« とりあえず、桜咲きました。 | トップページ | 東京の美味しいおみやげ »

2012年1月21日 (土)

大寒の卵

一年で最も寒いとされている「大寒」は、かねてより、鶏が卵を産み始める頃とされ、その時期の卵は生気に満ち溢れているとされています。
そのため、大寒の日に産まれた卵は「滋養に富み、食べると健康に暮らせる」と言われてきました。
また、最近人気の風水でも、「大寒の日に卵を食べると、金運が上昇する」と言われています。
今年1年のご家族のしあわせを願って、年に一度の縁起物を是非お召し上がりください。

と、たまごやとよまるの広告に書いてありました。

ということで、「たまごやとよまる」で「まことのたまご」を予約購入して、たまごかけご飯をいただきました。P1229796 注:煌黄(きらめき)は一緒に買った白いたまごの銘柄です。この写真を撮る時には気が付きませんでした。

味は濃厚でうまかったです。

食べる前に、広告写真を真似して、黄身を箸でつまみ上げることを試みました。

成功者には、金一封を出すことにして、家族で挑戦しましたが、できたのはかずさんだけでした。
かなり難しかったですが、奇跡的にうまくいきました。その妙技をご覧下さい。
P1229819

« とりあえず、桜咲きました。 | トップページ | 東京の美味しいおみやげ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大寒の卵:

« とりあえず、桜咲きました。 | トップページ | 東京の美味しいおみやげ »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆