« 【書評】日本思想史新論 中野剛志/著 | トップページ | 【映画】情熱のピアニズム »

2012年12月24日 (月)

【書評】これでいいのか千葉県千葉市 佐藤圭亮・小森雅人・藤江孝次/編

Kore 「これでいいのか」シリーズの千葉市版である。都内有名区、横浜市やさいたま市などの政令指定都市、さらには千葉県では、東葛エリア、南葛エリアに続いての登場である。(といっても本シリーズを読むのは初めてですが)

サブタイトルが住民には厳しい。
「ダメさだけが目立つ千葉市の実態とは!?」
「豊かさが産んだドンブリ勘定のひきこもり都市」
ご指摘の内容は、地方出身者であり、東京、神奈川県、千葉県南葛エリアに住んでいた私にとっても、他都市との比較論やそのイメージを十分に合致しているものであるとともに、千葉市の実情を想像以上に把握して論じていた。

表紙の如何わしさから内容を疑っていたが、33作目となっているだけの内容でした。

本著での結論は以下のとおり
「発想を転換し、千葉市は東京頼りの近隣市を横目に、勝手にひきこもって快適に暮らしていけばいい。首都圏の一員だと思うから都心部との距離も気になるワケで、自立していれば首都圏を気にする必要もない。(中略)この場合、「首都圏ではなく地方、田舎である」という事実を受け入れる必要が出てくるが、もとより他人の目を気にせず、ひきこもってきたのが千葉市民だ。田舎で結構、でも暮らしやすいぞ! 高らかにこう宣言し、あとは借金返済のため湾岸の厚情で汗を流すのが、これからの千葉市の目指す道だ。」

おっしゃるとおりだと思いますが、市民の思いはそこまで開き直れないんですよね。

« 【書評】日本思想史新論 中野剛志/著 | トップページ | 【映画】情熱のピアニズム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【書評】日本思想史新論 中野剛志/著 | トップページ | 【映画】情熱のピアニズム »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆