« 【書評】あるキング 伊坂幸太郎著 | トップページ | ブリティッシュパブ »

2010年6月 4日 (金)

野球というスポーツ

先日、天才野球少年の小説を読んだせいか、野球について考えてみた。

数あるスポーツの中で、野球は実に複雑なスポーツだ。

例えばサッカーは、相手の陣地にあるゴールに手以外を使ってボールを入れた回数が多い方が勝つスポーツである。
というような、実に簡単な説明が可能である。

他のスポーツの原理は実にシンプルなものが多い。

しかるに野球だが、説明は一筋縄に行かない。

実は、このことは、ニュージーランドでホームステイしていた時にいやというほど味わった。

ニュージーランドは、人口400万人程度と、横浜市と同等なれど、スポーツではラグビーとヨットは世界最高レベルである。
しかし、ニュージーランドで最も人気のあるスポーツはクリケットであった。

クリケットって、どんなスポーツ?と日本人なら思うが、ニュージーランドから見ると野球ってどんなスポーツ?ってことになっている。
それでも、アメリカのテレビが放映されていることもあり、ベースボールと言うのがアメリカなどでは人気スポーツであるというようなことは知っている。

で、彼らに英語で野球を説明しようとすると、私のボキャブラリでは、とうてい説明できなかった。
ボキャブラリのさることながら、野球を知らない人に、野球を英語で説明するとなると、ほとんどの人はお手上げでないかと思う。

野球大好きな私ですら、野球の根本原理は、いったい何なのか、さっぱい分からないからだ。
ボールを投げて、バットで打って、塁に走る。なのであるが、これって、野球を知らない人には、まったく意味不明な表現だ。

ストライク、ボール、セーフ、アウト。ボークなんて、これまで何千回も野球を見てきていても、私にはまるっきり判定できない事象だ。

こんな複雑な野球を愛せる日本国民って、ある意味凄いです。

« 【書評】あるキング 伊坂幸太郎著 | トップページ | ブリティッシュパブ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球というスポーツ:

« 【書評】あるキング 伊坂幸太郎著 | トップページ | ブリティッシュパブ »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆