« 回転寿司 すし食いねぇ!は美味かった! | トップページ | 痴漢サイトって… »

2013年5月 9日 (木)

パワハラ?セクハラ?熱血指導?

以下の記事を読んで、感動した。

細身の女性巡査… 連続わいせつ魔にひるまなかった理由
産経新聞 5月6日(月)13時16分配信

 原稿を読み、久しぶりに胸が熱くなった。産経新聞4月26日付夕刊(大阪)1面、『22歳女性巡査 市民守った』の記事だ。

 愛知県内の交番に勤務する女性巡査が夜、女性通行人の後ろを歩く不審な男を発見した。男が視界から消え、女性の悲鳴が聞こえた。巡査は男を取り押さえようとするが、顔を2発殴られた。追いすがる。再び2発殴られた。転倒した。鼻血がぼたぼた流れ、制服は血だらけになった。

 それでも巡査は立ち上がり、走った。逃げる男の首に飛びついた。「警察だ! 待て!」。男は観念し、「もう逃げません」。警戒対象の連続わいせつ犯だった。

 巡査の鼻は折れていた。155センチで細身の巡査に対しわいせつ犯は170センチ、70キロの23歳。20キロ近い体重差で殴られたというのに、萎えない彼女の気迫はどこから出ているのだろう。「けがは警察官として未熟だったからです」。手術を終え、職場復帰した巡査には苦い経験があるという。

 配属されて間もなく、職務質問すべき少年に逃げられた。数百メートル追ったが、引き返した。どこかに「男の足には追いつけない」という思いがあった。上司に見透かされていた。「女の足では無理と思ったのか。それで市民を守れるのか」。女だから、と甘えていた。心底、自分を恥じた。ただならぬ気迫の源はここにあったのだ。

 警察官が抵抗する犯人を捕まえる。危険でも立ち向かう。当たり前の職務だろう。だが受益者の私たちは「当たり前」に胡坐をかき、えてして「治安のコスト=警察の努力」を忘れがちではないだろうか。(以下、省略)

【ひと言】
 精神論に偏りたくはないが、志を持ち、努力して、職務を全うするなり、勉強するなり、怠惰に流されずに生きてほしい。

 親として、上司として、切に思う。

 私は熱血指導というタイプではないので、背中を見て、わかってくれればと思う。(表面的に飄々としている部分にのみ目を奪われないで欲しいな(笑))

« 回転寿司 すし食いねぇ!は美味かった! | トップページ | 痴漢サイトって… »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パワハラ?セクハラ?熱血指導?:

« 回転寿司 すし食いねぇ!は美味かった! | トップページ | 痴漢サイトって… »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆