« 諦めて出勤したら金環日食が運良く見られました。 | トップページ | UTMFを完走するには、どの程度の走力レベルが必要か? »

2012年5月22日 (火)

UTMF完走の後遺症

Imgp9915 UTMFのタフなコース(距離156km、累積標高差8,530m)を完走したら、しばらく歩くことも出来ないのではないかと覚悟しつつ挑み、結果的に幸運にも完走できたのですが、予想外と言うか不思議なことに脚は無傷です。(筋肉は張って、疲労していますが)

我ながら自分のタフさに気味が悪いです。

ですが、今朝は疲れがどっと噴出した感じで、身体が重く、吐きそうな気持ちの悪さがありました。

それでも当然出社したのですが、朝一の顧客との大事な会議がうまくいったので、帰路、体調が悪いと上司に伝え、休みをもらいました。
(会議に向かう車を私が運転しているときに、赤信号に突っ込みそうになったのが、上司にも不安を持たせて、理解を促進してしまったようです。わざとじゃないです。(笑))

昼前には自宅に戻り、すぐに寝ました。

そして、まさに泥のように眠りました。からだが布団と一体化したような脱力した状態で、真昼間にカーテンもしないで眠り続けました。

UTMFのタフさが身に沁みた完走2日後の出来事(後遺症)でした。

« 諦めて出勤したら金環日食が運良く見られました。 | トップページ | UTMFを完走するには、どの程度の走力レベルが必要か? »

ウルトラマラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UTMF完走の後遺症:

« 諦めて出勤したら金環日食が運良く見られました。 | トップページ | UTMFを完走するには、どの程度の走力レベルが必要か? »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆