« マラソン 無理しないように | トップページ | 【映画】やがて来たる者へ »

2012年1月28日 (土)

【書評】ふしぎなふしぎな子どもの物語 ひこ・田中/著

Fushigi_2 
副題「なぜ成長を描かなくなったのか?」

著者は児童文学作家であり、昨今の児童文学からあらゆるジャンルの「子どもの物語」を串刺しにして読み解く試みの著作である。

テレビゲームのドラクエとFFほか、テレビヒーローのウルトラマンと仮面ライダーほか、アニメ(男の子編)のアトム、起動戦士ガンダム、エヴァンゲリオンほか、アニメ(女の子編)の魔法使いサリーからセーラームーン、プリキュアまで、世界名作劇場、マンガ、児童文学と戦後のあらゆる子どもの物語を著者は網羅(つまり体感)され、そこから導き出した一縷の真実と傾向。大したものです。

子どもは成長してみんな大人になるって本当か?それ以外の選択肢もあるのではないか?

最後のこの問いまで、たどり着いたことは、大したものです。

が、そこで止まっている。たんに売るための本かと疑いました。
確かに洞察は深いのですが、対象が狭くて偏りすぎています。児童文学者なので、仕方ないのでしょうか?

そもそも、大人も子どもも人間なんです。人間は生物なんです。生物である人類の歴史をたどれば、答えは明確です。

子どもから成長して大人になったものしか、今ここに子孫を残せなかった。
ところが文明が発達し、社会システムが充実し、子どものままでも生きながらえる現代社会ができた。それを多様性ともいうようですが、そうした世の中になったから、大人にならなくても良くなり、併せてそういう話(子どもが成長しない物語)が遅れて発生してきたと考えるべきではないでしょうか?

それでも、私にはあまりなじみの無いテレビゲームの考察は一考でした。
ドラクエは2作目途中で断念、FF(ファイナルファンタジー)はやったことが無いのですから・・・。

« マラソン 無理しないように | トップページ | 【映画】やがて来たる者へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】ふしぎなふしぎな子どもの物語 ひこ・田中/著:

« マラソン 無理しないように | トップページ | 【映画】やがて来たる者へ »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆