« UTMFコース(及びSTYコース)高低図の誤り発見! | トップページ | 携帯やパソコンでUTMF関門通過記録を確認できます。 »

2012年5月13日 (日)

【書評】韃靼の馬 辻原登/著

Dattann  長い物語であると思ったら、日本経済新聞の連載小説だった。
 いわゆる歴史小説ながらも、江戸中期の侍がサラリーマン的になった時代における悲哀を感じさせる作品である。
 歴史好きと言いながら、朝鮮通信使や対馬藩に対する歴史認識は薄弱であり、その点はむしろ新しい知識を得られるというので楽しく読めた。

 ちなみに対馬には、一度、旅したことがあり、そういう思い入れもあったから読み進められたが、信長も龍馬もかすりもしないので、一般向きの書ではないと思う。

 新井白石や八代将軍吉宗の逸話から構想が練られたと思われるが、鎖国の時代に合って、国際的に活躍する侍の冒険譚があっても良いかなとも思った。

 日本人は植民地支配があったためか、隣国の朝鮮のことを描いているものが少ない気がするが、、本著は朝鮮そのものが舞台だけに絶対に踏み込まざるを得ない。
 そのあたりについて、どうなんだろうかというのが気になるのだが、私は朝鮮に対する歴史認識が浅いので、わりと素直に読むことができた。
 ただし、鬱陵島(ウルルンド)が舞台の1つであるのだが、そこから見える竹島を日本の島としているところは、理解してもらえないでしょうね。

« UTMFコース(及びSTYコース)高低図の誤り発見! | トップページ | 携帯やパソコンでUTMF関門通過記録を確認できます。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】韃靼の馬 辻原登/著:

« UTMFコース(及びSTYコース)高低図の誤り発見! | トップページ | 携帯やパソコンでUTMF関門通過記録を確認できます。 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆