« 2014ブラジルワールドカップアジア3次予選 対ウズベキスタン戦 日本先制されました。 | トップページ | 日本1対1で引き分け、アウェーで勝ち点1を確保しました。 »

2011年9月 7日 (水)

後半19分、日本ついに岡崎選手のダイビングヘッドで1対1の同点

ウズベキスタンにてこずりながらも、日本の波状攻撃でとうとう同点に追いつきました。

岡崎選手の代名詞、見事なダイビングヘッドで同点です。P9076202

それも、GK川島選手のスーパーセーブ連発があっての同点劇です。

FWに長身のハーフナー・マイクを投入しましたし、日本の追加点、そして勝利を期待します。

« 2014ブラジルワールドカップアジア3次予選 対ウズベキスタン戦 日本先制されました。 | トップページ | 日本1対1で引き分け、アウェーで勝ち点1を確保しました。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2014ブラジルワールドカップアジア3次予選 対ウズベキスタン戦 日本先制されました。 | トップページ | 日本1対1で引き分け、アウェーで勝ち点1を確保しました。 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆