« 【書評】猫ひろしのマラソン最速メソッド 猫ひろし/著 | トップページ | 【映画】屋根裏部屋のマリアたち »

2012年9月27日 (木)

白馬岳(しろうまだけ)【日本百名山45】

Imgp1346
標高2,932m 長野県・富山県

日本一の長大な雪渓を抱え、高山植物の宝庫として名高い。近代登山黎明期から人気が高く、白馬・後立山連峰北部の盟主的存在。(日本百名山地図帳より引用)

2012/09/26 日帰り
猿倉駐車場山頂往復13km
05:37 猿倉駐車場  13:35
05:41 猿倉荘    
06:27 白馬尻    12:58
08:42 花畑避難小屋 11:20
09:24 村営頂上宿舎 10:54
09:49 白馬山荘   10:45
10:09 白馬岳山頂  10:35

【ひと言】
 久しぶりの登山靴を履いての登山。マメはできるわ、足はふらつくわ(どうも疲労寝不足でめまいがしていたよう)で、ヘロヘロのペースになりました。しかしながら、狙い通りの快晴に恵まれ、山頂からは百名山をはじめとする山々が見渡す限り見通せました。雪渓の方はさすがに9月も下旬でかなり荒れて小さくなっていました。

ポイント
1 天気図と睨めっこしての最後の夏休みでの山行
2 久しぶりの登山靴と軽アイゼン
3 ヘロヘロ登山でおばちゃんにも抜かれる
4 快晴で百名山繚乱
5 吐き気で道の駅白馬でのそば定食食べられず

Imgp133705:21猿倉駐車場に到着。少し雲が出ると予想していましたが、雲ひとつない予想以上の快晴で白馬岳がよく見えます。

Imgp1342白馬岳までの登山ルートの案内です。

Imgp134005:41猿倉荘前を通過します。

Imgp134105:42猿倉荘脇の登山口です。

Imgp134305:52鑓温泉登山口

Imgp134706:00曙光に照らされる白馬岳です。

Imgp1348山頂付近の山荘に物資を運ぶヘリコプターです。猿倉に駐機してありました。一緒に林道を進んだ車が2台、駐機場に停まりましたので、パイロットさんだったのでしょうか?

Imgp135006:11林道終点、ここから登山道です。

Imgp1352白馬岳です。雪渓が見えてきました。

Imgp1353白馬尻小屋です。

Imgp1355大雪渓末端ですが、9月下旬なので秋道で斜面を進みます。

Imgp1357だいぶ小さくなった大雪渓を横目にガレた斜面を登ります。

Imgp1358雲が東から雪渓を登るように迫ってきます。

Imgp1359_2大雪渓入口に到着です。

Imgp1360軽アイゼンを装着します。(実はおじさんが斜面を進むのを見て、しばらくそれに付いて行きました。)

Imgp1362下からガスが上がってきています。

Imgp1363大雪渓を進みます。

Imgp1364ガスがかかってきました。

Imgp1365振り返るともうホワイトアウト状態です。大雪渓の終わり口を間違えそうになりましたが、なんとかたどり着きました。

Imgp1367初夏ならこの辺りまで大雪渓上を進むのでしょうが、空洞にクレバスなので、脇のガレた斜面を進みます。

Imgp1368凛々しい山が見えます。杓子岳前衛の離山だと思います。

Imgp1371葱平です。この辺りから急登が続きます。

Imgp1372小さな雪の塊です。といっても、十数メートルはあると思いますが・・・。

Imgp1373高度が上がって、杓子岳が見えてきました。

Imgp1374花畑の緊急避難小屋です。収容人数は数人です。

Imgp1376村営頂上宿舎が見えました。すぐそこに見えましたが、40分かかりました。すでにバテバテで長く苦しかったです。

Imgp1377お花畑の表示です。夏はすごいんでしょうね。

Imgp1378標高2553mの標識です。まだ380mも登ります。

Imgp1379村営白馬岳頂上宿舎に到着です。

Imgp1380白馬三山の残り二つ、左:杓子岳(2812m)、右:鑓ヶ岳(標高2903m)

Imgp1382白馬山荘が見えます。

Imgp1387白馬山荘に到着です。背後に白馬岳山頂が見えます。

Imgp1388頂上に向かう最後の登りです。情けないほど時間がかかりました。

Imgp138910:09白馬岳山頂に到着です。

Imgp1391いつもの三角点と靴です。久しぶりの登山靴ですが、すでにマメで痛かったです。

Imgp1393白馬岳の頂上標識です。

Imgp1395南側を望みます。右隅に白馬山荘、その奥に村営頂上宿舎。真ん中やや左手前が杓子岳、その右上が白馬鑓ヶ岳です。その奥には五竜岳でしょうか。

Imgp1405北側を望みます。馬の背、三国境、盛り上がったところが小蓮華山だと思います。

ここから、快晴を利しての、遥かなる山並みをご説明します。

Imgp1396遥か山梨県の八ヶ岳と富士山です。

Imgp1398南アルプスの山並みです。一番高く尖がっているのが日本第二位の北岳、その左の高いのが甲斐駒ケ岳、逆の右側が間ノ岳と仙丈ケ岳、一度大きくくぼんで塩見岳、悪沢岳、赤石岳、聖岳だと思います。

Imgp1399北アルプス南部の山並みです。中央左から、大天井岳、穂高岳、右で尖がっているのが槍ヶ岳です。その奥にちょこっと頭を見せているのが乗鞍岳でしょう。

Imgp1400西南方向に見えるは、左:立山、右の三角錐の山は剱岳ですね。近いです。

Imgp1401遥かむこうに白山がはっきりと見えますね。

Imgp1406北東方向です。左:金山、右:火打山だと思います。

Imgp1407_2妙高山だと思います。

Imgp1408中央右が高妻山、その右手に繋がるのが戸隠連山でしょう。

Imgp1409東に目をやると、左が先週登った四阿山(あずまやさん)、右:浅間山です。

Imgp1403白馬岳山頂部南端から北方向を写します。縦長の山頂部分です。右手は、切れ落ちた絶壁です。

Imgp1410山頂の銘盤ですが、かすれてよく分かりません。

Imgp1412見飽きない素晴らしい山頂からの眺めですが、そろそろ下山します。

Imgp1413レリーフが有りました。

Imgp1415白馬岳山頂部です。50mくらいしか下がっていませんが、多くの山が見えなくなるという、まさに山頂部だけで味わえる絶景だったことを痛感します。

Imgp1416白馬山荘にある北アルプスの案内図です。

Imgp1418この先見えなくなる北アルプスの雄姿を眺めます。

Imgp1420大雪渓に向けて下ります。

Imgp1427大雪渓が見えてきました。風が吹くと雪で冷やされて雲が出来ていますね。雲発生装置のようですね。

Imgp1428私が命名します。「馬の横面岩」

Imgp1433初夏は雪があったであろう岩場を下りてきました。

Imgp1434木橋を渡ります。

Imgp1436大雪渓上端部の空洞、クレバスです。

Imgp1438大雪渓上端の取り付き部です。

Imgp1440軽アイゼンをつけて大雪渓を下り始めます。赤い旗を目印に進みます。

Imgp1441大雪渓を登ってくる登山者がいます。それにしても大きな石がゴロゴロしています。

Imgp1445大雪渓終端部が見えてきました。

Imgp1447大雪渓を振り返ります。

Imgp1448親子連れと下りの道の情報交換しました。勝手に雪渓に旗を立てている人がいたらしく、行きとは違うルートに戸惑いました。

Imgp1450大雪渓末端部でスキーをしている人がいました。石がゴロゴロしているのですが、大丈夫なんでしょうか?

Imgp1451名残惜しい大雪渓を振り返ります。

Imgp1453白馬尻山荘でアイゼンを売っていました。値段は安いです。

Imgp1456登山道を修復されていました。紅葉シーズン前が登山者も少なく作業しやすいのでしょうね。

Imgp1458林道を下ります。

Imgp1459猿倉荘への登山道を下りず身に林道を下ると、駐車場に直接出ました。

Imgp1460駐車場を出発します。

道の駅白馬で蕎麦定食を頼みますが、吐き気がして、ほとんど食べられず、運転も出来ない状態で、車内で3時間寝て、少し復活して帰宅しました。人生二度目の生命の危機を感じる苦しさでした。原因はよくわかりませんが、疲労によるめまいでの不調だと思います。

Imgp1462夕方の北アルプスがきれいです。

Imgp1466t遥かむこうに夕焼けにかすむ八ヶ岳連峰が見えます。

この後、中央道は事故渋滞で、9時過ぎに千葉に到着しました。快晴で山々を堪能できましたが、なにより疲れた山行でしたね。             

                     

« 【書評】猫ひろしのマラソン最速メソッド 猫ひろし/著 | トップページ | 【映画】屋根裏部屋のマリアたち »

登山・百名山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白馬岳(しろうまだけ)【日本百名山45】:

« 【書評】猫ひろしのマラソン最速メソッド 猫ひろし/著 | トップページ | 【映画】屋根裏部屋のマリアたち »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆