« 【書評】まちがっている エラーの心理学、誤りのパラドックス キャスリン・シュルツ/著 | トップページ | 内村航平選手、体操個人総合で金メダルです。 »

2012年8月 2日 (木)

ロンドン五輪 体操 個人総合決勝3種目終了で内村選手1位です。

日本からは内村航平選手と田中和仁選手の2名出ています。

団体で圧倒的な1位だった中国の選手は一人もいません。理由は不明です。

ライバルはアメリカの2選手、リーバ選手とオロスコ選手、ドイツのハンビュヘン選手、ニューエン選手、イギリスのトーマス選手、パービス選手あたりでしょうか。

体操の個人総合は、床、あん馬、吊り輪、跳馬、平行棒、鉄棒の6種目の合計点で争います。

4組に分かれて演技するので、点の出やすい種目とそうでない種目があるので、途中経過の順位は単純に比較できませんが、半分の3種目を終えて、日本は1位と2位です。

1位が内村選手、2位が田中選手です。田中選手は、団体のとき、負傷した山室選手の代役出場でこの位置ですから、頑張って欲しいですね。

内村選手はもっとも苦手なあん馬を終えての圧倒的な1位になっているので、金メダルはほぼ確実な情勢だと思われます。

後半もこのまま頑張って欲しいですね。

追記:裏で男子サッカーを見ながら、そしてこの後の、北島の200メートル平泳ぎの決勝も期待と、忙しいオリンピック観戦中です。明日の眠いな(笑)

« 【書評】まちがっている エラーの心理学、誤りのパラドックス キャスリン・シュルツ/著 | トップページ | 内村航平選手、体操個人総合で金メダルです。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【書評】まちがっている エラーの心理学、誤りのパラドックス キャスリン・シュルツ/著 | トップページ | 内村航平選手、体操個人総合で金メダルです。 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆