« 【書評】「分かち合い」の経済学 神野直彦/著 | トップページ | 空木岳(うつぎだけ)【日本百名山75】 »

2011年9月10日 (土)

2011ラグビーW杯ニュージーランド大会が開幕です。

サッカーでなくてラグビーのワールドカップが開幕しました。今回で7回目だそうです。

実はラグビーのことはよく知りません。ルールも難しいですし・・・。

これまでもラグビーのワールドカップは真面目に見たことがありません。

が、今回はニュージーランド開催ということで、俄然興味が湧いているところですね。

開幕戦は、ニュージーランド最大の都市、オークランドにあるイーデンスタジアムで、地元ニュージーランド対トンガの試合でした。

ラグビーのニュージ-ランド代表とは、あの「オールブラックス」です。
この名は、聞いたとこがあるのではないでしょうか?

ニュージーランドは人口わずか400万人の小さな国ですが、その代表チームは黒いユニフォームでオールブラックスと呼ばれ、最強として名を馳せていますね。

つまりはラグビーが好きなわけでなく、ニュージーランド大好きななので、テレビ観戦したところです。

試合前のオールブラックの戦い前のしきたり、マオリ族伝統の踊り「ハカ」がありました。度迫力ですね。
P9106245sP9106248sP9106271s↑オールブラックスの「ハカ」。舌(ベロ)を出して威嚇するのですが、ちょっとバカにしているようにも見えますね。
 
今回はトンガということで、トンガにも同様な「シピ・タウ」があり、両チームがハーウェイラインをはさんで対峙して威嚇しあうシーンは、見ごたえ十分でしたね。P9106215sP9106222s_2↑トンガの「シピ・タウ」 

さて、試合は、世界最強オールブラックスの縦横無尽、速くて強くて華麗で多彩な攻撃が重量フォワードのトンガを翻弄していました。

後半の見せ場は、トンガが執拗な突進タックルでニュージーランドからトライを奪ったところですね。トライを奪って大喜びしつつ、その全力攻撃で消耗したトンガ選手は、みんな足を攣って倒れていたのが、印象的でした。

結局、スコアはニュージーランド41-10トンガで優勝候補でもあるニュージーランドが快勝しました。Nz_2↑華麗なステップワークでニュージーランドがトンガ守備陣をかわして抜け出します。 

日本は彼らと同じ1次リーグA組です。

見たいような怖いような・・・

補足:日本は第3回大会でニュージーランドに17-145で負けましたが、それはW大会の1試合最多失点記録となっています。

« 【書評】「分かち合い」の経済学 神野直彦/著 | トップページ | 空木岳(うつぎだけ)【日本百名山75】 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011ラグビーW杯ニュージーランド大会が開幕です。:

« 【書評】「分かち合い」の経済学 神野直彦/著 | トップページ | 空木岳(うつぎだけ)【日本百名山75】 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆