« ロンドン五輪、男子体操団体、日本4位から銀メダルに変更 | トップページ | 【書評】まちがっている エラーの心理学、誤りのパラドックス キャスリン・シュルツ/著 »

2012年7月31日 (火)

【書評】100歳の流儀 新藤兼人/著

100 先ごろ100歳で亡くなられた映画監督の新藤兼人さんの随想録である。
(つまり本著が発刊されてまもなく亡くなられたということだ)
映画通を評している私ですが、新藤監督作品は、ほとんど見ていない。
本著を読んでいて一つも観ている作品が出てこなくて、まさか一つも観ていないのではないかと恐怖したら、最近のもののいくつかはちゃんと観ていて、安堵した。

映画監督というより脚本家というべき著者の認める文章は、その経験、人間観察、壮絶な生き様から、鬼気迫る至言の言霊となっている。

まえがきの結びは、きわめて印象的だ。
「この本から、なにがしかの影響をうけてくださる方がいらしたなら本望である。
 みなさん、さようなら。」
さすが100歳まで懸命に駆け抜けてきた著者ならではの一言である。

100歳になってもこれだけことを考え、これだけの内容のものが書ける。
すべては、たゆまぬ努力があってのものだとは思うが、そんなことを深く考えずに、いろんな意味で希望の持てる書である。

« ロンドン五輪、男子体操団体、日本4位から銀メダルに変更 | トップページ | 【書評】まちがっている エラーの心理学、誤りのパラドックス キャスリン・シュルツ/著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】100歳の流儀 新藤兼人/著:

« ロンドン五輪、男子体操団体、日本4位から銀メダルに変更 | トップページ | 【書評】まちがっている エラーの心理学、誤りのパラドックス キャスリン・シュルツ/著 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆