« 右目が真っ赤っか | トップページ | 【書評】蜩ノ記(ひぐらしのき) 葉室麟/著 »

2012年11月14日 (水)

平ヶ岳(ひらがたけ)【日本百名山26】

Imgp1829
利根川と只見川を分水する秘峰。山頂部に広大な湿原をもち、奇岩「玉子石」がたたずむ。アプローチにはやや時間がかかる。(日本百名山地図帳より引用)

2012/10/27 日帰り23km(玉子石往復2km含む)
08:44鷹ノ巣登山口16:39
08:55林道終点
10:14下台倉山    15:38
10:49台倉山三角点15:04
11:25白沢清水    14:32
12:23池ノ岳姫池  13:53
__:__玉子石      13:27
12:47平ヶ岳山頂  12:50

【ひと言】車内で寝すぎて遅い出発でしたが、人気の少ない奥只見での紅葉満喫の山行でした。玉子石への寄り道は結構遠いです。それから、登り始めのヤセ尾根の夜間登山は危険ですね。止めといて正解でしたね。

Imgp1742
人が住んでいない奥只見の恋ノ岐乗越という峠を通過しました。

Imgp1749
公式には唯一の登山口、平ヶ岳登山口を出発します。

Imgp1755
蜂の巣があるので静かに通るように看板が出ていました。念のため熊よけ鈴を外します。

Imgp1761
紅葉美しいヤセ尾根上をえんえん登ってゆきます。

Imgp1765
下台倉山に向かって登ってゆきます。

Imgp1770
下台倉山に到着です。ここからはアップダウンのある稜線になります。

Imgp1771
その稜線はこちらです。

Imgp1774
台倉山の三角点ゲットです。

Imgp1775
数少ない水場、台倉清水ですが、飲用には適していない水溜りでした。

Imgp1777
白沢清水も水溜りです。

Imgp1782
いよいよ終盤、池ノ岳への急登が始まりました。

Imgp1784
平が岳が見えてきました。

Imgp1786
下山している登山者です。

Imgp1788
姫池に到着です。

Imgp1790
平が岳と姫池です。陽が高いのに凍っています。

Imgp1792
姫池右手はこんな感じです。

Imgp1793
山頂まで湿原の木道を進みます。

Imgp1794
山頂隣接の暫定テント場に到着です。

Imgp1795
少し奥まったところに山頂標識と三角点です。

Imgp1796
お決まりの三角点ゲットです。

Imgp1801
寒いし、ガスで展望がないので、早々に山頂を去ります。
途中、ガスが薄れて、池ノ岳と姫池が見えました。

Imgp1805
山頂から降りるとガスはなくなりました。たまご石に向かいます。

Imgp1807
途中、端正な池塘がありました。

Imgp1810
玉子石はどこだろう?あの山の先でした。結構遠いです。

Imgp1817
たまご石です。高さ3mくらいの一個の岩です。風化しているので触るなと書いてあったので、正直に触りませんでした。

Imgp1829
平が岳の見納めです。

ここから一路、下山です。ここまでずっと最後尾でしたが、帰路に8人ほど抜かしました。

Imgp1870
最後は、日没を気にしながらヤセ尾根を下ります。

【参考データ】
 鷹ノ巣の平ヶ岳登山口から 往復21km(たまご石はさらに往復約2km)
 駐車場 30台くらい(無料、トイレあり)
 山小屋 なし
 温泉  銀山平温泉 白銀の湯

かずさんの日本百名山登頂記録一覧表はこちらです。

« 右目が真っ赤っか | トップページ | 【書評】蜩ノ記(ひぐらしのき) 葉室麟/著 »

登山・百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平ヶ岳(ひらがたけ)【日本百名山26】:

« 右目が真っ赤っか | トップページ | 【書評】蜩ノ記(ひぐらしのき) 葉室麟/著 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆