115 07:00:52 75 Wagner Josef Austria M
116 07:00:52 219 Arauz Ruben Dario Argentina M
117 07:00:53 157 Segui Gerard France M
118 07:00:53 15 Kakkavas Sotirios Greece M
119 07:00:53 51 Pallaruelo Gilles France M
120 07:00:53 112 Debize Jerome France M
121 07:00:53 126 Vajda zoltan Hungary M
122 07:00:53 37 Tsoulogiannis Anastasios Greece M
123 07:00:53 189 Philippe SEGUI France M
124 07:00:54 16 Mpesiris Dimitrios Greece M
125 07:00:54 149 Duarte Fabian Alberto Argentina M
126 07:00:54 301 Kurihara Satoshi Japan M
127 07:00:54 169 Bugge Leonardo Argentina M
128 07:00:54 289 Hayashi Kenji Japan M
129 07:00:54 80 Cordoba Martin Miquel Argentina M
130 07:00:54 131 Valenzuela Francisco Mexico M
131 07:00:55 179 Vanhole Yves Belgium M
132 07:00:55 41 Bakas Vagelis Greece M
133 07:00:55 44 Masouras Christos Greece M
134 07:00:56 343 Yamakita Masanori Japan M
135 07:00:56 319 Sakai Ryuichi Japan M
136 07:00:56 218 Kierdelewicz Nicolas Spain M
137 07:00:57 327 Shimizu Shoichi Japan M
138 07:00:57 273 Ziefle Herbert Germany M
139 07:00:57 224 Johnson Peter United Kingdom M
140 07:00:57 124 Jumisko Juha Finland M
141 07:00:57 306 Muramoto Osamu Japan M
142 07:00:57 243 Bahlcke Annett Germany F
143 07:00:58 161 Dejaeger-Braet luc Belgium M
144 07:00:58 288 Furuyama Takako Japan F
145 07:00:58 304 Matsuda Yoshiko Japan F
146 07:00:58 95 Takechi Masato Japan M
147 07:00:58 326 Sekiya Koki Japan M
148 07:00:59 279 Asano Sadaitsu Japan M
149 07:00:59 192 De Petter Peter Belgium M
150 07:00:59 321 Sakano Toyohiko Japan M
151 07:00:59 66 Ng Seow Kong China M
152 07:00:59 276 Zuth Juergen Germany M
153 07:01:00 47 Stella Markakou Greece F
154 07:01:00 89 Lubics Szilvia Hungary F
155 07:01:00 181 Huzij Frank Austria M
156 07:01:00 93 Ilott Martin United Kingdom M
157 07:01:00 328 Shirakata Michihiro Japan M
158 07:01:00 150 Csaba Lajko Hungary M
159 07:01:00 360 Eivindsen Eiolf Norway M
160 07:01:01 146 Dorum Lars Christen Norway M
161 07:01:01 194 Orye Jan Belgium M
162 07:01:01 185 Johan Bogaert Belgium M
163 07:01:01 316 Owada Minoru Japan M
164 07:01:01 253 Hedelt Holger Germany M
165 07:01:02 256 Hosl Patrick Germany M
166 07:01:02 73 Dieplinger Guenter Austria M
167 07:01:03 261 Lange Andre Germany M
168 07:01:03 283 Dan Koji Japan M
169 07:01:03 248 Bergmann Heike Germany F
170 07:01:03 325 Sekiguchi Shoichi Japan M
171 07:01:03 262 Leu Oliver Germany M
172 07:01:03 173 Sjavik Trond Norway M
173 07:01:04 249 Daum Stefan Germany M
174 07:01:04 162 Chownsmith Laurence United Kingdom M
175 07:01:04 182 Sznopek Jozef Hungary M
176 07:01:04 284 Fujita Katsumi Japan M
177 07:01:04 117 Lawson Cat United Kingdom F
178 07:01:04 190 Lukacs Albert Hungary M
179 07:01:05 102 Vojnic Zelic Igor Serbia And Montenegro M
180 07:01:05 135 Bacon Martin United Kingdom M
181 07:01:05 241 Cudin Ivan Italy M
182 07:01:06 313 Onari Takeshi Japan M
183 07:01:06 246 Brandt Michael Germany M
184 07:01:06 323 Sato Ryoichi Japan M
185 07:01:06 20 Tzimis Vasilios Greece M
186 07:01:06 340 Ueno Yuji Japan M
187 07:01:06 358 cialdini giuseppe Italy M
188 07:01:06 267 Simon Ralf Germany M
189 07:01:07 210 De Paola Loris Italy M
190 07:01:07 362 BELTRAMINO OSVALDO Italy M
191 07:01:07 292 Hiyama Kazushige Japan M
192 07:01:07 300 Kudo Hitoshi Japan M
193 07:01:07 156 Bonfiglio Marco Italy M
194 07:01:07 63 Primozic Lojze Slovenia M
195 07:01:07 265 Otto Jan Germany M
196 07:01:08 202 Palasthy Istvan Hungary M
197 07:01:08 333 Takayasu Tomio Japan M
198 07:01:08 154 longhi claudio vladimir Italy M
199 07:01:08 332 Taguchi Yukimitsu Japan M
200 07:01:09 314 Otani Shinichi Japan M
201 07:01:09 107 Ali Paul United Kingdom M
202 07:01:09 309 Nakashima Toyohisa Japan M
203 07:01:09 297 Kakizaki Yuichi Japan M
204 07:01:09 290 Higashino Kyoko Japan F
205 07:01:09 90 Accarino Francesco Italy M
206 07:01:10 59 Chambers Lindley United Kingdom M
207 07:01:10 36 Kofinis Kostas Greece M
208 07:01:10 294 Inoue Kazuya Japan M
209 07:01:10 164 Bergmann Heinz-Peter Austria M
210 07:01:10 338 Teshigawara Ken Japan M
211 07:01:10 54 Nucifora Carmelo Italy M
212 07:01:11 278 Akiyama Shigenori Japan M
213 07:01:11 14 Matthaiou Amalia Greece F
214 07:01:11 349 gallina davide Italy M
215 07:01:11 385 Calzolai David Italy M
216 07:01:11 111 Blamires Mike United Kingdom M
217 07:01:11 140 Lodi Lodovico Italy M
218 07:01:11 352 Andersson Mikael Sweden M
219 07:01:12 363 Nunez Rodriquez Luis Alberto Spain M
220 07:01:12 103 Wangberg Jonas Sweden M
221 07:01:12 315 Otani Tetsuya Japan M
222 07:01:12 187 Sourice Wilfried France M
223 07:01:12 82 Di Giorgio Giuseppe Italy M
224 07:01:13 329 Sonoyama Satoshi Japan M
225 07:01:13 334 Takebe Yoshiyuki Japan M
226 07:01:13 230 Rosquist Andersen Thomas Denmark M
227 07:01:13 303 Maruyama Yoshikazu Japan M
228 07:01:13 130 Steene Johan Sweden M
229 07:01:13 366 Fazekas Jan Slovakia M
230 07:01:14 145 Hines Mark United Kingdom M
231 07:01:14 18 Koutios Dimitris Greece M
232 07:01:14 365 Giogiakas Anastasios Greece M
233 07:01:14 380 Georgiou Alexandros Greece M
234 07:01:14 353 Rosenqvist Kerstin Sweden F
235 07:01:14 87 Szabo Bela Hungary M
236 07:01:15 268 Thoms Stu Germany M
237 07:01:15 91 Mustala Ari Finland M
238 07:01:15 291 Hirayama Ichiro Japan M
239 07:01:15 251 Giese Ralf Germany M
240 07:01:15 142 Brueyre Laurent France M
241 07:01:16 43 Fournaris Marios Greece M
242 07:01:16 345 Yoshikoshi Miyako Japan F
243 07:01:16 215 Hegedus Akos Hungary M
244 07:01:16 197 jacky heckmann France M
245 07:01:16 188 Jean-Benoit Jaouen France M
246 07:01:17 118 Philippe Foix France M
247 07:01:17 176 Buiten Ria Netherlands F
248 07:01:17 195 Richard Jean-Pierre France M
249 07:01:17 239 Poponesi Filippo Italy M
250 07:01:17 382 Le nagard Paskal France M
251 07:01:17 171 Guilhen Dubourdieu France M
252 07:01:18 177 Cardoso Dias Daniel Portugal M
253 07:01:18 287 Fukushima Hiroshi Japan M
254 07:01:18 272 Witzler Frank Germany M
255 07:01:18 23 Kostarelos Georgios Greece M
256 07:01:18 379 Simonyi Balazs Hungary M
257 07:01:18 209 Mathieu Veron France M
258 07:01:19 191 Heurtault Marc France M
259 07:01:19 257 Kaminsky Peter Germany M
260 07:01:19 19 Athanasios Tzimis Greece M
261 07:01:19 166 Brunon Jean-Philippe France M
262 07:01:19 217 Szabo-Penzes Gabor Hungary M
263 07:01:19 81 Jean Lapeyre France M
264 07:01:19 30 Patakas Therinos Greece M
265 07:01:20 119 Nana Andrei United States M
266 07:01:20 25 Nicolaou Anastasios Greece M
267 07:01:20 229 Henk Harenberg Netherlands M
268 07:01:20 55 Low Andras Hungary M
269 07:01:20 275 Zirinidis Stilianos Germany M
270 07:01:20 8 Krystallis Dimitrios Greece M
271 07:01:20 88 Renes Jeroen Netherlands M
272 07:01:20 247 Berger-Schmitt Regina Germany F
273 07:01:21 250 Ganter Martin Germany M
274 07:01:21 223 Sipos Jozsef Hungary M
275 07:01:21 129 Gered Laszlo Hungary M
276 07:01:22 17 Apostolopoulos Ioannis Greece M
277 07:01:22 38 Dogantzis Anastasios Greece M
278 07:01:22 24 Ggeorgantzas Alexandros Greece M
279 07:01:22 263 Marhold Gunter Germany M
280 07:01:22 35 Adamopoulos Theodore Greece M
281 07:01:23 318 Saito Kazuyoshi Japan M
282 07:01:23 344 Yokoyama Hiroshi Japan M
283 07:01:23 52 Morishita Yukio Finland M
284 07:01:23 348 Brocklebank Susan Switzerland F
285 07:01:24 5 Mastroperros Panagiotis Greece M
286 07:01:24 40 Chatzigeorgiadis Emmanouil Greece M
287 07:01:24 61 Schriver Henrik Denmark M
288 07:01:24 48 Kasimi Sofia Greece F
289 07:01:24 22 Koutsioukos Georgios Greece M
290 07:01:24 39 Fotopoulos Fotios Greece M
291 07:01:25 60 Haka Sakari Finland M
292 07:01:25 136 Kulcsar Andras Hungary M
293 07:01:25 231 Roennelund Soeren Denmark M
294 07:01:25 32 Chelioudakis Emmanuil Greece M
295 07:01:25 7 Athanasiadis Stavros Greece M
296 07:01:25 216 Hall Jonathan United Kingdom M
297 07:01:26 105 R. Jensen Bjarne Denmark M
298 07:01:26 160 Andersen Tina Denmark F
299 07:01:26 361 Papageorge Nick Denmark M
300 07:01:27 175 Henrik Hoffensitz Denmark M
301 07:01:27 106 Moeller Kent Denmark M
302 07:01:27 110 Sundskard Pol Faeroe Islands M
303 07:01:27 67 Forsell Marko Finland M
304 07:01:27 198 Skytte Soeren Denmark M
305 07:01:27 58 Perttila Petri Finland M
306 07:01:28 122 Kim Rasmussen Denmark M
307 07:01:28 26 Tsagkeras George Greece M
308 07:01:28 168 Jorgensen Mathias Denmark M
309 07:01:28 12 Tipou Pavlos Greece M
310 07:01:29 56 Ahlholm Tuula Finland F
311 07:01:29 212 Deng Yeong Chein Taiwan R.O.C. M
312 07:01:29 183 coelho vitor Portugal M
313 07:01:29 2 Papakostas Ioannis Greece M
314 07:01:30 259 Karl Hubert Germany M
315 07:01:30 213 Mimoso Jorge Portugal M
316 07:01:30 225 Antell Tarja Finland F
317 07:01:30 45 Dhondt Frank Belgium M
318 07:01:30 6 Panos Georgios Greece M
319 07:01:30 68 Mendes Manoel Brazil M
320 07:01:30 186 Thorstrom Jaana Finland F
321 07:01:31 196 Gordillo Hugo Uruguay M

2013年12月25日 (水)

Merry Christmas to everyone!

I give you a photo of special cake.
This one was made by my first son.
Taste is so nice!
Excellent job, my son!!!!!!! by kazu.
Rimg0416

2013年12月23日 (月)

フィギュアスケート団体戦がソチオリンピックから始まるらしい

Ando
全日本フィギュア選手権はオリンピック出場選手選考においてもっとも重要な大会ということもあり、盛り上がっている。
浅田真央ちゃんのファンでフィギュアスケートのテレビ観戦が好きな私と妻はこの3連休の夜はテレビ観戦三昧になりそうだ。

年代的に伊藤みどり世代でもあり、世界に通用する日本選手が複数いる状況には隔世の感があるが、素直に喜びたい。

さて、明日というか今晩、オリンピック日本代表選手が決まるのであるが、そのソチオリンピックからフィギュアスケートの団体戦が始まるとのこと。
女子の浅田選手に加え、男子も羽生選手までも金メダルが有力となると団体戦も期待してしまうところであるが、ルールを調べてみると、日本は実に厳しい状況である。

というのは、フィギュア団体とは男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンスの4種目による団体戦だからである。
そのため男女ともシングルは国別では最大の3人ずつの出場枠を持っているものの、ペアとアイスダンスは世界レベルでないため、団体戦の出場枠にやっと滑り込んだということらしい。

というわけで、個人の男女シングルで金メダルをとれたとしても、団体戦では入賞するかしないかという状況のようです。

社交ダンス文化が根付いておらず、中国のように国家的な育成システムの無い日本において、ペアやアイスダンスが弱いのは必然であると思うが、団体戦があるとなるとオリンピック好きの私としては少し気になるところである。

まあ、そんなことより、全日本フィギュア選手権の結果を踏まえた五輪代表選手選考はどうなるのでしょうか?
私の予想は、男子シングル 羽生選手、町田選手、高橋選手。怪我でジャンプを失敗しても流血しても最後まで演技を続けた高橋選手を選んで欲しいですね。
また女子は、フリーが終わっていませんが、ショートの結果どおり浅田選手、鈴木選手、村上選手でしょうか。
個人的にはかつて4回転を成功させ、ママさん選手となった安藤美姫選手に出場してもらいたいのですが、さすがに厳しいでしょうね。

あー、今晩が楽しみだ。

2013年12月21日 (土)

お酒の上手な飲み方(飲酒量と健康・死亡率の関係性)

忘年会から新年会シーズン、酒の弱い私もそれなりに飲む機会が増える季節である。
最近は勧められても自分のペースで飲むことが出来るようになって、二日酔いしなくなってきたし、飲み放題でない宴会での割り勘要員としては優秀なことだろう。(笑)

さて朝日新聞に「体に無理のないお酒の飲み方は?」という記事が載っていた。
気なったところを抜粋引用してみる。

アルコールは胃や小腸で吸収され、肝臓で分解される。
分解過程はアルコール→アセトアルデヒド→酢酸→?
肝臓で処理できなかったアセトアルデヒドが血液に入り、その結果、頭痛や吐き気、顔を赤くする。

アセトアルデヒドの分解には分解酵素が必要で日本人をはじめとする東アジア人は、遺伝的に分解酵素が良く働く人58%、働きが弱い人36%、働かない人6%となっている。
つまり10人に4人は酒が弱いか飲めない。私はこの酒が弱いに入っているようだ。

次に飲酒量と死亡率の関係はJカーブを描くらしい。
J
死亡率が最も低いのがJの底の部分で1日平均飲酒量がアルコール換算で19グラムまでとのこと。(女性の場合は9グラムまで)
※アルコール20グラムはビール中ビンで500ml、日本酒、ワインで1合(180ml)

1日缶ビール1本で晩酌している私はもっとも死亡率が低い位置にいるということは嬉しい限りだ。

また記事ではウコンドリンクについて記載が在った。「有効性について信頼できるデータは見当たらない」とのこと。まあ、薬ではないのだから、そうだろう。

記事の結論としては、「ドリンク過信せず、適量を」。
そのとおりだと思うが、忘年会から新年会までの間くらいは羽目を外しても良いのではないだろうか(笑)

2013年12月19日 (木)

【映画】マッキー(インド)

【映画】マッキー(インド)
ハエとして生まれ変わった青年が、人間の時に好きだった女性を守るべく、自分を殺した男に復讐を挑むという奇想天外なアクション。CGで作り出されたハエがトレーニングを積んだり、インド映画ならではのダンスシーンに挑む姿がコミカルだ。そのユニークな設定で、本国インドだけでなく、海外でもヒットを記録した。

【あらすじ】
ジャニ(ナーニ)は民族衣装のサリーにつける装飾品など小さなものを作るマイクロ・アーティストのビンドゥ(サマンサ)に好意を寄せていた。ある日、ビンドゥは参加しているNGOの慈善活動への寄付を募りにまわっていたところ、裏の世界にも通じる建設会社社長のスディープ(スディープ)が彼女の美貌に目を留める。落とせない女はいないと自負するスディープは、多額の寄付をしてビンドゥを手中に収めたと勝手に思い込んでしまう。ジャニがビンドゥに告白し気持ちが通い合ったことを知り激怒したスディープは、怒りにまかせてジャニをなぶり殺しにする。死んだジャニはハエに転生。ビンドゥの身を守りスディープに復讐を果たすべく、ハエになったジャニは立ち向かっていく……。

【作品データ】
原題:Eega
製作年:2012年
製作国:インド
配給:アンプラグド
上映時間:125分

【スタッフ】
監督:S・S・ラージャマウリ
脚本:S・S・ラージャマウリ

【キャスト】
スディープ:スディープ
ビンドゥ:サマンサ・プラブー
ナーニ:ナーニ

【ひと言】
小難しさのない無条件に楽しく面白い映画でした。
多民族で多宗教なインドの映画らしい、とにかく分かり易い映画です。子どもも安心して楽しめるという意味では、世界最高レベルの映画かもしれない。
ハエを主人公にできるのもCGが発達したおかげであるが、外国映画という距離感がこういう奇想天外なストーリーの違和感を中和させ、むしろリアリティや臨場感を増幅させて、より楽しく感じられるから不思議だ。
悪がなかなか倒されず、ハラハラさせてくれた上に、続編を予感させる終わり方でしたし、きっと続編ができるでしょう。それも今から楽しみです。
テレビ放映されるなら子供たちにぜひ見せたい作品です。

2013年12月17日 (火)

UTMB参加資格レースポイント一覧

Utmb
2014年のウルトラ・トレイル・デュ・モンブランに参加するには下記のレースに完走し、3レースで計7ポイント以上必要のようです。(2012年1月1日〜2013年12月31日)
・2012年2月12日  OSJ奄美ジャングルトレイル 50Km(1ポイント)  
・2012年4月15日  平尾台トレイル 40Km(1ポイント)
・2012年5月13日  道志村トレイルレース 41Km(1ポイント)
・2012年5月14日  オックスファームトレイルウォーカー 100Km(0ポイント)
・2012年5月18日  静岡と山梨 82Km(2ポイント)
・2012年5月18日  ウルトラトレイルマウント富士 158Km(4ポイント)
・2012年5月26日  つるぎトレイルランニングレース 43Km(1ポイント)
・2012年6月3日   OSJ奥久慈トレイル 50Km(2ポイント)
・2012年6月17日  ビューティフルトレイル信州 菅平 42Km(1ポイント)
・2012年7月8日   北丹沢アドベンチャーレース 44Km(1ポイント)
・2012年7月14日  OSJおんたけウルトラトレイル 100Km(3ポイント)
・2012年7月15日  野沢温泉4100D 65Km(2ポイント)
・2012年7月15日  OSJおんたけ100マイル 155Km(4ポイント)
・2012年7月15日  THE4100D 65Km(2ポイント)
・2012年8月25日  美ヶ原トレイルラン 70Km(1ポイント)
・2012年8月26日  XTERRAトレイルラン日光、白根、丸沼 50Km(1ポイント)
・2012年9月9日   上野原トレイルレース 39Km(1ポイント)
・2012年9月16日  白馬インターナショナルトレイル 50Km(1ポイント)
・2012年9月16日  OSJ王滝マラソン 42Km(1ポイント)
・2012年9月16日  信越五岳マウンテントレイル 110km(3ポイント)
・2012年9月23日  北海道トレイルランニング 50Km(1ポイント)
・2012年9月23日  北海道トレイルランニング 70Km(2ポイント) 
・2012年9月23日  OSJ安達太良トレイル 50Km(1ポイント)
・2012年9月30日  上州武尊山スカイビュートレイル 50Km(2ポイント)
・2012年10月7日  長谷川恒男CUP 72Km(2ポイント)
・2012年10月14日 斑尾フォレストトレイル 50km(1ポイント)
・2012年10月28日 OSJ氷ノ山トレイル 71Km(2ポイント)
・2012年11月3日  OSJ八ヶ岳スーパートレイル 103Km(3ポイント)
・2012年11月3日  OSJ八ヶ岳スーパートレイル100マイル 160Km(4ポイント)
・2012年11月3日  信州戸隠トレイルレース 45Km(1ポイント)
・2012年11月11日 神流マウンテンラン&ウォーク 40Km(1ポイント)
・2012年11月11日 神流マウンテンラン&ウォークウルトラ 50Km(1ポイント)
・2013年2月10日  OSJ奄美ジャングルトレイル 50Km(1ポイント) 
・2013年3月10日  伊豆トレイル 70Km(2ポイント) 
・2013年4月21日  平尾台トレイル 40Km(1ポイント)
・2013年4月26日  静岡と山梨 85Km(3ポイント)
・2013年4月26日  ウルトラトレイルマウント富士 161Km(4ポイント)  
・2013年5月12日  道志村トレイルレース 41Km(1ポイント)
・2013年5月15日  オックスファームトレイルウォーカー 100Km(0ポイント)
・2013年6月2日   OSJ奥久慈トレイル 50Km(2ポイント)
・2013年6月9日   スリーピークス八ヶ岳トレイル 38Km(1ポイント)
・2013年6月15日  ビューティフルトレイル信州 菅平 42Km(1ポイント)
・2013年7月7日   北丹沢アドベンチャーレース 44Km(1ポイント)
・2013年7月13日  OSJおんたけ100マイル 155Km(4ポイント)
・2013年7月13日  OSJおんたけウルトラトレイル 100Km(3ポイント) 
・2013年7月13日  THE4100D 65Km(2ポイント)
・2013年7月14日  大雪山トレイルジャーニー 110Km(3ポイント)  
・2013年7月15日  野沢温泉4100D 65Km(2ポイント)
・2013年7月21日  霧島、えびの高原トレイル 60Km(2ポイント)
・2013年8月25日  XTERRAトレイルラン日光、白根、丸沼 50Km(1ポイント)
・2013年8月31日  美ヶ原トレイルラン 72Km(2ポイント)
・2013年9月7日   OSJ八ヶ岳スーパートレイル 103Km(3ポイント)
・2013年9月7日   OSJ八ヶ岳スーパートレイル100マイル 160Km(4ポイント) 
・2013年9月15日  白馬インターナショナルトレイル 50Km(1ポイント)
・2013年9月15日  信越五岳マウンテントレイル 110km(3ポイント)
・2013年9月15日  信越五岳マウンテントレイル 92km(2ポイント)  
・2013年9月22日  北海道トレイルランニング 50Km(1ポイント)
・2013年9月22日  北海道トレイルランニング 70Km(2ポイント) 
・2013年9月29日  OSJ安達太良トレイル 50Km(1ポイント)
・2013年9月29日  上州武尊山スカイビュートレイル 50Km(1ポイント)
・2013年10月6日  斑尾フォレストトレイル 50km(1ポイント)
・2013年10月13日 長谷川恒男CUP 72Km(2ポイント)  
・2013年10月20日 OSJ氷ノ山トレイル 71Km(2ポイント)
・2013年10月26日 信州戸隠トレイルレース 45Km(1ポイント)
・2013年11月10日 神流マウンテンラン&ウォークウルトラ 50Km(1ポイント)

【ひと言】
 なんとポイントを獲得したレースはたった3つしかない。
 それでも獲得ポイントは計11ポイントになるので今年のエントリーは大丈夫ですが(笑)
 ※正確には公式サイトでご確認ください。

2013年12月14日 (土)

ワールドカップ出場国を動物に例えた英国紙アニマル評価が面白い!

A組
ブラジル:ライオン…誰もが認める百獣の王。縄張りの中心からすべての獲物を見据える
クロアチア:オオコウモリ…存在感はないが、棒立ちしていると襲われて大怪我を負う
メキシコ:ハイエナ…おこぼれにあやかるイメージがあるが、自らも積極的に狩りを行う勇猛さをもつ
カメルーン:バッファロー…ポテンシャルは素晴らしいが、しばしば全く違う方向へ走って行くことも

B組
スペイン:カバ…長年恐るるに足らないと思われていたが、実は最も危険であることが分かった
オランダ:チーター…獲物を追い回す狩人のイメージがあるが、シマウマ以外を狩る姿は想像しにくい
チリ:チンパンジー…外見からは想像もつかない獰猛さと力を持つ
オーストラリア:ジャイアントパンダ…存在感はあるが強いのか弱いのかよくわからない。どう戦うのか想像がつかない

C組
コロンビア:キングコブラ…その毒牙はどんな猛獣も死に追いやることができるが、口を掴まれるとなす術がない
コートジボワール:ゴリラ…腕力はあるが、猛獣と渡り合う勇気はない
ギリシャ:カメレオン…多くのものにとって取るに足らない存在だが、生き残る術を心得ている
日本:キリン…猛獣を追い返す力を持つが、一度倒れると起き上がれない

D組
イタリア:ゾウ…ライオンも密かに警戒する裏の王様。だが何を考えているか分からず、しばしば突拍子もない行動に出る
イングランド:マンドリル…強そうな風貌をしているが、誰も戦うところを見たことがない
ウルグアイ:サイ…大きなツノを持ち、簡単には倒せないが、ライオンを脅かすほどではない
コスタリカ:インパラ…猛獣に追いかけ回される姿しか見たことがない

E組
フランス:ゾウアザラシ…見た目よりずっと強くプライドも高いが、百獣の王の称号を争う実力はない
スイス:オセロット…スマートな動きで中々捕まえられないが、尻尾を掴めば仕留めたも同然
エクアドル:コヨーテ…存在感はまずまず、実力もまずまず。良くも悪くも期待通りの動きしかしない
ホンジェラス:ハリネズミ…捕らえ方さえ心得ていれば、簡単に駆除できる

F組
アルゼンチン:ホッキョククマ…見た目も美しく牙も爪もある。しかしすぐ自分の住処に帰りたがる
ボスニア:ダチョウ…どこに現れても違和感しかなくギョッとさせるが強いわけではない
ナイジェリア:ヒョウ…狩られる側ではないが、強いとも言えない。気づいたときには消えている
イラン:ディンゴ…似たような動物がたくさんいて、名前と姿が一致しない

G組
ドイツ:シベリアトラ…ライオンと刺し違える力を持つ。ライオンより美しく強いと信じるものもいる
ポルトガル:ジャガー…チーターの紛い物だと思われているが、実はチーターより頑強な身体を持つ
ガーナ:グリズリー…どんな相手とも互角以上に戦うが、野心が感じられずサケを食べるだけで満足している
アメリカ:オオカミ…知名度があり、強いと思われているが、それはあくまで象徴的な強さである

H組
ベルギー:スイギュウ…あまり見ることがない動物だが、戦ってみると怖い存在かもしれない
ロシア:オオアリクイ…掴みどころのないオーラを漂わせているが、つまるところアリを食べる動物である
韓国:ビーバー…獰猛で噛みつかれると大怪我をするが、誰も怖いと思っていない
アルジェリア:ハゲワシ…死体をつつくことしかできない動物。幸運なことに傷つくことなくブラジルまで飛んできた

【ひと言】
日本がキリンって、スポンサーが「KIRIN」だから?
こんな誰もが知っている大型動物に評されるとは、日本代表も評価高いのですね。
最後のH組のアルジェリアとかE組のホンジュラスなんて、かわいそう過ぎる。

2013年12月12日 (木)

【演劇】ア・ラ・カルト2 役者と音楽家のいるレストラン Final

【演劇】ア・ラ・カルト2 〜役者と音楽家のいるレストラン Final
四半世紀に渡たり年末に興行されてきた特徴的な演劇が今年で終わるに当たり、観劇して感激してきました。(笑)

●会場:こどもの城 青山円形劇場
●日程:2013年 12月 6日(金) 〜 26日(木)
◆出演:
【役者】高泉淳子 山本光洋 本多愛也 中山祐一朗
【音楽家】中西俊博(violin) クリス・シルバースタイン(bass) 竹中俊二(guitar) 林正樹(piano)
【演出】吉澤耕一 【台本】高泉淳子 【音楽監督】中西俊博
【日替わりゲスト】 池田鉄洋 篠井英介 春風亭昇太 ROLLY(50音順) 
■概要
青山円形劇場の完全円形オープンスペースで360度どの角度からでも楽しめるという特色を生かした演劇である。
Imgp6159
クリスマスの夜のフレンチレストラン「ア・ラ・カルト」を舞台に、訪れた客達が繰り広げるドラマを、単品料理(a la carte)に例えて描いたオムニバス形式の物語である。
【役者】の白井晃、高泉淳子、陰山泰(2009年まで)が様々なキャラクターを演じ、バイオリニスト中西俊博を音楽監督として迎え、【音楽家】の生演奏と共に芝居が進行される。
フレンチレストランの開店から閉店までを舞台に、男と女の恋愛や家族にまつわる情景のショート・ショートを単品料理に例え、各エピソードをコース料理の提供順に準えて綴る。「役者と音楽家の…」というサブタイトル通り、ミュージシャンもレストラン専属のバンドとしてこの芝居の重要な役割を占める。
劇中で繰り広げられるエピソードの中には馴染みのキャラクターが来店し、お馴染みのやり取りをコメディータッチを交えて繰り広げたり、ショータイムと呼ばれるコーナーにて、各出演者がそれぞれ意外な一面を見せるキャラクターに化けての登場とシャンソン、JAZZ、POPS、ダンスなどを織り交ぜ舞台に華やかさを添える場面などもあり、この舞台の一番の呼び所となっている。
2010年には「ア・ラ・カルト2」としてリニューアルオープンした。 この「ア・ラ・カルト2」では、当初からのメンバーであった白井晃、陰山泰は08年の20周年公演をもって卒業という形となり、新たにパントマイマー山本光洋、本多愛也の二名の役者を得て、新装開店となった。 2013年、青山円形劇場の閉館に伴い25周年で終了となる。(以上wikipediaからの引用)

【ひと言】
 舞台はほとんど観ることがないのであるが、この舞台は最高の舞台の一つだと思っている。
 その理由は、演劇としての役者の名演技やストーリーの面白さはもちろんのこと、上質の音楽、おいしいお酒と料理の数々、さらに劇とは無関係な学園祭のようなハチャメチャなショータイム、それらが円形劇場という珍しい舞台のうえで、客席と役者との間が極めて近接した状況で味わえるからだ。さらに幕間ではワインが振る舞われるという楽しみまであるのである。
 こんなにいろいろな楽しみを与えてくれる演劇は他に類を見ないと思われる。
Imgp6158

 さすがに25周年を迎え、パワフルさは陰りが出てきた感はあるものの、限られたパターンに凝縮された味わい深さは一層濃厚になり、それはまさにクセになるほどであり、今回で終わりになるのは何ともさみしい限りである。

 変わることを拒む気持ちが生じているのは、ひとえに時代は流れ、年を重ねてきたということの裏返しでもあるところなのだろう。
 惜しむ気持ちばかりが出てきてしまうのであるが、いちおう大人でもあるので、今まで毎年年末に素敵な舞台をありがとうございましたと感謝で締めくくりたい。ブラボー!

2013年12月11日 (水)

【テレビ】応援ドキュメント 明日はどっちだ(NHK)

過疎の村の専属ランナー重見さん 24時間耐久マラソン挑戦!

Pc111472
これは関ジャニ∞が頑張る人々を応援する連続ドキュメンタリー番組。今回は、過疎化に悩む長野県売木村の専属ランナーの物語。村のPR、村の再生、地域おこしのために24時間耐久マラソンに挑戦するのだ。
Pc111565
その人は長野県売木村専属ランナー重見高好さん(31)、その仕事は「走ること」。マラソン大会で好成績をおさめて、村を高地トレーニングに最適な場所としてPRしたり、村でマラソンイベントを開いたりしてきた。今回は、何と24時間耐久マラソンに挑む。一日じゅう走り続けて、総距離を競う過酷なレースで全く未知の世界だ。はたして、村のために走りきることができるのか。

Pc111532 神宮外苑24時間チャレンジは世界選手権の日本代表選手選考も兼ねる公式レースであり、ウルトラマラソンランナーにとって、真の王者を決める最高の舞台である。
かくいう私も来年は選手登録して出場したいと思っている。

この重見さんは実業団ランナーであったが、今は売木村の臨時職員として、過疎の村をPRしている。PRの方法は売木村のユニフォームを着て走るというものだ。

結果的に269.225kmを走りきり、見事優勝。記録は国内最高記録であった。(2013年度世界ランキング2位)
Pc111489
初めてでこの記録、凄すぎます。実業団ランナーのポテンシャルというよりも、血マメもものともせず、歩くこともままならいまで走りきった重見さんはさすがでした。帰路ふらついて生垣に倒れこんでいました。
Pc111496
あと、奥様が24時間サポートしていたのがとても微笑ましかったですし、実際、このサポートがあっての新記録だと思いました。

追記:ウルトラランナーの見知った顔がチラホラ写り、見ていてとても楽しかったです。
Pc111561_2
   最後に「売木村で社員旅行という名の合宿します」といって名刺交換していたランナーは、スパルタスロンでもご一緒した私の大好きなウルトラマラソンランナーのバカロードさんでした。
Pc111500Pc111528
   さすがバカロードさん!最高です!

2013年12月10日 (火)

【書評】よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ 加藤 哲太/監修

Drag
副題は「99%の人が、危険で効かない飲み方をしている」

大きく体調を崩したとき意外はあまり薬は服用しない主義なのであるが、たまに飲むときに少し気になっていたところ、図書館のお奨めコーナーで見つけて借りたものである。
飲み合わせの悪いものとして50パターン以上列記されていたが、私が特に気になったのは以下のものである。

・グレープフルーツジュース+さまざまな薬 薬の副作用を強める。
・アルコール飲料+かぜ薬・解熱鎮痛剤 脳機能が低下し、意識がぼんやりする。
・コエンザイムQ10+心臓病の薬 心臓の機能が悪化する。
・ミネラル+抗生物質・骨粗しょう症の薬 薬の効き目が十分に得られない。
・食物繊維入りトクホ+すべての薬 薬が吸収されず、効きにくくなる。

グレープフルーツジュースは好きなのですが、薬の効きが強くなるということで悪い飲みあわせとなっていますが、逆に言うと良く効くとも言えるので、私的には症状の状況によっては効果的な活用しようと思いました。(笑)
アルコールは薬と相性が良いとは思えないのですが、さらに気をつけようとを思いました。
その他は私には関係ありませんが、多くの人に影響がありそうだと思いました。

2013年12月 8日 (日)

【書評】アルプスを越えろ!激走100マイル 世界一過酷なトレイルラン 鏑木 毅/著

Trail_2
『競技レベルで走り続けている私ですが、このスポーツは「遊び」だと考えています。(中略)
肩の力を思いっきり抜いて、どんな苦しい状況も楽しめるかどうか。(中略)
この競技で身一つで向き合う地獄とは、日常ではめったに体験できない「楽しい時間」なのです。』(本文からの引用)

走るレベルは天と地ほど違うものの、思いは私とまったく同じなのがなんだかとてもうれしかったですね。

トレランに限らず市民ランナーの良いところは、苦しくてもそれは「遊び」なところ。
自然の中を走ることが多いトレランは特にそんな思いを強く感じることができるスポーツであることを第一人者たる鏑木さんが書いてくれたことはさすがですね。

簡単に遊びとは言っても、山の中を20時間以上走り続けることは並大抵ではありません。それについて、こんなことが書かれていました。
『このような並外れたスタミナが一朝一夕でついたわけではありません。トレイルランを始めた28歳から毎年少しずつ積み重ねるようにして、十数年がかりで今のような持久力を手に入れたと考えています。
持久力を付けるポイントは何か、一言でいうと「体脂肪を使える身体をつくること」です。限られた糖エネルギーでなく膨大な体脂肪エネルギーを優先的に使えるように身体を変えていくことです。(中略)
人間の体は、比較的運動強度が低い(低心拍)の状態にあると、体脂肪エネルギーを使いやすくできています。だからゆっくり長く走るようなトレーニングを積むことです。』(本文からの引用)

ふむふむですね。

話の多くはUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)のことで、まだ見ぬレースに思いが馳せました。それ以上に印象的だったのは、私も2012年に出場した第1回ウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)の開催裏話は、自分も参加者で完走できたことからとても興味深く読み進められました。

最後にもっとも印象深かった話は、あとがきに書いてあったトレランとは直接関係の無い素敵な話のことでした。
『UTMFの翌日、脚の痛みが消えたことは先にお話ししました。実はこの日にもう一つ、とても嬉しいことがあったのです。
痛みがないと喜び勇んでトレーニングから帰ってくると、妻から妊娠したことが伝えられたのでした。結婚して15年近く待ち望んでいた赤ちゃんを授かることになったのです。何とも運命的な日だったでしょうか。』(本文からの引用)

本当におめでとうございます。

2013年12月 7日 (土)

2014FIFAワールドカップ予選グループ決定 死のグループはD組

グループA ブラジル クロアチア メキシコ カメルーン
グループB スペイン オランダ チリ オーストラリア
グループC コロンビア ギリシャ コートジボワール 日本
グループD ウルグアイ コスタリカ イングランド イタリア
グループE スイス エクアドル フランス ホンジュラス
グループF アルゼンチン ボスニア・ヘルツェゴビナ イラン ナイジェリア 
グループG ドイツ ポルトガル ガーナ アメリカ 
グループH ベルギー アルジェリア ロシア 韓国

ブラジル大会予選リーグの死のグループはDですね。
過去W杯優勝国が3つも入っている。

ちなみに日本の対戦スケジュールは以下のとおり

6月14日 コートジボワール戦
6月19日 ギリシャ戦
6月24日 コロンビア戦

サッカーW杯抽選結果速報 日本は予選リーグC組 コロンビア ギリシャ コートジボワールと同じ組です。

2014年にブラジルで開催されるサッカーのワールドカップの予選リーグの組み合わせ抽選が行われました。

結果は表題のとおり日本はグループCとなりました。

日本の対戦スケジュールは以下のとおり

6月14日 コートジボワール戦
6月19日 ギリシャ戦
6月24日 コロンビア戦

(以下抽選前予想)

日本代表は?組で、ブラジル、カメルーン、イングランドと同じ組となりました。(かずさん予想)

私の願望とすれば、スペイン、ガーナ、ロシアと同じ組が理想でしょうか。
スペインが全勝し、日本は2勝1敗で決勝トーナメント進出ってのでいかがでしょう!

2013年12月 6日 (金)

ブラジルW杯、予選リーグ抽選会のグループ分け(テレビ中継有)

ブラジルW杯、予選リーグ抽選会のグループ分け(テレビ中継有)
2014サッカーワールドカップ予選リーグ抽選会が間もなく行われます。
抽選会のテレビ中継は
NHK総合(関東1チャンネル)で7日(土)午前1時45分(6日(金)25時45分)から、
NHKBS1で7日(土)午前0時00分(6日(金)24時00分)からとなっております。

抽選会のグループ分けは、
第1ポット スペイン、ドイツ、アルゼンチン、コロンビア、ウルグアイ、スイス、ブラジル、ベルギー
第2ポット チリ、コートジボワール、エクアドル、ガーナ、アルジェリア、ナイジェリア、カメルーン、第4グループから1か国
第3ポット アメリカ、メキシコ、コスタリカ、ホンジュラス、イラン、日本、韓国、オーストラリア
第4ポット ポルトガル、イタリア、オランダ、ギリシャ、イングランド、クロアチア、フランス、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ロシア(うち1か国は第2グループに移動)
となっております。

その結果、日本はアジア勢と北中米勢とは同じリーグにはなりません。つまりヨーロッパと南米とアフリカ勢のうちのどこかと一緒になるということです。

さて、日本はどこの組でどの国と一緒になりますかね?
ベルギー、アルジェリア、ロシアと一緒になると最高ですがね(笑)

2013年12月 5日 (木)

【テレビ】夫のカノジョ(TBS系) 今世紀最低視聴率で途中打ち切り

【テレビ】夫のカノジョ(TBS系) 今世紀最低視聴率で途中打ち切り
10月から始まった同ドラマを子どもたちと毎回欠かさず楽しく見ていたのですが、打ち切りとのことで、実に寂しい限りです。
我が家的には、かなり楽しくはまったドラマだっただけに、残念と思うとともに、視聴率が取れなかったことがどうにも不思議でなりません。
裏番組が強かったとはいえ、ハラハラドキドキしつつ、ほのぼのさを感じさせるバランスのとれた見ごたえのある出来だったと思うのですがね。

そんな疑念を説明している記事がありましたので、引用します。

今世紀最低視聴率『夫のカノジョ』 鈴木砂羽の名演技に注目(NEWS ポストセブン 12月5日(木)16時5分配信)
 第8回放送(12月12日)をもって終了すると発表されたドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)。第5回(11月21日)は3.0%と、今世紀の連続ドラマ(※註)で“最低視聴率”を記録してしまった。
 裏番組が平均視聴率20%を超える『ドクターX』(主演、米倉涼子・38才)ということもあって、苦戦が続いている『夫のカノジョ』。主演の川口春奈(18才)がブログで、<今はすべてが数字で判断される時代なのかな?>と嘆くほどだ。
 視聴者からは、「題名から、男の不倫でぐちゃぐちゃな展開を予想したのに、ちょっと肩すかし」という主婦(43才)の厳しい意見の寄せられているが、「低視聴率だけど、意外と楽しめます」と話すのはドラマに詳しい漫画家のカトリーヌあやこさん。
「体が入れ替わってしまうドラマはこれまでにもありましたが、20才のOLと、40才手前の主婦が入れ替わるっていうのはなかなか新鮮ですよ」(カトリーヌさん)
 39才の主婦・鈴木砂羽(41才)の演技に注目というのは、コラムニストのペリー荻野さんだ。
「夫の浮気を疑う嫉妬シーンが実に巧いっ。眉毛の角度で感情の起伏を見事に表してるんです。なかなかできる技じゃありませんよ」
 眉毛ひとつも見逃せない!

※註:プライム帯(19時〜23時)に放送された民放の連続ドラマ(テレビ東京を除く)
※女性セブン2013年12月19日号

確かに、ドロドロ不倫とは無縁の、むしろ真逆の爽やかで家族愛にあふれたドラマでしたからね。

2013年12月 4日 (水)

【書評】クオリティ国家という戦略 大前研一/著

Quality
副題「これが日本の生きる道」

日本はこれまでボリューム国家、すなわち加工貿易立国として発展してきた。
大前氏は人口減少を踏まえ、クオリティ国家に変革すべきだというのが本著の主張である。

【ボリューム国家】
・工業国モデル
・巨大な経済規模
・人口・労働力のボリューム
・低コストの人件費
BRICsなどの新興国(ブラジル、ロシア、インド、中国)

【クオリティ国家】
・21世紀型国家モデル
・小さな経済規模
・人口・労働力のクオリティ
・高コストの人件費をカバーする付加価値力、生産性の高さ
スイス、シンガポール、北欧諸国

<スイス>
スイス人は民度が高いのである。直接民主制は民度が高くなるのである。その代わり、住民同士の「縛り」は極めて厳しい。自分勝手なことはできない。直接民主制は多数決が絶対であり、その決定には必ず従わなければならないのだ。
民主主義は啓蒙された人間でなければ維持できない。啓蒙されていない人間が投票すると衆愚政治になる。そのことをスイス人は熟知しているから、直接民主制が正しく機能しているのである。

<シンガポール>
「善意ある独裁者」と評されたリー・クアンユー元首相は、「国民を食わせる」ことに尽力し、その実現のためにさまざまな改革を断行していったことが現在のシンガポールの繁栄に寄与していることは間違いない。

アメリカと中国は実は「クオリティ国家の集合体」である。

<アメリカ>
アメリカのシリコンバレーはIC、ハリウッドは映画、ニューヨークは金融、シカゴは穀物取引、ボストンは年金ファンド

<中国>
中国は100万人以上の都市が200以上の分散国家

【要旨】
世界からヒト、モノ、カネや企業、そして情報を呼び込むためには、日本が魅力的な国でなければならない。
そのためには規制撤廃が必要である。
アメリカもイギリスも30年前に断行し、15年後に花開いた。
規制撤廃すると、最初に失業者が増大する。その後しばらくたって新しい産業が生まれる。その期間が15年間らしい。
こうした改革を断行することは、目先のことしか考えていない今の日本では無理だろう。
だから日本がクオリティ国家として生まれ変わるには、統治機構を変革することからはじめなければならない。
それは道州制の導入というのが著者の論である。

最後に合理的な著者らしい強烈な意見をひとつ

今、地方が膠着し、閉塞し、停滞している原因の多くは、地方の中央への依存体質にある。いくら地方分権と叫んでも、「経済的な自立なき自治はない」ということを、地方自治体は肝に銘じるべきである。
財政危機でいつ折れてもおかしくないほどにやせ細った国のスネをかじるのではなく、「自分の財源は自分で賄う」という発想とシステムに転換しなければならない。
そのきっかけとなり得るのが橋下氏の大阪都構想なのである。
(中略)
いずれ日本というひとつの国に、複数の「道州制クオリティ国家」が存在するようになり、それぞれの国家戦略の下で互いが切磋琢磨した暁には、日本に新しい「勝ちパターン」とも言える新国家モデルが生まれ、国全体に新たな展望が拓けて行くはずなのである。

【ひと言】
お金や景気に一喜一憂している日本では、将来展望は開けない。
楽して美味しいもの食べて寝転がっていれば健康は手に入らない。
国家としての幸せを目指すには切磋琢磨し、自ら啓蒙しつづける人間の集まりとしての日本でなければならないということなのだ。
歴史を振り返ってみて、大変革を何度もなしえた先人を祖先に持つ日本人は今度もそれが出来るはずだ。

2013年12月 3日 (火)

日本の47都道府県を代表する観光スポットとは

日本の47都道府県を代表する観光スポットとは
旅行者が最も行ってよかったと思う都道府県を代表する観光スポットランキング一覧

 世界最大の旅行口コミサイトTripAdvisorは、日本語のクチコミでの評価をもとに、各都道府県の人気1位の観光スポットをそれぞれ選出した「都道府県代表観光スポット(TDFK47)」を発表した。ここしかない!と誰もが納得の代表スポットから、意外な人気に驚く代表スポットまで、旅行者が最も行ってよかったと思う、47の観光スポットが勢揃いした。

■都道府県代表観光スポット(TDFK47)
北海道代表/函館山 
青森県代表/奥入瀬渓流 
岩手県代表/中尊寺 
宮城県代表/定禅寺通り 
秋田県代表/男鹿真山伝承館(なまはげ館) 
山形県代表/立石寺 
福島県代表/五色沼 
茨城県代表/国営ひたち海浜公園 
栃木県代表/日光東照宮 
群馬県代表/湯畑 
埼玉県代表/鉄道博物館 
千葉県代表/東京ディズニーシー
東京都代表/東京スカイツリー
神奈川県代表/横浜みなとみらい 21
新潟県代表/佐渡金山跡
富山県代表/立山黒部アルペンルート
石川県代表/兼六園 
福井県代表/福井県立恐竜博物館
山梨県代表/富士急ハイランド
長野県代表/松本城
岐阜県代表/世界遺産白川郷合掌造り集落
静岡県代表/エアパーク(航空自衛隊浜松広報館)
愛知県代表/熱田神宮
三重県代表/伊勢神宮
滋賀県代表/彦根城
京都府代表/清水寺
大阪府代表/海遊館
兵庫県代表/姫路城
奈良県代表/東大寺
和歌山県代表/アドベンチャーワールド
鳥取県代表/鳥取砂丘
島根県代表/出雲大社
岡山県代表/倉敷美観地区
広島県代表/厳島神社
山口県代表/角島大橋
徳島県代表/大塚国際美術館
香川県代表/栗林公園
愛媛県代表/松山城
高知県代表/桂浜
福岡県代表/大濠公園
佐賀県代表/虹の松原
長崎県代表/端島(軍艦島)
熊本県代表/熊本城
大分県代表/大分マリーンパレス水族館 うみたまご
宮崎県代表/高千穂峡
鹿児島県代表/桜島
沖縄県代表/沖縄美ら海水族館

このランキングは、過去1年間に日本の観光スポットに対して投稿された日本語の口コミを集計し、各都道府県の1位をそれぞれ選び出したもの。寺社仏閣や城、庭園などの歴史スポットから、すばらしい自然の景観を楽しめる絶景スポット、テーマパークや最新のランドマークなどのトレンドスポットまで、さまざまなタイプのスポットが選ばれている。同サイトでは、この発表に合わせて「TDFK47 センター選抜総選挙」も実施する。12月23日までに押された「いいね!」の数が最も多かったスポットは、TDFK47のセンターとして、2014年の1月から一定期間tripadvisor.jpのトップページのメインビュアルを飾るという。

■評価方法
2012年10月〜2013年9月の1年間に投稿された日本語の口コミを、星評価(5段階)の平均、口コミの投稿数などをもとに独自のアルゴリズムで集計し、各都道府県のNo.1スポットを選出したもの。
(@DIME 11月29日(金)7時58分配信を引用)

【ひと言】
 いずれも有名な観光地であるが、自分は26カ所行ったことがある。見たことがあるものを含めれば、30カ所だ。
 ちょっと施設系が多いのが雄大壮観な景色が好きな自分の趣味と合わないが、まあ一般的に人気があるのはそういうところなのだろう。(例えば静岡県や山梨県なら富士山、徳島県なら鳴門の渦潮だと思うのだが・・・)

みなさまはいくつ行ったところがありますか?

行っていない場所への観光、冬休みや年末年始にいかがですか?

韓国、どうしちゃったんだ!それは反日でなく暴走だよ。

韓国が防空識別圏拡大へ、日米中に通達―韓国紙
2013年12月2日(月)22時10分配信 Record China

2013年12月2日、韓国・朝鮮日報によると、韓国大統領府は1日、東シナ海上空における中国の防空識別圏設定を受け、韓国の防空識別圏を拡大する方針を固めた。2日にも日本、米国、中国に通達したとみられる。

【ひと言】
 この報道が事実だとすると、韓国はいったいどうなってしまったんだろうか?完全に暴走してしまっている。サムスンが世界一の企業になったりして、自信過剰なのだろうか?
 防空識別圏を中国が拡大したことにそれほど影響を受けておらず、中国とは蜜月関係を築いていた韓国がまっさきに反応する必要ないのではないか。
 それほど国内世論に配慮しなければならないのだろうか?

Map
 なぜそのようなことを言うかと言えば、台湾、日本、韓国の防空識別圏はこれまでまったく重なっていなかった。それは恐らくアメリカがきれいに線を引いて、それをずっと踏襲していたからだと推測される。
 なのに今回、韓国は大事な同盟国であるアメリカが困ることが分かっていながら、拡大してきたのだ。(つまり日本の防空識別圏と重なるのだ。)

 ちょっと冷静に考えれば自制すべき局面だと一国の指導者なら分かるはずなのに、こんなに早く反応するとは、まさに暴走といえる浅慮だ。
 一体どうしちゃったんだろうか?

 中国にとっても韓国の反応が突出したことは予想外だと思うが、結局のところ日米韓の結束が乱れていることに、想像以上にうまくことが運んでしまったことに驚いているのではないか?それともプライドの高い両国だけに衝突するのか?

 もし韓国と中国が衝突してくれれば日本は儲けものかもしれないが、お互い自制の効かない国だけにかえって混乱してしまうか・・・。

 あるいは韓国政府は先に暴走することで、アメリカの不興を買い、それを持って国内世論を封じ込めようとしたのだろうか?(たぶん、そんな深く考えていないだろうな)

 さて、日本はどうすべきか・・・。暴走する両隣国に対し、冷静かつ毅然とした対応なんでしょうな。とりあえず鳩山さんが首相でなくて良かった。

追記:やはり韓国は自制したようだ。
韓国政府が防空識別圏拡張の発表を延期2013/12/03 09:56
米日が予想以上に反発、さらなる調整が必要と判断
 韓国政府は、今週初めに発表する予定だった防空識別圏(KADIZ)の拡張案について、米国のバイデン副大統領の来韓後となる今週末ごろに延期する方針を定めたことが2日までに分かった。米国など周辺国と追加の調整が必要という判断が作用したようだ。

追記2:アメリカの許しを得て防空識別圏を拡大
 韓国政府が8日、離於島(イオド)・馬羅島(マラド)・紅島(ホンド)上空を韓国の管轄権に拡大する防空識別圏(KADIZ)を公式宣言した。防空識別圏は、これまでは済州道(チェジュド)南方にとどまっていたが、この日の措置で離於島の南方約250キロまで含むことになった。
 政府は先月23日、中国が離於島上空を含む防空識別圏を一方的に宣言すると、即座にこれに対する調整作業を始めたが、中国が受け入れないためこうした措置を取った。金報道官は「新しいKADIZは官報掲示と関連部署に通知する時間を考慮して準備期間が必要だ」として「15日に公式効力が発生する」と説明した。彼は「米国と中国・日本など関連諸国には事前に十分に説明した」と付け加えた。
 米国国務部は韓国が新しい防空識別圏を宣言したことについて肯定的な反応を見せた。
 「韓国政府はジョー・バイデン副大統領が6日朴槿恵(パク・クネ)大統領と会った際に今回の措置について相談した」として「韓国が米国や日本・中国など周辺国と事前協議を経て責任ある慎重なやり方で今回の措置を取ったことについて高く評価する」と明らかにしている。
  中国と日本はこの日、公式反応を見せなかった。だが中国の洪磊外交部報道官は6日「韓国の防空識別圏の拡大案は当然、国際法と国際関係に符合しなければならない」として「中国は平等と相互尊重の基礎の上に韓国との疎通を維持することを希望する」と論評した。
  日本は「一方的に民間航空機まで事前通報をするようにした中国の措置と韓国の拡大発表は次元が違う」という見解をまとめたと分かった。小野寺五典防衛相は6日、安倍晋三首相に「韓国と識別圏が重なっても特段の問題は発生しないだろう」と報告したという。

【ひと言】
 日本の防空識別圏の上に中国の防空識別圏、さらにその上に韓国の防空識別圏。こんな恥ずかしい設定をしている隣人たちに呆れるものの韓国の暴走が結果的に日本に資することは間違いない。
 アメリカのオバマ大統領は日本軽視で、副大統領が親中派なのがいただけないが、それでこの程度なら日本としては自立の道すじができたくらいの感じで着実に前に進んでいってくれ。

2013年12月 2日 (月)

2013新語・流行語年間大賞は4つと史上最多

2013新語・流行語年間大賞は4つと史上最多
 今年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の「2013 ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)が12月2日に発表されました。
 今年は印象深い流行語が多く、どれになるのか、予想が付かなかったのですが、結果は史上最多の4つが大賞という、これまた予想外の展開でした。
 年間大賞は以下のとおり

●「今でしょ!」:予備校講師・林修氏の決断を促すCM
●「じぇじぇじぇ」:NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で驚きを表す方言
●「倍返し」:TBS系連続ドラマ『半沢直樹』の決め台詞
●「おもてなし」:東京五輪招致のプレゼンテーションで滝川クリステルが日本をPRする際に使用した「お・も・て・な・し」

 どれも納得の受賞ですね。

 ちなみに他のトップテンは以下のとおり
◆アベノミクス 内閣総理大臣 安倍晋三さん
◆ご当地キャラ 熊本県の営業部長 くまモンさん
◆特定秘密保護法 ジャーナリスト 西山太吉さん
◆PM2.5 一般財団法人 日本気象協会
◆ブラック企業 ブラック企業対策プロジェクト共同代表・NPO法人POSSE代表 今野晴貴さん
◆ヘイトスピーチ 国際政治学者 五野井郁夫さん

 いやはやトップテンも粒ぞろいですね。なんでこんなに流行語が多かったのでしょうか?

2013年12月 1日 (日)

グルメラン千葉の結果と出店状況はどうだったのだろうか?

今日は千葉でグルメランなるマラソン?ランニング大会が行われた。

参加するつもり満々だったが、迷っているうちに家族の用事が入ったので参加できなくなったので、どんなグルメが味わえたのか?会場の雰囲気はどんあ感じだったのか気になるところです。

それは済んだことなのでさておき、本日の家族の用事とは、妻の同窓会への送迎でした。

トラジャル40周年記念同窓会なるもので、会場は新宿のハイアットリージェンシーホテルでした。

まずは自家用車で送り、その後、白バイとひと悶着ありましたが、新宿中央公園脇で約3時間、車中で男女ゴルフの賞金王&女王の動向をテレビ観戦しながら、小難しい本2冊の読書三昧で過ごしました。(笑)

帰りは妻と妻の同窓生2名を乗せて、千葉までドライブ。帰路はレインボーブリッジ経由でと思っていましたが、案内表示に×印を視認。半信半疑ながら京葉道路を選択すると本日のレインボーブリッジは道路工事で通行止めだったようです。

車中は妻の学生時代の話で花が咲くのを楽しく聞きながら、3人の役に立ったドライブができて、とりあえず満足感を得られました。

帰宅後は留守番の子供達も含めてホテルで買った美味しいキャラメルケーキをみんなで食べました。

そんな週末も終わり、今週も仕事とランニングともに頑張りますかね!(笑)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆