« いすみ鉄道が自費訓練の運転士を募集し、4名採用ですと | トップページ | 祝1万アクセス達成! 注目→ »

2010年5月12日 (水)

【書評】初夜 林真理子著

Syoya
 なぜこの本を借りたかというと、読みたい本のタイトルとして、携帯のメモ欄に登録していたからだ。
 たぶん、何かの書評か記事なりで、「初夜」というタイトルの本が面白そうだと思って、登録したはずだ。
 ただ携帯のメモ欄は字数制限があり、著者名を割愛していたので、誰が書いた本だかわからなくなった。
 図書館での検索の結果、何種類か出てきて、とりあえずこの本は、まだ読んだことの無い林真理子の短編集であることと文庫本であることから借りた訳である。

 内容は、さすが林真理子と言った感じ(林真理子の著作は初めてなのだが、マスコミ露出の多いせいか、そのイメージにぴったりな感じだったので)の、大人の恋愛と言えばなんだかキレイな感じだが、中高年のいかにもありそうなドロドロした恋愛話やおぞましい醜態話で、電車で読む小説としてはとにかく面白かった。

 文体的には、少し微妙な違和感を感じでしまうのだが、それが何故なのかは、わからない。またそれがドロドロ感を醸し出して、良いのでもあるが・・・

 ともかく中高年になった今では、ちょっと電車で読むにはちょうどいい感じの短編集と思うことが出来ましたね。

« いすみ鉄道が自費訓練の運転士を募集し、4名採用ですと | トップページ | 祝1万アクセス達成! 注目→ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書評】初夜 林真理子著:

« いすみ鉄道が自費訓練の運転士を募集し、4名採用ですと | トップページ | 祝1万アクセス達成! 注目→ »

★誘惑サイト★


リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆