« 韓国同点! | トップページ | 【書評】変愛小説集 岸本佐和子編訳 »

2010年6月27日 (日)

ワールドカップ決勝T イングランド対ドイツ 疑惑のゴールもとい誤審が発生!

日本のサッカーファンであれば、この対戦、イングランドを応援する人が多いのではないか?
イングランドにはスターてんこ盛りのプレミアリーグがあり、華やかで流麗なプレーの代表選手も多い。

しかし、私はドイツが好き!
サッカースタイル云々より、とにかく国としてドイツが好き!なんです。

ドイツのサッカースタイルは無骨なまでの質実剛健さであり、なんだかんだで強い!
特にワールドカップでの安定的な強さは、異常なほどで、出場するだけで大変なのに、14大会連続ベスト8って、言うのだから、化け物のような安定感だ。

さて試合展開だが、前半20分に、ドイツのゴールキーパーのキックがイングランドゴール前に転がり、ドイツ大会連続得点王のクローゼが見事に抜け出し、ゴール。
その12分後に、ドイツのポドルスキーが角度のないところから見事なゴール。

2点差つけられて、イングランド死んだかと思いきや、37分にイングランドが見事なヘディングゴール。

1点差となって、イングランドの動きも俄然よくなってきた。

そして、前半40分過ぎに、イングランド同点ゴールと思われたシュートが、ゴールと認められなかった。ビデオでリプレイされると明らかなゴールに見えるのだが、審判は認めなかった。「疑惑のゴール」ではなくて「世紀の誤審」だ。

百聞は一見にしかずなのですが、言葉で説明するとランパード選手のゴールキーパーの頭を超えるループシュートがクロスバー(ゴールの上の地面に水平な枠の部分)に当たって、垂直下にボールが跳ねて、ゴール内に一度落ちて、ボールの逆回転によって、跳ねた上がったボールがクロスバーに当たって、落ちてきたところをキーパーが押さえたといった感じです。

私は、ドイツファンなので、ニヤリなのだが、イングランド選手は、大きな抗議をするでもなく、まさにジェントル(紳士)な姿勢で、そのままプレイしている姿が印象的でした。

さすが、イングランドです。好感をもてますね。

しかし、もしイングランドが負けたら、まさにフーリガンが暴れ狂いそうな予感です。

00:30:後半20分台にドイツ連続でゴール。現在、4対1でドイツ3点リード。
     イングランド意気消沈
00:50:試合終了。4対1でドイツ勝利。ちょっと後味が悪いが、3点差なら、多数の人は納得だろう。

追記:ドイツチームは無骨な質実剛健と書きましたが、ドイツの21歳の若き司令塔エジル選手は、華麗なファンタジスタでした。中村俊介選手をでかくして、スピードを早くしたような感じの選手です。

« 韓国同点! | トップページ | 【書評】変愛小説集 岸本佐和子編訳 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532494/48738514

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ決勝T イングランド対ドイツ 疑惑のゴールもとい誤審が発生!:

« 韓国同点! | トップページ | 【書評】変愛小説集 岸本佐和子編訳 »

★誘惑サイト★


リンク

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆