« 楽はあとからあとからやってくる | トップページ | 【拉麺通信】大喜(湯島) »

2010年1月20日 (水)

充電について勉強しました。

充電池の性能劣化がどうして起こるのか?特に急速充電が難しいのはどうしてなのか?
それについて、勉強してみました。(ちなみにペルーがらみです。)

「充電型電池への充電はゆっくり優しくしないと、うまくいかない。」

例えるなら、ボトルにろ過しながら、ゆっくり水を溜めているのに似ている。
一気に入れようとすれば、溢れたり、ボトルが壊れたり、ろ過しきれなくて、不純物が混じり、底に沈殿、固化して、入れられる水の量がだんだん少なくなったり。また、ろ過能力は徐々に低下するので、その調整も必要だったり。

物理の理論を私なりに解釈すると以下のとおりのようです。
急速充電と電流が多すぎることにより、発熱する。その発熱により以下のような現象が発生し、電池性能の劣化が見られるようです。
1 急速充電時の発熱により蓄電でなく、別の化学反応が発生し、蓄電物質が減り、蓄電量が低下する。
2 発熱により電極が劣化し、電池出力性能が低下

また、急速充電でなくとも充放電を繰り返すと、上記の現象が頻発して、電池性能が劣化する。(つまり電池は自然放電するので、充電器に繋ぎっ放しだと、充放電を繰り返してしまう。ノートパソコンの電池がすぐに劣化するのがその例)

« 楽はあとからあとからやってくる | トップページ | 【拉麺通信】大喜(湯島) »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 充電について勉強しました。:

« 楽はあとからあとからやってくる | トップページ | 【拉麺通信】大喜(湯島) »

★誘惑サイト★


リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

●広告サイト●


記事画像

  • ブログ記事画像
無料ブログはココログ

◆お願いサイト◆