« 【書評】キレイならいいのか ビューティー・バイアス デボラ L・ロード/著 栗原 泉/訳 | トップページ | 甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)【日本百名山67】 »

2012年11月11日 (日)

ランニングフォームのポイントと自己流チェック方法

コーチを持たない私は自分のランニングフォームについて客観的にチェックできない。
なので自分でチェックしなければならない。(私に限らず多くに市民ランナーがそうであろうが・・・)
フォーム全体把握は難しいので、特定の部位に限定し、もっぱらイメージとして以下のようなポイントを気にして走っている。

1 目線は10m先でアゴを引かない。
2 腕振りはひじを後ろにきちんと引く。
3 へそを下に向けるように走る。
4 呼吸は肺の圧力を高めるようにする。

もっとも重要なポイントは2の「ひじを引く」です。これにより、ほとんど全てのチェックポイントが自動的に正されます。(なお4の呼吸はちょっと別です。)

個別に解説すると次のとおりです。
1 アゴを引くと防御の姿勢となります。そうすると体が硬くなります。リラックスして走るのは多少あごを突き出すイメージで走るといいです。ただし、あごを上げすぎるのはダメです。
2 ひじを引くと自然と姿勢が正されますし、胸も開かれるので呼吸が楽です。そして疲れると陥りがちな前傾姿勢になるのを防げます。
3 本当は骨盤を下に向けるためなのですが、へそを下向けるほうがイメージできやすいので「へそ」にしています。これにより、膝の伸びた腰高のフォームになり、楽にスピードが出ます。
4 酸素を身体に取り込むためには、肺の内圧を高めることが有効です。内圧を上げるポイントは吸うことより吐く方です。一生懸命吐けば自然と肺の内圧が上がります。

なお、あくまでも自己流でのランニングフォームのチェックポイントです。これを守って早く走れる保証は有りません。(経験的には正しい(つまり楽な)姿勢が維持できて長い距離を走れるようになるとは思いますが)
Kaz

« 【書評】キレイならいいのか ビューティー・バイアス デボラ L・ロード/著 栗原 泉/訳 | トップページ | 甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)【日本百名山67】 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランニングフォームのポイントと自己流チェック方法:

« 【書評】キレイならいいのか ビューティー・バイアス デボラ L・ロード/著 栗原 泉/訳 | トップページ | 甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)【日本百名山67】 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆