« 【書評】モノが語る日本列島史 旧石器から江戸時代まで 藤本 強/著 | トップページ | 【書評】ヒマラヤを駆け抜けた男 山田昇の青春譜 佐瀬稔/著 »

2011年12月 3日 (土)

ドイター アドベンチャーライト10 とうとう引退です。

私のドイターのアドベンチャーライトでしたが、とうとう引退の時が訪れました。

ファスナーが壊れたのです。ん?チャック?ジッパー?とにかく写真のとおりです。Imgp8964

片方が完全に脱落しましたが、ザックには両サイドに付いているので、とりあえず維持できております。が、もう一つが脱落すれば、完全なる悲劇が生じますので、やはり引退ですね。

Imgp8965 Imgp8967

2008年から、ほぼ毎日の通勤と、百名山登山、トレイルランニング大会、そして海外旅行とまさに体の一部といって良いほど、使い込んだだけに、かなり寂しく、残念です。

とりあえず、後継はグレゴリーのミウォック(カイエン)です。01 グレゴリーなので、ぴったりフィットで超快適ですが、質実剛健なドイターのように、さすがに4年は持たないでしょうね。

追記:ファスナー、ジッパー、チャックの違いは製造する会社名の違いでした。

【ファスナー】1891年、アメリカのホィットコム・ジャドソンという人が靴紐を結ぶことを不便に感じ、それを解決しようと考案したのが始まり。それを博覧会に出品。   
ある弁護士が注目し「ユニバーサル・ファスナー社」を設立。生産を開始する。ファスナーは、英語の「fasten(締める)」からきている。

【ジッパー】B.Fグッドリッチ社が靴に採用し、「ジッパー」と名づける。それ以後、アメリカでは「ジッパー」という呼び方が定着している。

【チャック】昭和初期、広島県御調郡向島に日本開閉器工場というファスナーをつくる会社があった。その後、その会社から枝分かれした人が「チャック・ファスナー」という会社を設立。

« 【書評】モノが語る日本列島史 旧石器から江戸時代まで 藤本 強/著 | トップページ | 【書評】ヒマラヤを駆け抜けた男 山田昇の青春譜 佐瀬稔/著 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイター アドベンチャーライト10 とうとう引退です。:

« 【書評】モノが語る日本列島史 旧石器から江戸時代まで 藤本 強/著 | トップページ | 【書評】ヒマラヤを駆け抜けた男 山田昇の青春譜 佐瀬稔/著 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆