« なでしこジャパン決勝戦の試合経過詳細です。 | トップページ | 祝!アクセス累計数10万回 »

2011年7月20日 (水)

【書評】ある日突然、縛られて 大谷佳奈子/著

Aruhi  小林信彦さんの超読書法という本の中で、絶賛しているのは、伊吹和子の「われよりほかに-谷崎潤一郎 最後の十二年」とこの「ある日突然、縛られて」だった。

 いつの本かというと、1995年の作品で、すっかり古いルポルタージュなのですが、この著者の名前はあまり聞かないなあと著者略歴を見ると、あらびっくり!
同窓同級でした。

顔くらい見たかなあと思い出そうとしても、思い出せません・・・

内容的には、すでに15年以上経過し、インターネットで情報の氾濫している時代から、いまさら感は拭えませんが、ある意味、体当たり的な迫真のルポです。

彼女の今はどうなんだろうか?

« なでしこジャパン決勝戦の試合経過詳細です。 | トップページ | 祝!アクセス累計数10万回 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】ある日突然、縛られて 大谷佳奈子/著:

« なでしこジャパン決勝戦の試合経過詳細です。 | トップページ | 祝!アクセス累計数10万回 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆