« ペルー旅行記30(世界遺産リマの新市街でのパラグライダー空中散歩編) | トップページ | がんばってくれた物たちへ »

2011年8月17日 (水)

ペルー旅行記31(世界遺産リマ旧市街観光編1)

南半球で2回目のパラグライディングを体験して、いよいよ世界遺産リマ旧市街に向かいます。が、その前に日本人しか立ち寄らない隠れ観光スポットにちょっと寄り道します。

Pc093092 ↑観葉植物を人力で運んでいますね。なんだか和みます。

Pc093100↑着ぐるみ軍団です。仮装行列?お祭り?でしょうか?チーバくんが懐かしいですね(笑)

Pc093096↑在ペルー日本大使館をバスの車窓から望みます。

Pc093115 ↑在ペルー日本大使公邸跡です。つまり1996年(平成8年)12月17日(現地時間)に、ペルーの首都・リマで起きたテロリストによる駐ペルー日本大使公邸襲撃および占拠事件の現場です。翌1997年(平成9年)4月22日にペルー警察の突入によって事件が解決するまで、4ヶ月間以上かかった。在ペルー日本大使公邸人質事件とも呼称される。
大使館で起きた事件ではなかったのですね。大使公邸だったのですね。

Pc093110↑日系ガイドのセルジオ島袋さんの説明では、日本のマスコミが大挙押し押せ、日本語ガイドは大忙しだったそうです。まさにバブル状態。

Pc093111↑正門には当時の銃弾貫通した穴が残っています。

Pc093114↑銃弾貫通穴から日本大使公邸跡の中を覗きます。建物は取り壊されていますが、庭木はまだ少し残っているようですね。

Pc093107↑公邸跡のはす向かいに紫の花咲く樹がありました。歴史の傍観者だったのでしょうか?

Pc093118↑公邸跡の通りの名はトーマス・エジソン通りです。

Pc093124↑聖母マリア広場?

Pc093125↑有名な建物だと思いますが名称は忘れました。

Pc093129 ↑旧市街アルマス広場への道は見事な大渋滞です。

Pc093135↑サンマルティン広場です。正面の建物で豪華な夕食だそうです。

Pc093136↑サンマルティン広場その2です。

Pc093139↑ペルー建国の父、初代大統領のサン・マルティン像です。

Pc093147↑リマのアルマス広場に到着です。

Pc093149↑サンフランシスコ教会です。内部観光に向かいます。

Pc093164↑聖人サンフランシスコさんでしょうか?

Pc093167↑カタコンベ(地下墳墓)です。このようなものがいくつもいくつもありました。数万体あるとのことです。

Pc093172↑地下から聖堂内部の天井を望みます。なんだか気分は地下牢な感じです。

Pc093176↑バロック様式の見事な教会ですね。

Pc093178 ↑尖塔の上に鳥です。ガイドさんによればコンドルに近い種類の鳥だそうです。さすが南米ペルーです。

Pc093183↑サンフランシスコ教会の図書室は南米最古の図書館だそうです。内部撮影は禁止なので外側から。映画に出てくるような格調高い図書館でした。Pc093185↑聖堂内部です。

Pc093190↑精緻な装飾です。

Pc093189↑教会か宗派の紋章でしょうか?

Pc093210↑ペルーのリマ、サンフランシスコ教会にある「最後の晩餐」絵です。現在未公開とのことで、絵葉書でご勘弁を(公開されていても写真は無理でしょうが・・・)。ペルーらしいのはテーブル中央のメインのご馳走がクイ(南米ねずみ)の姿焼きなところです。

次>:ペルー旅行記32(世界遺産リマ旧市街観光編2&帰国編)
前<:ペルー旅行記30(世界遺産リマの新市街でのパラグライダー空中散歩編)

« ペルー旅行記30(世界遺産リマの新市街でのパラグライダー空中散歩編) | トップページ | がんばってくれた物たちへ »

ペルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルー旅行記31(世界遺産リマ旧市街観光編1):

« ペルー旅行記30(世界遺産リマの新市街でのパラグライダー空中散歩編) | トップページ | がんばってくれた物たちへ »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆