« 【書評】霧のむこうのふしぎな町 柏葉幸子/著 竹川功三郎/絵 | トップページ | 【書評】100歳の流儀 新藤兼人/著 »

2012年7月31日 (火)

ロンドン五輪、男子体操団体、日本4位から銀メダルに変更

体操団体6種目、全部観てしまいました。日本男子頑張っていましたから。

跳馬で山室選手が足を負傷し、点が伸びず、中国に引き離されての2位で最終種目のあん馬でした。

日本の最も苦手なあん馬、いやな予感がしましたが、そのとおりの残念な結果になりました。

一人目の田中和仁選手が一度落下、二番手の最年少加藤遼平選手は、見事な演技でしたが、最終演技者内村航平選手が、あん馬から下りる際に、不完全な形となって、まさかの大減点。Uchimura

イギリス、ウクライナに抜かれての4位になり、メダルを逃す結果に・・・。

ところが、内村選手の減点判定に対し、日本選手団は抗議し、再審議に。
内村選手の降り技のC難度判定が認められるのか?

日本選手とウクライナ選手のそれぞれ不安な様子が映し出されて、観ているこちらも苦しくなりますね。

苦しい体勢ながら、C難度の演技まで持っていった内村選手が凄いというか、ちゃんと最後決めろよ!って感じでもありました。

結局、C難度が認められて、日本団体は銀メダル、イギリスが百年ぶりの銅メダル、一瞬銅メダルかと思えたウクライナは悲しいことに4位になりました。

さあ、やっと眠れる(笑)

« 【書評】霧のむこうのふしぎな町 柏葉幸子/著 竹川功三郎/絵 | トップページ | 【書評】100歳の流儀 新藤兼人/著 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン五輪、男子体操団体、日本4位から銀メダルに変更:

« 【書評】霧のむこうのふしぎな町 柏葉幸子/著 竹川功三郎/絵 | トップページ | 【書評】100歳の流儀 新藤兼人/著 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆