« ワールドカップ決勝T イングランド対ドイツ 疑惑のゴールもとい誤審が発生! | トップページ | ワールドカップ決勝トーナメント 準々決勝(ベスト8)の組み合わせと日程(日本の次戦、準々決勝は・・・) »

2010年6月29日 (火)

【書評】変愛小説集 岸本佐和子編訳

Henai
変な恋愛ばかりの11本の短編オムニバスです。
何かの書評で、「変愛小説集2」が面白いと言うことで、早速、図書館検索で「恋愛小説集」と検索すると、該当図書がなかった。

あれ?っとグーグルで検索するとトップが「変愛小説集」と出てきた。
さすが、グーグル。

さて、この中で好きな短編は、「五月」、「僕らが天王星に着くころ」、「まる呑み」あたりです。

一押しは、「僕らが天王星に着くころ」でしょうか。
私の頭の中での創造領域を完全に超越した悲しいのにほのぼのとしたファンタジーでしたね。

とにかく多種多様な変な恋愛ばかりで、楽しめましたです。

« ワールドカップ決勝T イングランド対ドイツ 疑惑のゴールもとい誤審が発生! | トップページ | ワールドカップ決勝トーナメント 準々決勝(ベスト8)の組み合わせと日程(日本の次戦、準々決勝は・・・) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】変愛小説集 岸本佐和子編訳:

« ワールドカップ決勝T イングランド対ドイツ 疑惑のゴールもとい誤審が発生! | トップページ | ワールドカップ決勝トーナメント 準々決勝(ベスト8)の組み合わせと日程(日本の次戦、準々決勝は・・・) »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆