« 登山のコツ03(登山における熊対策) | トップページ | 本日、千葉は暴風雨なれど、走る »

2012年10月10日 (水)

村上春樹氏は、ノーベル文学賞を受賞するのか?

 京都大学の山中教授がノーベル医学生理学賞を受賞した。日本人としては19人目の快挙である。

 ところで最近、すっかり韓国観察にはまっている私は、日課として朝鮮日報のWebサイトを見ている。その記事の中に韓国人記者による次のようなコラムがあった。

Haruki
【コラム】村上春樹氏がノーベル賞作家?

 記事の内容を要約すると以下のような感じである。

 今週木曜日に発表されるであろうノーベル文学賞の最有力候補は日本の村上春樹氏である。その理由は、英国のブックメーカーの予想オッズの1位(4倍)が村上春樹氏ということらしい。
 ノーベル文学賞選定基準は「政治的に正しい作家」であり、村上氏は09年のエルサレム文学賞受賞当時、村上氏は中東の平和を訴え、昨年カタルーニャ文学賞を受賞した際には福島について言及し、原発反対を、そして先日、朝日新聞への寄稿文ではアジアの友愛を求めており、条件を満たしているというのである。
 だが、このコラムニストは最後に、「今回のノーベル文学賞は、相対的にあまり知られていない作家の作品が受賞してほしい、というのが、村上春樹文学の一ファンとしての個人的な希望だ。」書いており、屈折した記者の真情を吐露している。

 それにしても、朝鮮日報をはじめ、韓国の人は日本をライバルと思っているのか、日本関連の記事やコラムが実に多い。

 例えば10月9日の朝鮮日報の記事ランキングは以下のとおりだ。
1 日本人、2年ぶり19人目のノーベル賞
2 【コラム】世界で通用しないウォンの悲哀
3 【コラム】村上春樹氏がノーベル賞作家?
4 ソフトバンク社長・孫正義のルーツを探る
5 【コラム】サムスンが略奪され、現代車が燃やされる日
6 「日本を過小評価せず、慰安婦問題では西欧と連合を」
7 「シェア1位だけが勝ち組」独占深まる韓国市場
8 亡命事件で露呈した韓国軍のずさんな前線防御態勢
9 「韓日通貨スワップ、延長しなくてもよい」
10 米朝日中の狭間で韓国が抱える「戦略の危機」
11 【社説】低成長時代迎えた韓国経済に中国ショックの追い打ち
12 「ハングル輸出第1号」チアチア族、韓国語教育が中断
13 台風15号進路、韓国気象庁発表と140キロの誤差
14 ブランド服を買い占め全て返品、大口顧客の正体は
15 河野洋平氏「慰安婦否定すれば国家の信用失う」
16 韓国にじわり「スローモーション不況」の影
17 アジアの領土紛争、米国が介入の兆し
18 【コラム】中国の反日デモに思う…韓中関係は大丈夫か
19 韓日通貨スワップ拡大措置 延長せず=韓国金融当局
20 「日本には政経分離で対応せよ」

日本関連の記事は20のうち実に11もあるのである。
韓国の人の日本に対する関心の高さの現れである。驚くばかりである。

 なので、日本人である村上春樹氏のノーベル文学賞受賞にも大いに関心を持ているのであるようだが、その背景には、その記事の中にもさりげなく書いてあったが、韓国の詩人、高銀(コ・ウン)氏もオッズ的には高い位置にあるらしく、韓国初のノーベル文学賞受賞の期待を持っていることが記事の文脈からにじみ出ていた。

 では、韓国人のノーベル賞受賞者は何人かと調べてみると、予想外に少なく1人だった。
 2000年の平和賞の金大中大統領(当時)だけである。

 韓国では学術的に世界に貢献して、ノーベル賞受賞者を輩出している日本を同じアジア人として認めつつも、羨んでいるかのようだ。誰が受賞しそうかなんて、日本では一部の人を除いて、ノーベル賞の発表があって初めて知る人がほとんどだと思う。(文学賞や平和賞を除いて)。

 いずれにせよ、村上春樹氏が受賞すれば、日本人としては嬉しいけれど、その作品を一つも読んでいない私としては、由々しいき事態でもある。(ランニングについてのエッセイである「走ることについて語るときに僕の語ること」は読みましたが・・・。)

追記:
 残念ながら2012年のノーベル文学賞は現代中国を代表する作家で、タブー視されてきた性や暴力の描写で知られる莫言氏(57)になりました。中国国籍の作家の受賞は初めて。中国系ではフランスに亡命した高行健氏(00年)以来12年ぶりで、2人目。ちなみにオッズ的には村上春樹氏に次ぐ2番目でした。村上春樹氏の受賞は来年以降の楽しみに!

« 登山のコツ03(登山における熊対策) | トップページ | 本日、千葉は暴風雨なれど、走る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹氏は、ノーベル文学賞を受賞するのか?:

« 登山のコツ03(登山における熊対策) | トップページ | 本日、千葉は暴風雨なれど、走る »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆