« 高層住宅にエレベーター設置忘れは大誤報! | トップページ | 【書評】犯罪者はどこに目をつけているか 清永賢二・清永奈穂/著 »

2013年8月15日 (木)

スパルタスロン作戦その1 日の丸作戦

8月は金沢帰省とクラゲに刺される事件がありながら、14日までに290km超のランができている。この暑さの中で実に順調だ。(その分、読書やブログ更新が疎かになっているが、やむを得ないだろう。)

さて、スパルタスロン完走に向けてのトレーニングと並行して、作戦をいろいろと考えている。なぜかというと、基本的に私の走力では完走が厳しいからだ。

そんな悩みを家族や友人にすると、「なぜ出走するんだ!」という正論で諭されてしまうが、スパルタスロンは私の夢なのだからしょうがない(笑)

まずは作戦その1として、日の丸作戦の準備を始めた。

どんな作戦かというと、みんなからの激励メッセージを書いてもらった日の丸を背負ってゴールランを行うというミーハーな作戦だ。

その趣旨は、みんなから激励をもらうことで、道中くじけそうになる弱気な心をできるだけ封じ込めようとするのが狙いの作戦だ。

激励をもらったのにリタイアするには、相当の覚悟が必要になることは、ウルトラマウントフジで体験済みだ。それこそレース中、15時間くらいは、みなになんて言おうかと自問自答を繰り返していた。

その結果、リタイアポイントは先延ばしされ、結局、ゴールまで辿り着いてしまった。
(その時は、メールで応援を依頼したので、日の丸にメッセージを書いてはもらっていない。その時の友人からの激励メールの一覧はこちら

ありがたいことに作戦に賛同してくれた友人が日の丸を買って贈ってくれたので、まずは我が社の社長にダメもとで激励メッセージをお願いすると、ことのほかあっさりと書いていただけた。実に嬉しかった。
Imgp4669

なので、これからは友人や仲間、最後は家族に書いてもらうことにする。

書いてもらえるかな・・・。

しかし、これで完走できなかったら、ほんと恥ずかしいですね。

« 高層住宅にエレベーター設置忘れは大誤報! | トップページ | 【書評】犯罪者はどこに目をつけているか 清永賢二・清永奈穂/著 »

SPARTATHLON」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スパルタスロン作戦その1 日の丸作戦:

« 高層住宅にエレベーター設置忘れは大誤報! | トップページ | 【書評】犯罪者はどこに目をつけているか 清永賢二・清永奈穂/著 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆