« ランニングフォームのポイントと自己流チェック方法 | トップページ | 右目が真っ赤っか »

2012年11月12日 (月)

甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)【日本百名山67】

Imgp2073
標高2,475m 埼玉県・山梨県・長野県
(上の写真は三宝山の樹林越しに見た甲武信ヶ岳山頂部)

甲州・武州・信州の国境にあることからこの名が。南北30キロの長大な奥秩父主脈の中央、深い原生林の中に鎮座する。(日本百名山地図帳より引用)

2012/11/10 毛木平からの日帰り約16km
0751毛木平
0902ナメ滝
0955源流
1015稜線
1036登頂
1052下山
1119三宝山
1150尻岩
1212山
1316十文字峠
1402毛木平

【ひと言】晩秋の高山は、すでに冠雪しており登るに難しい時期だが、比較的太平洋に近い奥秩父山系は、雪なく登りやすい状況でした。寒いながらも、落葉樹は葉を落とし、虫もおらず、快適な登山でした。千曲川源流も確認でき、富士山の雄姿も見られて、最高でした。この時期の登山としては甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)はお奨めです。次は誰か連れて行こう!

Imgp2028
長野県側の登山口、毛木平(もうきだいら)駐車場に到着
車中で寝すぎて遅い到着になりました。

Imgp2030t
現在地から反時計回りの周回で進む予定です。

Imgp2031
駐車場隅にある林道が登山口です。登山口ぽくない雰囲気に進むのが躊躇されました。

Imgp2034
大山祗神社(おおやまづみ)がありました。こんな山奥にも分社があるのですね。登山の安全を祈願しました。

Imgp2035
日本一長い川、千曲川の源流部、西沢を登ってゆきます。

Imgp2036
良く整備された登山道を進みます。沢沿いなのでときどき細くなりますが、ほとんどハイキング気分で進める広さと傾斜の緩さで、登山初心者も楽勝な快適さです。

Imgp2038
二段の滝がありました。

Imgp2039
ナメ滝です。ほぼ中間地点です。

Imgp2040
千曲川源流まで残り約2.1kmです。結構有りますね。

Imgp2043
何度もみた至千曲川源流の標識もこれが最後でした。水量も減ってきましたね。

Imgp2045
完全氷点下の世界です。溜まっている水は完全に凍っています。

Imgp2046
源流までもう少しの雰囲気です。

Imgp2047
千曲川信濃川水源地標です。

Imgp2048
水源です。

Imgp2049
こんこんと清水が湧き出ていました。飲んでみると少し甘さを感じました。
全長367km、海に届くまでどれだけかかるのだろうか?

Imgp2051
水源地を過ぎると一気の急登20分。尾根に出ました。やっと展望が開けました。

Imgp2053
樹林に囲まれた稜線を山頂に向けて進みます。登山道が降り始めた白いのは雪のせいです。

Imgp2056
稜線上の樹林と雲の間から見事な富士山が見えました。

Imgp2057
山頂直下のガレ場を進みます。

Imgp2058
甲武信ヶ岳山頂到着です。

Imgp2060
一段高い山頂標識での記念撮影が引きもきりません。晩秋に登れる高山として人気があるようですね。

Imgp2063
金峰・瑞垣方面です。

Imgp2062
富士山です。いつ見ても拝みたくなる名峰ですね。

Imgp2059
キレイな霧氷です。寒さに感謝です。

Imgp2064
西方向に八ヶ岳があるはずですが、雲で隠れているようです。

Imgp2067
大阪から来たという若い男女の二人組みと写真を撮り合いました。

Imgp2068
下山開始します。帰路は十文字峠経由とします。

Imgp2070
三宝山に到着です。標高2,483m、今日一番高い場所になります。

Imgp2075
樹林の稜線を進みます。

Imgp2077
尻岩という岩です。かなり大きい岩です。

Imgp2080   
武信白岩山手前にはしごがありました。

Imgp2083
武信白岩山東峰です。持って行った地図には危険登るなと書いてありました。

Imgp2084
振り返るとわずかに甲武信ヶ岳が見えました。手前の三宝山が丸い山容もありとてもでかいです。

Imgp2086
大山から望む秩父方向です。

Imgp2091
登山口方向(長野県川上村)です。

Imgp2092
紅葉がキレイです。比較的広い谷間に区画の大きな整然とした耕作地(畑)があります。北海道並の大規模農業経営ができているようです。帰路、何台もの大型トラクターを抜いたりすれ違いました。

Imgp2093
大山からの下りでクサリ場がありました。行程中、唯一、初級者には厳しい傾斜、高さでした。

Imgp2096
石楠花(シャクナゲ)の樹林が続きます。6,7月は百花繚乱、さぞや艶やかでしょうね。

Imgp2098
十文字小屋です。あとは登山口まで下りるだけです。

Imgp2102
一面落ち葉で良くわからないかもしれませんが、九十九折の登山道が続いています。ちょっとだけ脚にきました。

Imgp2103
途中、清水で給水。ここも千曲川源流の一つなのでしょうね。ここで飲んだ水は血の味がしました。山頂でパンを食べていたら、寒さで口がうまく動かず、唇を思いっきり噛んだからです。

Imgp2107
毛木平駐車場に到着です。いい感じに脚にきました。

帰路、こんな山奥にどうしてこんなスーパーがあるのかという「NANA’S」というスーパーで、とてもリーズナブルな値段の海鮮丼を買って食べました。また、長野の果物や見たことのないお菓子を買って帰りました。
Imgp2115
Imgp2116
Imgp2129   

【参考データ】
 毛木平から千曲川源流遊歩道 往復16km
 駐車場 50台くらい(無料、トイレあり(冬季閉鎖))
 山小屋 甲武信小屋(山頂直下)
       十文字小屋(標高2000mくらい?)
 温泉  不明

かずさんの日本百名山登頂記録一覧表はこちらです。

« ランニングフォームのポイントと自己流チェック方法 | トップページ | 右目が真っ赤っか »

登山・百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)【日本百名山67】:

« ランニングフォームのポイントと自己流チェック方法 | トップページ | 右目が真っ赤っか »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆