« 地震が日本を一つにしてくれたのかな? | トップページ | 放射線被ばくによる健康被害(福島第一原発事故関連) »

2011年3月26日 (土)

なぜ牛乳から高濃度の放射線が検出されるか?水道水や農産物や海産物は危険か?

★なぜ牛乳から高濃度の放射線が検出されるか?

 牛が食べる餌の量はべらぼうに多い上、牧草と一緒に周囲の土も食べています。しかも、甲状腺だけにたまるのではなく、牛乳に濃縮される傾向があります。牛乳中の放射能は、餌や土に降り注いだ放射線のほか、牛が呼気で吸入した分もありそうとのこと。(福島で原発事故対応中の某大学教授へのインタビュー要点)

★放射性物質が水や海に溶けているという話が出ましたが、魚などの海産物を食べるのは危険なのではないですか。

 水はもともと、放射性物質を希釈するのにもっとも便利で有効的なものです。だからこそ、原子炉の燃料も水に浸っているわけです。

 加えて海にはもともとヨウ素が含まれている。放射性ヨウ素が流れたからと言って、特定の魚に放射性物質が集中するのには、相当期間、大量のヨウ素が流れなければ起こりません。

 放射性物質には半減期もあります。ヨウ素131の場合は8日で半減する。ヨウ素131が検出された水道水をコップに入れておけば、1カ月後にはほとんど問題なく飲めるということです。

 チェルノブイリのときには放射性物質そのものが広範囲に飛散しました。放射性物質が雲で運ばれ、雨となって落ち、コケや草などに付着しました。それをトナカイや牛が食べ、肉やミルクの放射能レベルが上がる生物濃縮が起きました。今回の事件では、現状では放射性物質そのものが飛び散るという問題は考えにくい。風評で日本の魚を食べなくなるのはおかしいです。

 ほうれん草やミルクも同じです。ほうれん草ならば冷凍して何十日か置いておけばいいでしょう。ミルクも捨てずにチーズにさせて長期間熟成させたり、粉ミルクにするなど、時間をおけば問題なく食べることができます。

 今回も全く放射線が飛んできていない地域もあるはずで、慌ててすべて捨てる必要は本来はありません。(以上、チェルノブイリ原発事故やJCO臨界事故で被ばく者の治療に従事し、現在日本で待機しているアメリカの医師へのインタビュー要点)

« 地震が日本を一つにしてくれたのかな? | トップページ | 放射線被ばくによる健康被害(福島第一原発事故関連) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» ペルーの大学で「ヨウ素」を使った実験に失敗、一時大パニックに。 [ラテンオタクのネタ探し]
ペルーの大学で、実験中に放射性ヨウ素を含んだ容器が破損し、中にあったヨウ素が外に飛び出て学内獣が大騒ぎになるという事件が起きました。 今、日本だけでなく世界中で最もホ ... [続きを読む]

« 地震が日本を一つにしてくれたのかな? | トップページ | 放射線被ばくによる健康被害(福島第一原発事故関連) »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆