« 初めてJALマイレージを使って九州は鹿児島に行きました。 | トップページ | ロンドン五輪、男子体操団体、日本4位から銀メダルに変更 »

2012年7月30日 (月)

【書評】霧のむこうのふしぎな町 柏葉幸子/著 竹川功三郎/絵

Husigi
宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の原作的な作品ということで、読んでみた。

本作品の主人公リサは、ちょっとぽっちゃりした小学6年生の女の子。
霧のむこうのふしぎな町に紛れ込んで、一週間くらい過ごして、現実の世界に戻っていくおとぎ話だ。

両作品の共通点としては、主人公が小学生の女の子、霧のむこうにある不思議な町が舞台であること、その不思議な町では働かないといけないこと、不思議な町の住人に主人公は好かれていること。不思議な町の有力者が厳しいおばあさんであること。

それでも両作品からもたらされるそれぞれのイメージは、とても似ているとは思えない。
まったくの別物に思えてしまう。

作品の骨格というか基本コンセプトは確かに似ているようなので、オマージュを受けた宮崎駿監督が彼らしいアイデアてんこ盛りで「千と千尋の神隠し」という作品が出来たのかもしれない。

« 初めてJALマイレージを使って九州は鹿児島に行きました。 | トップページ | ロンドン五輪、男子体操団体、日本4位から銀メダルに変更 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 初めてJALマイレージを使って九州は鹿児島に行きました。 | トップページ | ロンドン五輪、男子体操団体、日本4位から銀メダルに変更 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆