« キリン のどごし<生> | トップページ | 独身男は注目 大地震で結婚したい女性急増 »

2011年4月21日 (木)

【書評】ばら色タイムカプセル 大沼紀子著

Bara_2

変てこな老人ホームを舞台とする少女の成長小説といった物語です。
(装丁がとても可愛くて素敵なのですが、おじさんが持つのには抵抗がありますね。)
出だしの命の軽々しい扱いに違和感を覚えますが、それも作者の狙いかもしれません。

後半の息詰まる急展開は、ちょっとミステリーの趣もあります。

老人ホームが舞台の小説をこのタイミングで読むあたりが、私も本の神様に好かれている証拠ですね(笑)

少年少女時代と老年期という一見なかなか交わらない世代を見事に物語の主軸にすえて、展開していくところが新鮮で共感がもてます。
私達のいる中年期が一番、面白くない時代なのかもしれませんね。

« キリン のどごし<生> | トップページ | 独身男は注目 大地震で結婚したい女性急増 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】ばら色タイムカプセル 大沼紀子著:

« キリン のどごし<生> | トップページ | 独身男は注目 大地震で結婚したい女性急増 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆