« まるごみ’10 | トップページ | ゆめ半島千葉国体総合開会式が行われ、いよいよ開幕です。 »

2010年9月22日 (水)

【書評】うつつ・うつら 赤染晶子著

Ututu
不思議な小説だ。
本書は2作で構成されている。
「初子さん」と「うつつ・うつら」だ。

「初子さん」は、まだ理解可能な日常があったが、「うつつ・うつら」は、連呼している小説だ。(意味不明でしょうが、そうなんです。)
疲れた頭の中で、渦を巻き始めるストーリーだ。

それ以上に説明不可能な小説でした。
興味のある方はどうぞ・・・

« まるごみ’10 | トップページ | ゆめ半島千葉国体総合開会式が行われ、いよいよ開幕です。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】うつつ・うつら 赤染晶子著:

« まるごみ’10 | トップページ | ゆめ半島千葉国体総合開会式が行われ、いよいよ開幕です。 »

★誘惑サイト★


リンク

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆